分散投資とは?分散投資のメリットとチャレンジする際の注意点など

分散投資とは?分散投資のメリットとチャレンジする際の注意点など

新型コロナウイルスによって、収入が激減してしまったので、転職を考えてみたのですが、合格ラインの転職先を見つけることはできませんでした。 そのため、現在の会社に在籍しつつ投資によって減ってしまった収入を補填しようと思いました。 いろいろと調べてみたところ、どうやら分散投資がキーになるみたいなのですが……。
新型コロナウイルスによって、収入が激減してしまったので、転職を考えてみたのですが、合格ラインの転職先を見つけることはできませんでした。

そのため、現在の会社に在籍しつつ投資によって減ってしまった収入を補填しようと思いました。いろいろと調べてみたところ、どうやら分散投資がキーになるみたいなのですが……。

分散投資とは?

投資を成功させたいのであれば、絶対にしなければいけないことが分散投資だそうです。分散とはバラつかせるといった意味がありますので、バラつかせる投資という意味なのでしょうか?

バラつかせるのであれば、何をバラつかせるのか。

気になったので調べてみました。

資産分散

資産分散とは、所有している資産を分散させる投資のスタイルみたいです。100万円を投資に使用しようと思っている場合、1つの投資先に100万円を全て投資するのではなく、5つの投資先に分けて投資するようなスタイルみたいです。

資産分散の投資スタイルは、タマゴを運ぶ方法で紹介されるケースが多く見られました。

壊れやすいタマゴをひとつのカゴで運ぶと、カゴを落としてしまった時に、入れたタマゴは全て割れてしまいますが、複数のカゴに分けて運べば、落としてしまったカゴ以外の卵は、全て無事です。投資も同じで分散することによって、リスクを軽減しようとしているのです。

時間分散

時間分散は、投資をする時間を分散させるタイプの投資スタイルです。投資には浮き沈みがあります。その浮き沈みによって利益を得たり、損益を出してしまったりするのですが、複数回に分けて投資をすることによって、価格変動のブレを最小限に抑える効果があります。

投資には、ドル・コスト平均法という定時定額購入する方法がありますが、これは時間分散を上手に使った方法になります。

大きく勝つことはできませんが、リスクを減らすことができます。

通貨分散

通貨分散は、資産をいろいろな通貨で所有することになります。日本人でしたら、日本円で資産を所有していると思いますが、通貨分散では、日本円だけでなく、外貨も積極的に所有していくことになります。

なぜ外貨の取得が急務なのかというと、日本国内で行われているマイナス金利政策の導入です。日本では、長らくデフレの時期が続いていました。このデフレを打ち消すために行われたのがマイナス金利政策です。

マイナス金利政策によって、普通預金で銀行に預けていた場合、0.001パーセントしか金利はつきません。マイナス金利政策によって、物価が上昇してしまったら、日本円だけで資産を所有していると損をしてしまうのです。

地域分散

地域分散は、いろいろな地域の投資商品に投資するスタイルです。分散投資といっても、国内の似たような銘柄を複数選んで投資しているのでは、あまり分散投資の効果が得られません。いろいろな地域の投資商品に分散して投資をすることによって、リスクを軽減するのです。

一部の地域で値下がりしてしまったとしても、他の地域でカバーすることができます。世界情勢の急な動きもカバーすることができますので、非常に有効な投資スタイルだといえます。

分散投資のメリットとは?

分散投資は、ひとつの投資先に絞って投資を行うよりも、利益が大きくなりにくくなっています。また、面倒なことも多くなっていますので、分散投資にメリットを感じていない方も多いと思います。

しかし、投資をする上で、特に初心者の方は分散投資をしなければ自殺行為と断言している方もいるなど、分散投資は非常に重要なポイントみたいです。

そこで分散投資の何がそんなに素晴らしいのかをしらべてみました。

リスクの低減

分散投資の最大のメリットは、やはりリスクを軽減することができることです。タマゴとカゴの話のように、正しい知識と手順で分散投資を行っていれば、とにかく大きな損を出すことはありません。

デイトレードのようなスタイルではなく、数年単位で投資を行うのであれば、非常に有効な投資スタイルであることは間違いありません。特にリーマンショックや昨年から続いている新型コロナウイルスなど、世界情勢を大きく揺るがす出来事があった場合であっても、最小限の損益で済んでしまうのです。

値動きに一喜一憂しなくても大丈夫

2つめの分散投資のメリットとしてご紹介したいのが、値動きに一喜一憂しなくてもよくなるということです。投資の初心者の方は、自分が投資している商品の値動きが、気になって気になって仕方がないと思います。

しかし、分散投資をしておけば、投資先さえ決めてしまえば、あとは何も考えなくても大丈夫です。ひとつの値が下がったとしても、他の投資先で十分にカバーすることができますので、貴重な時間を投資に費やす必要がなくなるのです。

素人でも簡単

投資は、素人にはハードルが高いと思われるかもしれません。しかし、分散投資をすることができれば、素人の方でも投資で利益を出すことは難しくありません。

特に長期間の投資でしたら、分散投資の成功率はかなり高いといえます。素人の方が行う投資の中ではトップクラスの成功率だといえます。

分散投資のデメリットや注意点とは?

一見すると完璧に思える分散投資ですが、分散投資にも少なからずデメリットが存在しています。もちろんデメリットとメリットを比べて、メリットの方が大きいから分散投資がおすすめできるのですが、デメリットを知った上でチャレンジしないと、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

投資先を見極めるのが大変

分散投資の最大のデメリットは、投資先の選定がとても大変だということです。分散投資の場合には、いくつも投資先を選ばなければいけません。

特に分散投資の場合には、単に違う会社の投資商品に投資すればよいのではなく、他業種、他国の投資商品に投資しなければいけません。

例えば、複数のハンバーガーショップの投資商品に投資するのは、分散投資とは言えないということです。ハンバーガーショップに投資するのであれば、飲食関連の投資先以外で次の投資先を選ばなければいけません。

短期間で大きなリターンは難しい

分散投資は、ローリスク・ローリターンな投資スタイルになります。そのため、短期間で大きな利益を上げる事は難しいといえます。

そもそもいろいろなジャンルに少しずつ投資するのが分散投資ですので、全てが大きな利益を上げることはできません。時間をかけて、じっくりと利益を積み重ねていくスタイルになりますので、短期間で利益を上げたいという方には、向かない投資スタイルになります。

分散投資を成功させるポイントとは?

分散投資は、初心者の方でも利益の上げやすい投資スタイルになります。そんな分散投資の成功確率を、より高めるためのポイントが存在しています。絶対に利益を出したいのであれば、成功させるポイントをチェックするようにしましょう。

リスクをコントロールする

「分散投資」とは、投資先を一つに限定せず、複数の投資先に投資することをいいます。一つの資産に集中投資をしてしまうと、その資産の値動きだけで運用資産全体が左右されてしまうことになります。投資をする際は、「長期投資」と合わせて、投資先や投資するタイミングを分散する「分散投資」を心掛けることが大切です。
分散投資を成功させるためには、上手にリスクをコントロールする必要があります。分散投資は、大きく利益を上げることよりも、とにかくリスクを軽減させることを重要視している投資スタイルになります。いわば守りの投資スタイルです。

分散投資は、長い期間にわたって投資を続けていく必要があります。

世界情勢に合わせて、時には投資先を追加するような必要性が生じるケースもあります。分散投資でリスクをコントロールするためには、常に世界情勢を注目しつつ、投資の勉強を続ける必要があるのです。

長期投資

分散投資は、長期であればあるほど利益が生じやすい投資スタイルになります。分散投資の最大の仲間は時間です。投資をしている時間が長ければ、それだけ多く利益をあげることもできますし、損をするリスクを減らすこともできます。

特にドル・コスト平均法で投資を行う投資の場合、時間をかければかけるほど、揺らぎが少なくなります。安定した資産形成であれば、分散投資を使った長期投資が適しているということなのです。

投資先の性質を重要視する

分散投資を行う時には、投資先を選ぶ時に、投資先の性質をチェックするようにしましょう。

たとえ異業種であっても、同じような特徴の投資商品を選んでしまうと、分散投資のメリットが薄くなってしまうのです。暖房機器メーカー、スキーメーカー、インフルエンザ関連の会社などは、全て冬に業績が好調になる銘柄です。

他業種であっても、同じような値動きの特長のあるメーカーですと、分散投資になりません。違う値動きをする投資商品を選ぶことが重要になるのです。

分散投資に適した資産運用方法とは?

分散投資に適した資産運用方法は、ひとつではありません。どのような資産運用方法が、分散投資に適しているのでしょうか。これから分散投資にチャレンジする方が、最初にチャレンジすべき投資ジャンルをご紹介していきます。

株式投資

株式投資は、株式会社が発行した株式を購入する投資になります。いろいろな株式会社がありますので、分散投資に適した投資ジャンルだといえます。

特に近年では、パソコンがなくてもスマートフォンで投資をすることができるようになりましたので、気軽に分散投資はじめるのにも適しています。

不動産投資

不動産投資も、実は分散投資に適した投資ジャンルになります。不動産投資は、初期投資費用が非常に高くなっていますので、失敗した時のダメージが非常に大きくなります。しかし、分散投資をすることによって、リスクを大きく減らすことができます。

例えば、大学の近くに一人暮らし用のアパートを所有している場合には、学校が移転するリスクに怯えなければいけませんが、他の場所にファミリー向けのアパートを用意するなど、場所、性質の異なる不動産を所有することによって、リスクを軽減することができるのです。

自分に合った分散投資をはじめよう

分散投資は、非常にリスクの少ない投資スタイルになります。そのため、投資初心者から長年投資を行っている人まで、全ての投資家におすすめすることができます。分散投資には、いろいろな種類があります。

投資には、自分との相性がありますので、自分の性格や資産、投資にかける時間などに適した投資を選んでチャレンジしましょう。
TOP