積立NISAのメリットやデメリットは?しっかり覚えてリスク対策をしよう!

積立NISAのメリットやデメリットは?しっかり覚えてリスク対策をしよう!

積立NISAにはさまざまなメリットとデメリットがあります。 基本的にメリットが多いのですが、どんなメリットがあるのかデメリットがあるのかを知って、自分に積立NISAが向いているかをチェックしてみましょう!
積立NISAにはさまざまなメリットとデメリットがあります。

基本的にメリットが多いのですが、どんなメリットがあるのかデメリットがあるのかを知って、自分に積立NISAが向いているかをチェックしてみましょう!

積立NISAのメリットとは?

こちらでは、積立NISAのメリットについて見ていきましょう。

基本的に積立NISAにはメリットが多いのですが、その中でも特に覚えておきたいメリットを紹介します。
これから積立NISAを始める人は、ぜひ覚えておいてくださいね!

運用益が非課税

投資の場合、利益に対して20.315%の税金がかかってしまいます。しかし、積立NISAの場合は非課税となっているのです。

積立NISAを活用することで、最長20年間非課税で投資できます。ただ、上限額が40万円なので注意してくださいね(;^ω^)

40万円が20年間ということで、最大800万円の非課税枠があります!

少額から始められる

証券会社にもよりますが、毎月の積立金額は100円からでも可能となっています。投資は大金じゃないと難しいと思われがちですが、100円からであれば難しくないと思いませんか?

この少額投資も積立NISAならではのメリットと言ってもいいかもしれませんね。少額であれば「試しにしてみようかな」という人も多いのではないでしょうか?

売買タイミングの判断をしなくていい

積立NISAの場合、一括投資が認められていません。そのため「積立」でしか投資をすることができないのです。積み立てる頻度は幅広くあるのですが、基本的に売買タイミングの判断は必要ありません。

積立投資は毎月淡々と積み立てていくだけなので、株価などを常に見ていないといけない投資方法と比較しても比較的楽なものだと言えるでしょう。

積立NISAのデメリットとは?

こちらでは、積立NISAのデメリットについて見ていきましょう。

どんなデメリットがあるのかを知ることで、自分に向いているか、どんなリスク対策をすればいいのかを事前に知ることができるのではないでしょうか(`・ω・´)

元本割れのリスクがある

積立NISAは元本保証があるわけではありません。そのため、状況によっては元本割れのリスクがあることも覚えておきましょう。

ただ、元本割れのリスクについては積立NISAだけではなく他の投資にもあり得ることです。そのため、元本割れのリスクがあるから積立NISAはやめよう、という人はいないんですよね(;^ω^)

損益通算ができない

複数の金融機関で取引をしていると利益と損失の両方が出ることがありますよね。利益と損失を相殺して、トータルの利益で税金を計算することを「損益通算」と言います。

一般的な投資では損益通算が可能なのですが、積立NISAに限っては対象外となっているのです。つまり、利益と損失が出ていても損益通算の対象外なので税金が加算されるのだと覚えておきましょう。

所得控除の対象外

積立NISAは積み立てた金額が所得控除の対象外となっています。節税しながら長期投資が出来る商品は他にもありますが、積立NISAは現在も所得控除の対象外となっているので気を付けなければいけません。

積立NISAを悩む人は、意外とこの所得控除の対象外であることが原因という人が多いですね。ただ、それを除いてもメリットが多くあるので安心してください(`・ω・´)

積立NISAのメリットとデメリットを比較しよう!

積立NISAにはメリットとデメリットがありますが、どちらかと言えばメリットの方が大きいです。そのため、デメリットは目を通しておくべきですがおすすめできないわけではありません。

ただ、人によっては合わない人もいるのでしっかりメリットとデメリットを比較してから積立NISAをするかどうかを検討してみてくださいね。

投資初心者の場合は、積立NISAはおすすめできるのでぜひ前向きに検討してみてください(`・ω・´)
TOP