30代から始める資産形成のメリットやデメリットについて

30代から始める資産形成のメリットやデメリットについて

将来への不安から30代でも資産形成をしている人が多くいます。 しかし、30代で資産形成をするにはメリットとデメリットがあるのです。 今回はどんなメリットやデメリットがあるのかについて見ていきましょう(`・ω・´)
将来への不安から30代でも資産形成をしている人が多くいます。しかし、30代で資産形成をするにはメリットとデメリットがあるのです。

今回はどんなメリットやデメリットがあるのかについて見ていきましょう(`・ω・´)

30代で資産形成をするメリットとは?

こちらでは、30代で資産形成をするメリットについて見ていきましょう。どんなメリットがあるのか知ることで自分でも資産形成できるかを把握することができるのです。

投資戦略がたてやすい

若い世代から投資をすることで、何年後にどの程度の資産が必要になるかという投資戦略をたてやすくなります。初心者向けの資産形成をしながら、将来的にどんな投資をするのか考えるようになるからです。

目標金額も投資資金のためと考えれば設定しやすくなるでしょう。

長期投資の恩恵を受けやすい

30代から資産形成をすることで、長期投資の恩恵を受けやすくなります。

年齢を重ねた頃には、10年、20年の投資をしていることになるのでその時点で大きな利益に繋がっている可能性が高いのです。

少額で始めやすい

30代から資産形成をするということは、あまり資金を多く用意出来ない人もいます。しかし、商品によっては少額で始めやすいものもあるのです。

少額投資であっても年数を重ねることで大きな利益に繋がることがあります。

30代で資産形成をするデメリットとは?

せっかくの貯蓄も、もしもインフレが続けば目減りする可能性があります。そのリスクに備えるのが「資産形成」。
こちらでは、30代で資産形成をするデメリットについて見ていきましょう。メリットばかりではなく、どんなデメリットがあるか把握しておくことでリスクを回避できる場合もありますよ(n*´ω`*n)

元本割れのリスク

投資には切っても切れない縁、それが元本割れのリスクです。投資と名前がつくものは、必ずと言っていいほど元本割れのリスクが潜んでいます。

必ず元本割れをするわけではありませんが、そのリスクが潜んでいることを考えていないと、突然のトラブルに対応出来なくなるので気を付けないといけません(;´・ω・)

生活資金への影響

30代となれば、ライフスタイルなどが変わる可能性もあります。独身の人は既婚者に、もしかしたら子供が生まれるということもありますよね。

ライフスタイルの変化のことを考えずに資産形成をしてしまうと、生活資金への影響が出てしまう場合があるのです。

その結果、投資を解約しなければいけなくなる場合もあります。解約したことで、結果的に損失を出してしまったというケースもあるので気をつけましょう。

思わぬ出費に対応できなくなる

先述したように生活資金への影響が出てしまえば、思わぬ出費に対応出来なくなります。些細な出費であればいいのですが、大きな出費に対応出来なくなると大変なことになる場合もあるでしょう。

投資をしたことで、生活資金に余裕がなくなったというケースは決して珍しくありません。そのため、資産形成をする場合は余剰資金がある場合のみにした方がいいでしょう。

余剰資金で行う資産形成であれば、生活資金とは別になるので大きな影響にはならないからです。

30代で資産形成するにはメリットやデメリットがあると覚えておこう

30代で資産形成をすることはメリットとデメリットがあります。将来的な不安から言えば、資産形成をした方がいいと言えるでしょう。実際、将来への不安は年々ひどくなっていて、慌てて資産形成する人も増えているからです。

しかし、慌てて行ったものではリスクを見逃しがちになってしまいます。将来に対する不安に対して出来ることは慌てることではなく、冷静な判断をすることです。

冷静に判断をすることで、現時点から資産形成するべきなのかどうかを見極めることが出来るでしょう。慌てたままで資産形成をしても良い結果は生み出さないので注意してくださいね。




TOP