貯金をするコツを知ろう!

貯金をするコツを知ろう!

日本経済が不安定な状況の中では、自分自身でお金を守ることを意識して生活しなければいけません。思うように収入が上がらないことに不満を募らせるのではなく、現状を理解してどうすれば貯金できるかを考えることが先決です。たくさんの収入があってそれを使わなければ、誰だって貯金できます。しかし現状は多くの人がお金に困っていて貯金すらままならない状況だからこそ、一人ひとりがしっかりお金と向き合って、今の収入の中でどうすれば貯金できるかを考える必要があります。

貯金のコツを知ってお金を貯めよう!

日本経済が不安定な状況の中では、自分自身でお金を守ることを意識して生活しなければいけません。思うように収入が上がらないことに不満を募らせるのではなく、現状を理解してどうすれば貯金できるかを考えることが先決です。

たくさんの収入があってそれを使わなければ、誰だって貯金できます。

しかし現状は多くの人がお金に困っていて貯金すらままならない状況だからこそ、一人ひとりがしっかりお金と向き合って、今の収入の中でどうすれば貯金できるかを考える必要があります。

なぜお金が貯まらないのか?

こんなに貯金を意識してるのに...、どうして僕はお金が貯まらないんだろう( ノД`)シクシク…
via pixta.jp

1か月の支出を全て把握してる?

貯金をする前に、なぜ自分はお金が貯まらないのかを理解する必要があります。

多くの人が理解していないのが、1か月の支出を全て把握していないことです。自分の収入からどれくらいの支出があるかを理解しないと、貯金に回すお金を捻出できません。よくあるのが、クレジットカードで支払いをして感覚が麻痺していることです。

公共料金や保険料など、ポイントが貯まるからと言ってクレジットカード払いにしている人がいますが、勝手に口座から引き落とされるのに慣れてしまうと、いくら支払っているのかも理解できなくなります。

クレジットカードはとても便利ですが、いくら使ったか分からなくなるのは危険なので、毎月決まっている支払い分も含めてクレジットカードをいくら使ったか細かく把握してください。

クレジットカードが危険なんです

クレジットカードで自分へのご褒美を買ったり、趣味に毎月お金を使いすぎるのも貯金できない人の傾向です。何かある度に自分自身にお金をかけていると、それが快感と癖になり思うように貯金できなくなります。

ご褒美や趣味を無くしたり止めたりするのはかえってストレスになりますし、人生がつまらなくなるので、貯金ができる範囲で自分にご褒美を買ったり趣味にお金を費やすようにしてください。

ご褒美を買う時に何も考えずに買うのではなく、しっかり予算を決めて衝動買いしないように注意してください。買うものを決めないで衝動買いしてしまうと、値段を考えずに欲しいという欲求を抑えられず、予算オーバーになり後から後悔します

。事前に欲しいものをリストアップして、貯金ができる予算の範囲内で購入することで使い過ぎを防ぎ、本当に欲しいものだけを買うことができる習慣を身につけることができます。

6か月くらいの時間をかけて自分の希望額を貯金

自分のお金に対する考え方を変えるのも重要で、1か月の生活の中で余ったお金を貯金すれば良いだろうという考え方の人がいますが、その逆の考え方をすることで貯金することができます。

残ったお金を貯金するのではなく、たくさん貯金できるようにお金が残せる生活をするという考え方に改めるのが重要なポイントで、貯金を始める第一歩目のコツになります。

このくらい貯金するために生活のどの部分を切り詰める必要があるかを考えて、いきなり生活を変えるとストレスになるので、3か月から6か月くらいの時間をかけて自分の希望額を貯金できるように生活水準を下げてください。

今日からはじめよう!

慣れてきたら60:40、70:30

貯金をしようと思っても、重い腰を上げないとなかなか行動に移すことができません。収入は簡単に上がらないので、まずは家計の収支を全て把握して、お金を余計に使っている部分が無いかコストを見直してください。

貯金するお金と生活するために必要なお金のバランスが重要です。このバランスが崩れていたら50:50にする意識を持ち、慣れてきたら60:40、70:30、と貯金額の割合を増やしていきます。自分の生活の中で何にお金が出ていくかを十分に見直すところから始めるのがコツです。

普通口座も目的別に使い分けるのが貯金できるコツ

お金を使う前に簡単には引き落とせない定期預金などに入金をして、簡単にお金を使えなくする環境を生み出すのも効果的です。

目の前にお金があるから使ってしまうので、そうならないために貯金をするために積立貯蓄口座を開設することをおすすめします。積立貯蓄口座は決められた時期でないとお金を引き落とすことができません。

それまでに毎月一定額を貯金すると決めて、お金を使う前に入金します。給料をもらったらすぐに積立貯蓄口座に入金をするのが良いでしょう。普通口座も目的別に使い分けるのが貯金できるコツです。

生活費のお金やローンのお金、趣味のお金を全て1つの口座で管理すると把握しきれなくなります。お金の出所をしっかり管理し、支出を抑えるのが貯金ができる最大のポイントなので、用途別に口座を使い分けてください。

振り分けが面倒であれば、手続きをすることで毎月自動で他の口座に振り分けてもらうことも可能です。

まとめ

このように貯金をするコツは難しいことではありません。収入が増えないと嘆く暇があったら生活を見直すこと、そして中長期目線で少しずつ生活水準を下げることで、最初は3万円から5万円の貯金を無理なくできるはずです。

保険料や公共料金、携帯電話やインターネットなどの通信費も格安プランに変更したりすれば、5万円から10万円の貯金が可能です。最初は無理をしないで、節約を楽しむのが長続きできるコツです。
TOP