【貯金のコツ】賢い口座の使い方とは?

【貯金のコツ】賢い口座の使い方とは?

貯金はしてはいるものの、「ついつい引き出してしまいなかなか貯められない…」そんな貴方に貯金の際の賢い口座の使い方をお教えします。 あなたはいくつ口座を持っていますか? 少なくとも2つ、お金を貯めたいのであれば3つの口座を持つことが貯金をする上でのカギになります。
貯金はしてはいるものの、「ついつい引き出してしまいなかなか貯められない…」

そんな貴方に貯金の際の賢い口座の使い方をお教えします。あなたはいくつ口座を持っていますか?

少なくとも2つ、お金を貯めたいのであれば3つの口座を持つことが貯金をする上でのカギになります。

なぜ複数の口座が必要なの?

複数の口座を持つことは、銀行のメンテナンスなどでATMが引き出せない場合のリスクヘッジにもなります。また意外と多いのが旅行や引っ越しをしたした際に、なかなかその銀行が見つからない!!なんていうこともあります。

日常的に使用する口座

お給料が振り込まれる基本的な口座がこれにあたります。他2つの口座に貯蓄用のお金を移し、ここには生活費しか入れておかないようにします。

家賃や光熱費、食費等、必ずかかってくるものから交際費まで、この中で賄うようようにしてください。残高がゼロに近づくのが目に見えてわかるので、今月あといくら使えるのかということが可視化でき自然と節約できるようになります。

緊急時やレジャーの為の口座

ここにはいざという時引き出して良いお金を入れます。旅行などの遊びのための資金を貯めておいてもいいでしょう。冠婚葬祭や急な怪我や病気の際の資金もここからあてるようにしてください。

普段は遊びの資金の為に貯めておくことでポジティブに貯金をすることができます。貯金の専用口座があるのなら不要と思う方がいるかもしれませんが、貯金の専用口座から引き出して崩してしまわないようにする為には必要不可欠な口座になります。

この口座があるかないかで、貯金の目標を達成できるかどうかが左右されるといっても過言ではありません。

貯金専用口座

この口座をもつことで、余ったら貯金するのではなく月々決まった額を、お給料が入ったらすぐに入金することが可能になります。非常に効率的に貯金をしていくことができるようになるのです。

この口座は入金専門にしてください。

イレギュラーなことに対してお金が必要な場合は先の遊びの為の口座から引き出すようにしてください。決してこの口座からは下ろさないという強い意志をもつことが大切です。

貯金専用口座を使うコツ

そんなことはいっても、何かと使ってしまう方もいるかもしれません。そんな貴方には、普通預金ではなく定期預金にすることをオススメします。

定期預金にすることで、はなからこの口座をあてにする逃げ道を塞ぐのです。

生活していれば何があるかわからないものです。いざというときに使えないのは不安、という人もいるかと思います。定期預金にも週や、月単位の短いものもあるので安心してください。

貯金のことを考えずに貯金ができる!

振込をする手間、生活費の口座から自動的に引き落とされて貯金専用口座に振り込まれる設定にすれば何も考えずともお金が自動的に貯まっていきます。煩わしさから解放され、知らず知らずのうちにお金が貯まっていくのは何とも嬉しいものです。

運用や金利の楽しみを見つける

新しい口座を作るということは、より金利のいい銀行やクレジットカード等と組み合わせたお得なサービスを探すこともできるということです。少しでもお得に、貯金をする楽しみを増やしていきましょう。

ネット銀行なら定期預金の手続きも楽々

定期預金にするとなると、いちいち銀行まで行って契約しなければならないのが面倒と感じる方もいるかもしれません。しかし、ネット銀行であれば、定期預金の契約もパソコンで簡単にできてしまいます。すぐに使えないお金をしっかり分けておきたい方は、ネット銀行を利用して定期預金を利用するのもありです。

3つの口座でしっかり貯めよう

基本的な口座、遊びや緊急時の口座、貯金の口座と、用途をしっかりわけた口座を3つ持つこと。貯金専用口座には触らないこと。意志を貫くのが不安な人は定期預金にする。たったそれだけでグンと貯金がしやすくなることでしょう。
TOP