最近注目され始めている収入保障保険とはどのような保険なのでしょうか?

最近注目され始めている収入保障保険とはどのような保険なのでしょうか?

収入保障保険という保険をご存知でしょうか。 わたしは、友達に紹介されるまで、この収入保障保険についての知識は一切ありませんでした。 友達の説明ですと、絶対に知らないと損だということなので、時間を見つけて調べてみました。
収入保障保険という保険をご存知でしょうか。

わたしは、友達に紹介されるまで、この収入保障保険についての知識は一切ありませんでした。

友達の説明ですと、絶対に知らないと損だということなので、時間を見つけて調べてみました。

収入保障保険とは?

そもそも収入保障保険とはどのような保険なのでしょうか。収入保障保険を語る上で、最もわかりやすいポイントを厳選して2つご紹介していきます。

毎月一定額ずつ受け取れる生命保険

収入保障保険は、保険に加入している人が死亡した場合、死亡した方が加入していた保険からでる保証金を、お給料のように毎月一定額ずつ受け取ることができる生命保険になります。

この収入保障保険は、対応する期間があらかじめ決まっています。

そのため、受けとることができる保険金の合計金額は、保険に加入している方が長生きすればするほど減っていってしまいます。

収入保障保険と定期保険との違い

収入保障保険と似たような保険として混同しやすい保険が、定期保険だと思います。わたしも最初は収入保障保険って結局は定期保険の事だと思ってしまっていました。

収入保障保険と定期保険の大きな違いは、死亡保険金の受け取り方法です。定期保険は万が一の時に一括で死亡保険金を受け取ることができます。

また、死亡保険の場合には、収入保障保険と違い、受けとる死亡保険金の額は一定です。

そのため、保険加入が成立してすぐに死亡しても、保健期間が満了する一週間前に死亡しても受けとる保険料は一定です。

収入保障保険の場合には、受けとる金額は毎月のお給料のように受け取れますし、死亡保険として受け取る金額は、加入してから徐々に減っていきますので、受けとる時期によって金額が変わってきます。
途絶えた収入を補うための保険として「収入保障保険」「所得補償保険」「就業不能保険」が複数の生命保険会社・損害保険会社から発売されています。

収入保障保険のメリットとデメリット

多くの方から注目されている収入保障保険ですが、いろいろと情報収集をしていると、メリットばかりが目に付いてしまいます。

保障保険には、メリットしかないのでしょうか。収入保障保険のメリットとデメリットの両方について調べてきました。

収入保障保険のメリット

収入保障保険のメリットは色々とありますが、中でも他の保険と比較して、保険料がリーズナブルというメリットが大きいと思います。

収入保障保険は、現在の生活が大変な方でも、リーズナブルな保険料で将来の保証を準備することができます。

また、収入保障保険のメリットとして覚えておいて欲しいものが、保険料が変わらないということです。

一般的な定期保険の場合には、10年ごとなど、保険料の更新がありますが、収入保障保険の場合には、一生涯同じ保険料ですので、保険料の更新に怯えずに済みます。

また、保険料が一定ということは、ライフプランニングが容易といったメリットもあることを忘れてはいけません。

収入保障保険のデメリット

収入保障保険のデメリットは、何と言っても解約返戻金がないことです。解約返戻金があった場合でも、非常に少額しか払い戻しされません。

ライフスタイルが変化し、保証がいらなくなったので解約しても、すずめの涙程度しか返金されません。

また、収入保障保険では、受け取った金額が課税対象となる可能性があります。課税対象となる可能性があるのが、死亡保険金です。

この部分をしっかりと把握していないと、大きな誤算となってしまいますので、注意しなければいけません。

収入保障保険の特長を理解して選ぶようにしよう

収入保障保険は、非常に便利で使いやすい保険として知られています。

しかし、今回ご紹介したようにメリットだけでなくデメリットも存在しています。メリットだけでなくデメリットにも注目し、冷静に判断した上で利用するかどうかを決めましょう。
TOP