複利運用のメリットやデメリットは?やり方や注意点について

複利運用のメリットやデメリットは?やり方や注意点について

子供の教育資金や住宅購入式など、大きな資金を作りたい人は複利運用を候補に入れてみてください。 複利運用は長期的な運用に最適であり、地道に、そして堅実に貯めたい人におすすめです。 ただ、メリットとデメリットがあります。 複利運用はメリットとデメリットを把握してから、しっかりと取りかかるようにしましょう。 投資のひとつなので、決して甘く見てはいけません。 甘く見た瞬間に損失が出てしまう可能性があるのです。 投資は成功している人を見ると『簡単そうだ』と思う人もいいますが、大きな間違いです。 甘く見るのではなく、失敗しないためにはどうすればいいのかとしっかり把握しておいてください。
子供の教育資金や住宅購入式など、大きな資金を作りたい人は複利運用を候補に入れてみてください。複利運用は長期的な運用に最適であり、地道に、そして堅実に貯めたい人におすすめです。ただ、メリットとデメリットがあります。

複利運用はメリットとデメリットを把握してから、しっかりと取りかかるようにしましょう。投資のひとつなので、決して甘く見てはいけません。甘く見た瞬間に損失が出てしまう可能性があるのです。

投資は成功している人を見ると『簡単そうだ』と思う人もいいますが、大きな間違いです。甘く見るのではなく、失敗しないためにはどうすればいいのかとしっかり把握しておいてください。

複利運用のメリット

「複利」とは「元本とその元本につく利息の両方に、新たな利息がつくこと」です。逆に「元本のみに利息がつくもの」を「単利」といいます。
こちらでは、複利運用のメリットについて見ていきましょう。どんなメリットがあるかを知ることで、現在複利運用を悩んでいる人も前向きになれるのではないでしょうか。後ほどデメリットにも触れますが、まずはどんなメリットがあるのかをチェックしてみてください。

資産形成の速度が早い

基本的に複利運用は資産形成の速度が早いのです。単利で運用した場合は、運用期間が長くなればなるほどその差が大きくなっていきます。ちなみに20年間複利運用をしていた場合は、約6.4%の差がつくと言われています。

資産形成の速度の早さが複利運用の最大のメリットと言っても過言ではありません。利益が生まれることでさらに利益を呼ぶような形です。

ただ、損失を考慮しないスケジュールなので実際に予定通りに行くかどうかはわかりません。しかし、そもそもリターンを考える上で福利の形が一般的。リスクの分散にもなります。

資金が効率的に活用される

複利運用は資金効率に優れていることも魅力のひとつです。再投資などで増やすことで資産が雪だるま式に増えていくのです。その速度は驚くべきものであり、他の投資をしていた人が複利運用に切り替えたという意見があるほどです。長期的な資産形成に役立つとして、複利運用は注目されています。

むしろ、長期運用であればあるほど福利運用のメリットを享受できるでしょう。こういう理由から子供の教育資金や住宅購入資金に良いと言われているのです。

株式投資や投資信託と相性がいい

複利運用は株式投資や投資信託との相性が良いと言われています。投資元本が増えることで、それに応じた複利効果が見込めるようになっているのです。そのため、順調に進むことで資産形成のスピード効率も高くなっていきます。

複利運用は地味という人もいますが、多くの資産運用手段において活用することができます。それだけではなく、自動で再投資をしてくれるサービスがあるところもあるのです。そのため、実践しやすい投資方法として注目されています。

複利運用のデメリット

こちらでは、複利運用のデメリットについて見ていきましょう。複利運用をしっかりするためには、メリットだけではなくデメリットも知っておかないといけません。デメリットを知ることで、どうすればリスクに対しての対策ができるのかなどを考えることができるのです。

元本割れのリスク

投資ということもあり、元本割れのリスクがあります。元本が保証されているわけではないので、場合によっては損失が出ることもあるのです。損失リスクがあることもおぼえておくようにしましょう。

ただ、これは複利運用に限ったことではありません。複利運用だけではなく、投資と名のつくものは元本割れや損失リスクが出てくるものなのです。そのため、過剰に怯えることはありません。

資金拘束

複利運用をしている間、運用期間が経過するにつれて大きな効果が期待できます。ただ、長期間資金拘束をされることを考えておかないといけません。運用途中で得られる利益などは消費しないまま再投資に回されることになります。そのため、資産を複利で運用する場合は生活資金に影響がないようにしなければいけません。

生活に影響があっても資金が拘束されているのですぐに解約することができないからです。投資自体、生活に影響があるように行ってはいけないものですが、それを踏まえた上でも資金拘束のことは覚えておくようにしましょう。

初心者には難しい

複利運用は投資信託であればプロのファンドに任せることができます。ただ、初心者が自分でしようとするなら少しハードルが高いかもしれません。ある程度投資自体に慣れている人が行うべき、と言ってもいいかもしれません。

ただ、投資信託と株式投資は相性が良いので初心者でも難しくはないかもしれませんね。複利運用に興味がある人で、投資自体に慣れていないのであれば株式投資や投資信託を検討してみてはいかがでしょうか?

複利運用のやり方とは?

こちらでは、複利運用のやり方について見ていきましょう。これから複利運用を検討している人はどんなやり方があるのかなどについてチェックしてみてください。これから紹介するのは比較的やりやすいものばかりなので、ぜひ検討してみてください。

つみたてNISA

投資信託の複利運用をする場合、定期的に発生する分配金を再投資することで簡単に行えます。ほとんどの投資信託ファンドで分配金を受け取る、もしくは分配金を再投資するのどちらかを選べます。再投資するに設定しておくことで、自動的にファンド元本に再投資されるのです。自動で再分配できることもあり、初心者でも気軽に取り組めるタイプとなっています。

あと、つみたてNISAやiDeCoなどは非課税制度が用意されています。これらを活用することで、分配金に課税されることがなくなるのです。

ロボ・アドバイザー

ロボ・アドバイザーは全自動型の資産運用サービスのことを指します。投資家の運用スタイルに合わせた資産運用を代行してくれるのです。そのため、初心者でも安心して任せることができます。

ロボ・アドバイザーサービスはほとんどが分配金を自動で再投資するようになっています。そのため、自分で投資先のETFを選ぶことや、再投資をすることもありません。投資はしたいけど、投資にかける手間を最大限省きたい人におすすめです。銘柄選びに悩んでしまう人も、ロボ・アドバイザーの自動複利運用を使ってみてください。

株式投資

自分でしっかりと複利運用をしたい人は、株式投資がおすすめです。再投資のタイミングは自動ではなく、自分で行いたい人に最適です。ちなみに再投資としたい場合は、決算後に受け取る配当金を再度株式購入費用に充てればいいだけです。自分で再投資をすると言っても、決して難しいものではありません。

ただ、気をつけたいこととして国内株は最低購入単位が100株となっています。そのため、ある程度の資金が必要になってくることも覚えておきましょう。買い増しをする場合は、配当収入だけで出来ないということも考えておいてください。

複利運用の注意点について

こちらでは、複利運用の注意点について見ていきましょう。複利運用をする場合、どんな注意点があるのかをしっかりと覚えていてくださいね。やり方によっては初心者向けとはいっても、投資ということで甘くはありません。

リスクがある

当然ながら、投資なのでリスクがあります。損失が出ることも考えておかないと、大きなしっぺ返しを受けることになりかねません。

どんな投資であってもリスクはゼロではありません。商品によって若干リスクの違いはありますが、元本割れなどは共通するリスクです。そのため、しっかりと確認しておかないと大きな損失に繋がる可能性があるのです。

ある程度の知識が必要

投資をする以上、予備知識無しで取りかかるのはリスクが高いと考えてください。それぞれの投資方法によってやり方などは変わってくるため、覚えるべき基本などはしっかり押さえた上で行うようにしましょう。

基本を知っていなかったために損失に繋がったというケースもあります。どんなことでも初めて何かをする時は基本を覚えてからがおすすめです。投資は方法にもよりますが、ある程度知識をたくわえてから始めても損はありません。

損失発生の可能性がある

先述したように、リスクに関する危機感を持っていないと損失を発生させる可能性があります。やり方によっては初心者向けとはいっても、損失を出してしまうと大きなものになる可能性があります。ハイリターンの投資ほどの損失が出てくるとは言えませんが、それでも決して小さくはない損失を出してしまうこともあるのです。

初心者向けと言われている理由としては、損失が出ても比較的少ない金額と言われているところでしょう。
投資は必ず損失などのリスクが出てきます。だから、どれだけ損失を小さくできるのか、という部分は初心者にとってもっとも重要と言っても過言ではありません。

損失を発生させてしまわないように、しっかりと自分に適したやり方で複利運用をしましょう。さまざまなやり方があるので、比較をして自分に適したやり方を見つけてください。どうしても自分に適したやり方がみつからない場合は、今回ご紹介した3つのやり方を検討してみてはいかがでしょうか。

自分でする場合は株式投資、任せたい人はロボ・アドバイザーなどそれぞれのスタイルに合わせたやり方が可能となっています。

複利運用でしっかりと利益をあげよう

複利運用は初心者向けのやり方と、上級者向けのやり方があります。自分のレベルに合わせたやり方で複利運用をしてみてください。

複利運用にはどんなメリットがあるのか、どんなリスクがあるのかをしっかり把握しておきましょう。良いところを悪いところを見極めることで、リスクを押さえた投資が可能になるのではないでしょうか。不安な人は投資信託などプロフェッショナルな人に運用してもらえる方法などを選んでみてください。課税対象とならないやり方もあるので、いろいろと模索して複利運用で利益をあげましょう。
TOP