IPO株を始める前に覚えておきたいこととは?

IPO株を始める前に覚えておきたいこととは?

株式取引の際に『IPO株』と言うものを聞いたことがあるのではないでしょうか。 株式投資をしていない人には聞き馴染みがない言葉かもしれませんね。 今回はIPO株に関することについて見ていきましょう。
株式取引の際に『IPO株』と言うものを聞いたことがあるのではないでしょうか。株式投資をしていない人には聞き馴染みがない言葉かもしれませんね。

今回はIPO株に関することについて見ていきましょう。
IPOとは、Initial Public Offeringの略語で、日本語では「新規公開株」や「新規上場株式」と表します。

IPOとはどんなものなのか?

こちらでは、IPOがどんなものなのか見ていきましょう。『Initial Public Offering』の略語をIPOと呼びます。

株投資をする人はIPOについてもしっかり知識をたくわえておくようにしてください。

新規公開株や新規上場株式のこと

『Initial Public Offering』の略語であり、日本語では新規公開株や新規上場株式と言います。

株を投資家に売り出すことで、証券取引所に上場して株の売買が誰でもできるようにすることをIPOと言うのです。

難しく考えずに『新しく取引可能になった株』と言う考えでも構いません。

株を購入するためには権利を得る必要がある

新規公開株を購入するためには、株を買う権利を抽選で手に入れなければいけません。

新しい株ということで投資家が注目しているため、比較的利益を出しやすいので大勢の投資家が押し寄せるからです。そのため、平等性から抽選で株を買う権利を得る必要があります。

当然ながら倍率は結構低いので抽選に当たれば、まさに運が良かったということになります。

利益が出やすい

先述したように、新規公開株は利益が出やすいです。

上場する前に株を手に入れて上場日に売るというだけで利益が出る投資方法となっています。

未公開株詐欺などもありますが、新規公開株は信用ある証券会社から抽選によって手に入るので安心度や安全度は高いと考えてもいいでしょう。

IPO株の注意点とは?

IPOはメリットばかりに思えますが、いくつかのデメリットも存在します。こちらでは、どんなデメリットがあるのかをチェックしていきましょう。

IPOを安易に考えず、デメリットも知っておくことで納得できる取引が可能となるのです。

資金が拘束される

IPOに申し込むことで資金が拘束される可能性があります。資金拘束をされてしまうと、解除まで資金を利用できないというデメリットがあるのです。

ちなみに確実に拘束されるのではなく『拘束されることもある』という不確定情報となっています。

資金が拘束されないこともあれば拘束されることもあるという状態なので、その時にならないとどんなことになるか分からないという特徴があるのです。

当選が難しい

当然ながら多くの投資家が押し寄せるため抽選をクリアすることが難関となっています。利益がほぼ確実に出るのがIPOなので、どんな投資家も手に入れたいのは当たり前です。

これまで何度もIPOに申し込んで1度も当選していないという人も珍しくありません。それほど当選は難しいのだと覚えておきましょう。

辞退出来ないケースもある

IPO当選後に購入の辞退をすることは可能ですが、証券会社によっては辞退できないケースもあるので気を付けなければいけません。

抽選のやり方によっては当選後の辞退が不可となっている証券会社もあるので気をつけましょう。

すべての証券会社で辞退ができると考えていると困ったことになるかもしれないので気をつけましょう。

IPO株のことを知って利益をあげよう

IPO株に当選したら利益が出やすいので、いろいろと応募だけでもしてみてください。実際に当選する確率は株によって異なりますが、人気銘柄であれば「宝くじなみか」と言いたくなるほど倍率がすごいことになっている場合もあります。

ただ、利益をあげやすいIPOでも損失リスクがあることは覚えておいてください。

利益をあげやすい、ほぼ利益が出るといわれていますがリスクゼロではないのです。そのことを覚えておかないと大きな誤算となって損失につながってしまう可能性もあります。
TOP