女性の貯金はいくらくらい?20代~30代の未婚女性のリアルな貯金額

女性の貯金はいくらくらい?20代~30代の未婚女性のリアルな貯金額

女性の貯金額は一体いくらなのか気になるけど表立って聞くのはためらいますよね。 他人様の財布事情は聞きづらい物です。 そこでこの記事では女性の平均貯金額がいくらなのかについて解説します。 また、貯金をする為に効率的な3つの方法についても併せてご紹介します。
女性の貯金額は一体いくらなのか気になるけど表立って聞くのはためらいますよね。他人様の財布事情は聞きづらい物です。

そこでこの記事では女性の平均貯金額がいくらなのかについて解説します。また、貯金をする為に効率的な3つの方法についても併せてご紹介します。

女性の貯金はいくらくらい?

20代~30代の未婚女性に対してインターネットメディアの「4mee」が独自にアンケートを行っていました。

世の中の未婚女性が一体いくらくらい貯めているかの目安になりますので、結果と共に考察していきます。

平均すると344万円

20代~30代の未婚女性の平均貯金額は344万円です。実はこの貯金額は平均と比べるとかなり高い数字となっています。

同年代の平均を見てみると約220万円となっていて120万円程高い事が分かります。理由としては「結婚資金を貯めるから」が最も多く、男性と違って妊娠、出産による意識の違いがあるからでしょう。

1つの区切りとして30代を目安にしている方が多いのも特徴です。

20代女性の平均は299万円

20代の平均貯金額は299万円となります。新入社員として入社し、まだ給料も高くない方が多いにも関わらずかなりの貯金額となっています。

結婚を意識するのはもちろんとして万が一離婚した時の事も考えてできるだけ多く貯めるという方もいます。

また、男性よりも女性の方が同調を求める傾向が高い為、周りの貯金額を聞いて焦りを覚えて自分も貯めるという人が多く、全体の貯金額の平均の底上げに繋がっています。

30代女性の平均は434.5万円

30代の未婚女性の平均額は434.5万円です。

30代になると結婚ができずに一生独身でいるかもしれないという可能性を考慮する人が出てくるので、20代の頃よりも貯金をしたり、資産運用を始める人が一気に増えます。

もちろん、20代の頃と比べて会社でのポジションが上がったから給料が増えたと言う理由もあるのでしょうが、いかにしてその給料を守り、増やすのかという考えを持つ人が多い事が分かります。

どうやって貯金をしているのか?

平均よりもかなり高い女性の貯金額なのですが、低金利の銀行に預けておくだけではこんなに増えません。そこで貯蓄を増やすためにおすすめの資産運用についてご紹介します。

積み立てNISA

2018年からスタートした投資方法で少額の投資に適した制度です。売買益や配当金、分配金が全て非課税なので儲けた分を丸々受け取れるのです。

本来であれば投資で儲けた利益は20%課税されます。仮に10万円儲けたとしても手取りは7万9,685円にしかならないので、いかにNISAが効率的なのかがご理解いただけるでしょう。

また、非課税なので確定申告の手間が無いというのもメリットの1つです。

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれるiDeCoですが、一言で言えば年金のバリエーションの1つです。

従来の年金は全ての人が入る国民年金と会社員の方が入る厚生年金があります。そこにプラスアルファする形で多く年金をもらう為に入るのがiDeCoです。

iDeCoに加入して積み立てる事で将来もらえる年金額を増やす事ができるので、働けなくなった時の資産形成の1つとして注目されています。

また、iDeCoはNISAと並んで国から推進されている制度なので信頼性も高いです。

支出の見直し

iDeCo、NISAを始めたいと思っても資金が無いと話になりません。その資金を作る為には支出を抑えるのが今すぐできる方法です。

支出は大まかに分けると固定費と変動費になりますが、固定費を下げる事ができれば資金を作りやすくなります。

最も手軽にできるのがスマホで月に8,000円近く支払っている方も多いのではないでしょうか。しかし、格安スマホにすれば3,000円程度に抑える事ができるので、生活レベルを変えずに5,000円の節約をする事ができます。

細かい固定費を見直す事でiDeCoやNISAの資金を捻出できますし、今すぐにできる事なのでやってみて下さい。

焦らず、でもしっかりと貯めていこう

ここまで女性の貯金額がいくらなのかについて解説してきました。男性を含めた平均よりも女性の貯金額は高いので焦る方もいるかもしれません。

しかし、人は人なので焦らず地道に計画を立てて貯めていくようにしましょう。
TOP