大学生が貯金を増やす!アルバイトや節約方法を試してみよう

大学生が貯金を増やす!アルバイトや節約方法を試してみよう

大学生は学業がメインのため、限られたお金でやりくりしなければなりません。 学生であっても、万が一のときのためお金を貯めておきたいのではないでしょうか。 なかなか貯金ができないと悩んでいるなら、アルバイトや節約を試してみてください。 旅行したい方や、欲しいものを買いたい人も、貯金を増やす工夫を見直しましょう。

大学生が貯金を増やす!アルバイトや節約方法を試してみよう

大学生は学業がメインのため、限られたお金でやりくりしなければなりません。学生であっても、万が一のときのためお金を貯めておきたいのではないでしょうか。

なかなか貯金ができないと悩んでいるなら、アルバイトや節約を試してみてください。旅行したい方や、欲しいものを買いたい人も、貯金を増やす工夫を見直しましょう。

貯金を増やすアルバイト方法

現在貯金ができていないなら、収入を増やす工夫がおすすめです。同じアルバイトでも、少しでもお金が得られる内容に見直してみましょう。

時給が高いアルバイトをする

アルバイトは、少しでも時給が高いところを選ぶのがおすすめです。有名大学に通っているなら、時給の高い家庭教師のアルバイトがしやすくなります。塾講師も、補助的な業務を募集している場合があります。

飲食店を狙うなら、時給が高い夜間や深夜がおすすめです。夕方のアルバイトだと1,000円以下でも、夜間なら深夜手当がプラスされます。

学生の場合は学業への影響を考えながら、無理のない時間帯で働くようにしてください。

短期間で一気に稼ぐ

大学生は、夏休みに長期休暇が設けられている学校が少なくありません。長期間休みがあるなら、短期間で一気に稼げるアルバイト先を選びましょう。

リゾートバイトは、住み込みしながら短期間で一気に稼げます。近くで働きたい方は、引っ越しなど高時給のアルバイトもいいかもしれません。休みを利用すれば長時間勤務が可能で、短期間で稼ぎやすいでしょう。

おすすめ節約方法

一人暮らしの学生なら、生活の節約も試してみてください。少しの対策で、毎月の貯金額を増やすことができます。

安い家賃の場所に引っ越す

家賃の相場は、収入の30%程度が目安です。節約を心がけたいなら、もう少し安い家賃の場所に引っ越しましょう。

下宿、学生寮などは比較的家賃が低いところが多いようです。学校でも賃貸情報を提供している場合があるため、確認してみましょう。

引っ越しすれば、引っ越し代・初期費用などがかかります。学生なら体力があるため、友人にお願いして、引っ越し代を節約する方法もいいかもしれません。

光熱費のプランを見直す

光熱費の中でも、電気代は比較的簡単に節約ができます。電力自由化されたことで、自由に電力会社を選べるようになりました。ネットで料金を比較すると、今より安い電力会社が見つかりやすいでしょう。

安い電力会社ですでに契約しているなら、プランの見直しがおすすめです。電力会社のプランは複数用意されており、選ぶプランで電気料金が変わります。学生であれば日中は在宅しないことが多く、夜間プランを選び安くしてみましょう。

自炊で食費を減らす

食費は、できるだけ自炊すれば減らせます。まとめてご飯を炊いて、ラップで小分けに包み、冷凍しておきましょう。食材の買い出しは週に1回にして、冷凍保存をうまく活用してみてください。

現在の食費が高い方は、コンビニの利用頻度を減らしましょう。スナック菓子やドリンク類など、ついつい買っているもので食費が上がっているかもしれません。

学校から自宅が近いなら、お昼を食べに帰宅するのもおすすめです。

貯金ができる人の特徴

学生でも貯金ができる人は、ある特徴がみられているようです。ただ貯金や節約をしようと考えるのではなく、貯められる人の思考をまねしてみましょう。

積み立て貯金を利用する

お金を貯められない人は月に1万円以内の貯金額なのに対し、貯金できる人は月に4~5万円は貯めています。節約して余ったお金を貯金しようとしても、月に4~5万円貯めるのは難しいでしょう。

お金を貯められる人は、先取貯金をしている方が多いようです。積み立て貯金なら、毎月口座から一定金額を貯蓄に回すことができます。強制的に貯金してしまえば、そのときの気分で貯金額が変わることはありません。

貯金の目標を決める

なんとなく貯金するのではなく、明確な貯金の目標を決めるようにしましょう。いつまでにいくら必要かわかると、月々の貯金額が明確になります。

1年間で50万円必要であれば、月々4万円程度です。逆算して考えると、月々に必要な貯金額がわかり、目標額が貯まりやすくなります。

アルバイトしながら貯金をしよう

大学生が貯金を増やしたいなら、まずはアルバイトを見直してみてください。さらに貯金の目標額を決めて、毎月の貯金額を明確にしましょう。節約は無理ないところから始めて、目標金額に達するよう調節するのがおすすめです。
TOP