仮想通貨ステラルーメンとはどんなコイン?基本情報ら今後の展開まで

仮想通貨ステラルーメンとはどんなコイン?基本情報ら今後の展開まで

アルトコインの中でも人気の高いリップル。 そのリップルをベースに作られたのがステラルーメン(XLM)です。 総合的に評価が良く、今大注目の仮想通貨。 今回は、XLMの魅力や、今後期待される展開などを解説していきます。
アルトコインの中でも人気の高いリップル。

そのリップルをベースに作られたのがステラルーメン(XLM)です。総合的に評価が良く、今大注目の仮想通貨。

今回は、XLMの魅力や、今後期待される展開などを解説していきます。
アルトコインの中でも人気の高いリップル。

そのリップルをベースに作られたのがステラルーメン(XLM)です。総合的に評価が良く、今大注目の仮想通貨。
ステラルーメン(XLM)とは、個人間の送金や国際送金における問題を解決することを目的として開発されたブロックチェーン「Stellar」上で使用されている、独自通貨です。

ステラルーメンはどんな仮想通貨?

XLMは2014年に誕生した仮想通貨です。リップルの開発者のうちの1人が中心となって開発されました。

総合的に評価が良く、将来性が高いとも言われています。では、どんな仮想通貨なのか、詳しくみていきましょう。

個人向け国際送金に強い

新興国における個人間の送金取引を想定し開発されました。そもそも、送金に定評のあるリップルですから、その技術をしてXLMが送金に強いのは不思議ではありません。

XLMは毎年の発行枚数を設定しています。

流通量を減少させないことで、価格が高騰しすぎることを防いでいるのです。この点において、個人で扱いやすい仮想通貨と言えるでしょう。

優秀な開発陣によって開発された

元リップルの開発者が開発、と言うだけでいかに信憑性があるかわかりますよね。XLMは現時点で取引ユーザーは多数ではありません。

ですが、リップル同様、国際間送金に現実味が出れば、今後ユーザーが増えていくことは十分考えられるでしょう。

また、リップル同様中央集権的な仮想通貨です。ビットコインのようにマイニングの仕組みがなく、全数量が発行済みなのもリップルと似た仕様ではないでしょうか。

新興国への金融包摂が目的

XLMの大きな特徴は新興国でのニーズに対応することです。新興国では、現行は当たり前ではありません。銀行口座を持てない人もいます。

そういった人達すべてが、金融サービスの恩恵を受けられるようにと開発されました。2014年に上場した際、金融大国ではなくブラジルの仮想通貨取引所が最初だったのを見ても、XLMの目的が表れています。

今後ステラが期待される理由

XLMはこれから先ユーザーが増えていくと期待されています。

1つには新興国の存在、そして実用性の高さです。日本ではまだ上場して数年なので、まさに期待のアルトコインと言えるでしょう。

今後、XLMが伸びていくと期待される理由を詳しく解説します。

東南アジア・イスラム圏での需要

マレーシアやインドネシアで、ステラはすでに実用化されています。また、タイのスタートアップ企業が、東南アジアでのステラを使った銀行間決済システムを計画しています。

銀行口座を持たない貧困層を中心に、口座を持たなくても送金できる個人間の送金に需要があったのです。

また、イスラム圏では絶対とされるシャリア適合承認をステラは有しています。これはイスラムを中心に需要が高まることを期待できるのです。

アフリカでの普及

セネガルで仮想通貨を用いた都市を作る計画が進められています。全ての金融取引は仮想通貨で行われ、その利用予定とされているのがステラのブロックチェーンなのです。

これが現実化すると、セネガルだけではなくアフリカ全土でXLMが一気に広がる可能性があります。もちろん、アフリカとビジネスを行う全ての国で、XLMでの決済が期待されるでしょう。

大手企業との連携

ステラはIBMと提携をしています。

IBMの国際送金ネットワーク「Blockchain World Wire」にステラのブロックチェーン技術が採用されたことは、ステラにとってとても大きな転機です。

これにより、国際間送金でXLMが使われる現実味がかなり高まったと言えます。

ときに、アフリカ・イスラム圏とビジネスが行われるのであれば、今後はスピーディな送金システムとして頻繁に使用される可能性が高いのです。

ステラの今後は新興国の動きをチェック!

XLMは安定した技術はもちろん、新興国の銀行口座を持たない人たちにとって大切なシステムとなりえます。

今後、ユーザーが増えるかどうかは、新興国の動きをこまめにチェックしておきましょう。これからのXLMが楽しみですね。
TOP