貯金の仕方のコツとは、具体的な方法を解説!

貯金の仕方のコツとは、具体的な方法を解説!

今後の人生のためになるべく貯金を増やしたい、そう考えるのは自然なことです。しかし、貯金は簡単なように見えて意外と難しく、貯金を継続するのは容易ではありません。莫大な収入があっても貯金ができない人もいれば、収入は少なくても貯金ができる人もいるため、お金稼ぎと貯金は似ているようで異なります。
今後の人生のためになるべく貯金を増やしたい、そう考えるのは自然なことです。しかし、貯金は簡単なように見えて意外と難しく、貯金を継続するのは容易ではありません。莫大な収入があっても貯金ができない人もいれば、収入は少なくても貯金ができる人もいるため、お金稼ぎと貯金は似ているようで異なります。
そもそも、サラリーマンの給与やフリーランスの報酬などの収入が、支出を上回らないと貯金はできません。貯金をするためには収入を増やすか、支出を減らすかの2つしか選択肢はなく、簡単なのは支出を減らす方です。

収入を増やすのは簡単なことではなく、特に会社勤めをしているのであれば歩合制でもない限り収入が大きく増えはしません。

支出を減らすコツ

だからこそ、まずは支出を減らすのがコツで、現時点でカットできそうなものをまずはリストアップしてください。

有力候補は趣味に関するお金や無駄遣いですが、趣味に関しては必ずしも不要とは限りません。現在の趣味に気分が乗らないのであれば、もっとお金がかからない別の趣味に乗り換えるのも手ですが、趣味にはストレス解消の効果も期待できるので、一概に削った方がよいものではないのです。

ただ、趣味関係で支出が極端に多いようであれば、カットできる部分を探した方がよいでしょう。

インターネット通販にせよ実店舗での買い物にせよ、ついつい買い過ぎてしまうのは問題なので、買い物についても見直したいところです。クレジットカードを使っているのであれば、銀行口座から引き落とされるデビットカードに切り替え、その銀行口座に一定以上の金額を入金しないようにすれば支出を減らせます。

食費は削りすぎるとよくない

食費については削りすぎるとよくないものの、外食の回数が多いようであれば見直すのも手です。

外食に頼りがちな理由としてよく挙げられるのが、食事の準備や後片付けが面倒というものです。確かに、自炊は手間がかかりますが、簡単で手間がかからないレシピを調べる、休みの日に作り置きをしておく、レトルト食品を活用する、本当にしんどい時は紙コップや紙のお皿など洗う必要のないものを使う、などの工夫である程度は対処できます。

食べること自体が趣味のような場合は厄介ですが、1週間のうち外食は1回だけにするなど、制約をつけて対処するのが効果的です。

電気代などの光熱費

電気代も節約の定番ではあるものの、コンセントを抜いて待機電力をカットするやり方はさほど効果が期待できません。ストレスがかかりやすい割には節約効果が今ひとつなので、電気代をカットするのであれば使用時間を減らす方が有効です。

エアコンのようにカットすることで体調に影響が出かねないものには手を付けず、テレビなど無理に使わなくてもよいものの使用時間を減らすのがコツです。

また、電力自由化によりお得なプランを選べるようになりましたので、まだ見直していない場合は事業者をチェックしてください。契約している保険を見直してみる、ジムにあまり行けてない場合は退会するなど、無駄な支出を洗い出すのも有効です。

支出を減らして浮いたお金をついつい使ってしまう

色々と支出を減らすコツを紹介しましたが、支出を減らして浮いたお金をついつい使ってしまうなんてケースも珍しくはありません。お金の管理に関して甘いところがあるなら、先取り貯蓄を採用し強制的に貯金するのも手です。銀行の自動積立定期貯金や、会社の社内預金や財形貯蓄制度などを利用して、先に貯金してしまえば無駄遣いを避けられます。

貯金の仕方のうち収入を増やす方法

続いては収入の増やし方ですが、まずは株式投資やFXなどの投資で収入を増やす方法です。大きく稼げる可能性がある一方で、資産を減らしてしまう恐れもあり、確実に勝つことはできません。金投資など比較的安定性がある投資であっても確実性はないので、どうしてもギャンブル的な側面が出てきます。

確実なのは副業で収入を増やす方法で、アルバイトや在宅ワークなどで稼いだ分を貯金に回すのは有効です。在宅ワークを探す上で役立つのがクラウドワークスのサイトで、オンライン上で仕事の受注から納品までこなせます。代表的な在宅ワークがデータ入力、ライターの仕事などで、ブログ作成や翻訳などのスキルを活かせる在宅ワークもあります。

ベストは自分に合った貯金の仕方を見つける!

これらの仕事で本業以上に稼ぐことはなかなか難しいものの、貯金に回すお金を生み出す上では非常に有効です。

ただ、これらの仕事は個人で請け負うため、引き受けたのであれば納期までにしっかりと形にしないといけません。そのため、納期が近づいているのに作業に遅れが出ている場合は、何とか空き時間を作って仕上げる必要があります。

最初のうちはペースもつかみにくいので、報酬が少なくても確実にできそうな仕事を引き受けるのがコツです。新たな仕事を増やすのは負担が意外と大きいため、様子を見ながら仕事を受注してください。

収入を増やす方が合っているのか、支出を減らす方が合っているのか、これは人によって異なるため、自分に合った貯金の仕方を実践するとよいでしょう。
TOP