初心者でもわかりやすく!国内債券ならETFのおすすめ5選

初心者でもわかりやすく!国内債券ならETFのおすすめ5選

初心者の人が国内債券を買うなら、どこの上場投資信託を選べばいいのでしょうか?ここでは、そんな初心者にもわかりやすく「国内債券」「ETF」などの用語からていねいに解説しています。ぜひ、参考に将来の資産のためにじっくり考えていきましょう。
初心者の人が国内債券を買うなら、どこの上場投資信託を選べばいいのでしょうか?

ここでは、そんな初心者にもわかりやすく「国内債券」「ETF」などの用語からていねいに解説しています。ぜひ、参考に将来の資産のためにじっくり考えていきましょう。

「国内債券」とは?

国内債券とは略して「国債」と呼ばれています。
また、「債」=「借金」という意味になります。


つまり、日本で借金をしたときに、どのような保証やどのように借りたかなどを詳細に示し、借金に利子をつけて返済することを、「債券」と言うのです。なので、国内債券が増えるということは、国の借金が増えるということなのです。

お金を借りているということは、当然、利子が発生します。

また、借りている期間が長ければ長いほど、利子を多く支払わなければなりません。国がお金を借りているわけですので、信用があることから満期を迎える前に、売ることもできるのです。

満期を迎える前に、債券を売ることで利子が少なく済みますよね。そこで、利子の値が決定します。

ETFとは?

「ETF」とは、「Exchange Traded Fund」の略になります。また、「Exchange Traded Fund」=「上場投資信託」を意味しています。

初心者が投資を始めるのに、「わかりやすい」金融商品とも言われているのです。またETFは株とは違いますので、違いをきちんと理解しておきましょう。

株とは、企業の株主を示す有価証券のことであり、株主とは、株式会社の出資者を意味しています。つまり会社のオーナーである権利が、購入する人たちにより支えられ、売買されているといったイメージです。

また、株主は配当金や株の値上がりによっては、利益を得ることもありますがリスクとして、会社の倒産や株の値下がりが懸念されます。

また「投資信託」とは、簡単に言えば複数の株式へ投資を行う分散投資を行う「信託」を言います。

おすすめ!国内債券のETF5選

それでは、国内債券を理解した上で、ETFを5つ紹介していきます。

SBI証券

最小限のコストで投資ができると人気です。また、取引時に煩わしい手数料が無料の銘柄も多く、比較的初心者にも挑戦しやすくおすすめです。

ダイワ上場投信 日経225

ユニクロでも有名なファーストリテイリングやSoftbankグループなどの有名な企業が多く、信頼でき、信託報酬も低い水準から、初心者にも挑戦しやすいといえるでしょう。

バンガードS&P500 ETF(VOO)

Appleをはじめマイクロソフト、Amazonなどを保有する有名企業の銘柄です。低コストで挑戦したい初心者にもおすすめなところは、経費率が0.03%とかなり低めに設定されているところsです。

iシェアーズ・コアJリートETF

日本の不動産投信全体の動きを代表している東証REIT指数の銘柄を投資の代表としています。流動性があるのも大きな特徴と言えることから、初心者でもはじめやすいといえるでしょう。

iシェアーズTOPIX ETF

東証株式指数TOPIXとの連動を目標としている、国内株式に投資するETFになります。また、年率が良く初心者にも挑戦しやすいと言えるでしょう。

初心者でも国内債券でおすすめETFのポイントを確認することからはじめよう。

初心者がETFを始める場合、まずは信託報酬などのコストを確認しコストがいくらかかるのかによって、リターンも含めた計算をしておく必要があります。

まずは商品内容をきちんと確認し、どのような銘柄で構成され、どの指標を連動目標にしているかなど、きちんと始める前に確認してきましょう。

また、売買するときのタイミングを見極めなければなりません。長期の保有を考えている場合、多少短絡的な上下変動を気にする必要はなく、10~20年というスパンで上昇が期待できそうであれば、購入してみるのもいいですね。

初心者ではなかなか見極めが難しいことから、事前の下調べとある程度の経験が必要になってくるでしょう。
TOP