資産運用とは?基本から資産運用の種類まで徹底解説します!

資産運用とは?基本から資産運用の種類まで徹底解説します!

資産運用に興味はあっても、内容が難しくて始める勇気が持てない人は多いです。 知識が中途半端で勘違いや失敗したらと不安に思った経験はありませんか? そこで今回は、資産運用とは何なのか?資産運用の基本からその種類まで解説します。 初心者でも分かるように説明していくので、覚えるのも簡単です。
資産運用に興味はあっても、内容が難しくて始める勇気が持てない人は多いです。知識が中途半端で勘違いや失敗したらと不安に思った経験はありませんか?

そこで今回は、資産運用とは何なのか?資産運用の基本からその種類まで解説します。初心者でも分かるように説明していくので、覚えるのも簡単です。

そもそも資産運用とは?

資産運用とは自分が持つ資産を運用するサービスです。

テレビやネットでも度々話題になっていますが、何だか難しそうだなと感じる人もいます。しっかりと知識を覚えれば、不労所得も夢ではありません。ここでは、資産運用の基本から資産運用の種類について解説します。

自分の資産を貯めるか増やすかで運用すること

資産運用の基本で覚えておきたいことは、自分の資産を「貯める」か「増やす」か選べるという点です。

貯める資産運用は貯めることに重点をおき、元本は保障されるのが特徴です。資産運用の結果を最初に決められて、固定金利型のサービスが多く、確実性も高いです。

増やす資産運用は増やすことに重点をおき、長く投資するのか分けながら投資するのかを選べる点があります。資産運用の結果は予測がつきません。はじめる前にどちらの運用が自分に合っているのかの見極めも必要です。

自分以外の人のためにもなる

資産運用は自分が持つ資産で運用しますが、自分だけでなく誰かの役にも立ちます。運用している資産は、証券市場を経由して政府の活動資金や企業の運営にも使われるため、経済の成長や事業拡大、商品やサービスの向上にもつながります。

資産運用している自分も社会も豊かになって、双方にメリットがあるのも魅力です。長い目でみて、将来的な社会づくりにも貢献できます。

ギャンブルではない

資産運用をギャンブルと勘違いしている人が多いですが、資産運用は立派な投資です。国や企業の豊かな成長のために集めている資金となり、成長した対価として資産運用をした自分たちが利益を受け取れる仕組みです。

資産が増えるのか減るのか、結果が分からないといった内容で勘違いするようです。娯楽のためのサービスではないので、ここできちんと整理しておいてください。

資産運用の種類とは?

資産運用のサービスにはたくさんの種類があります。ネットで検索すれば概要も調べることができるし、対面で説明を聞くことも可能です。身近で誰もが聞いたことのある資産運用ばかりです。ここでは、資産運用の種類とはどんなものなのか解説していきます。

預貯金・保険

私たちが、当たり前のようにしている預貯金や保険は資産運用と言えるサービスです。預貯金は預けたお金に金利がつき、銀行から郵便局に信用金庫など預け先も豊富です。積立や定期預金など長い期間預けることで利益があります。

保険は貯蓄型の保険が資産運用となり、支払った保険金を保険会社が代りに運用してくれるのがメリットです。学資保険、終身保険、個人年金などが主です。どちらも難しいことを覚えなくともできる手軽さが良いです。

国債(債券)

国債(債券)は1度は聞いたことがあるでしょうか。

国が発行する債券で、購入すると半年に1度金利を受け取ることができます。元本や利子は国が見てくれるので、安心安全に資産運用ができるのも魅力です。満期を迎えた債券は元本が戻ってくる仕組みです。

初心者でも簡単にはじめることができる手軽さゆえ、資産運用の利益としてはあまり高くなく期待できるものではありません。

不動産投資

不動産投資は初心者には少し難しい資産運用です。マンションや賃貸アパートの不動産物件を利用し、賃料や売却益の収入を得るサービスです。

物件を綺麗に管理したり、入居者への対応が必要な場合もあるので慣れていない人には大変な点もあげられます。不動産の資産運用は現物資産のため、インフレの影響を受けにくいのがメリットです。

投資信託・株式投資

投資信託は国内、国外の株式、不動産、債券といった内容から選んで始められる資産運用のサービスです。
投資に慣れているプロの方にお願いして運用するのですが、口座開設が必要で手数料が発生したり、信託報酬がかかるデメリットがあります。

株式投資は、名前の通り株式の「株主」となる資産運用です。

知名度が高く、企業が資金調達のために発行していて会社に利益が生じた際に配当金が得られることで知られています。サービス提供や割引といった株主優待も受けられ、資産運用後も勉強が必要です。

資産運用の注意点とは?

資産運用にはメリットだけでなく、デメリットもあります。資産運用の基本とともに知っておくことが重要です。ここでは、資産運用を始める前に知っておきたい注意点について解説します。難しい内容ではないので、頭の中に入れておきましょう。

知識や覚えることが多い

資産運用とは自分が持つ資産を運用するサービスです。単純にいえば資産(資金)なわけで、お金を扱うということは相応の知識を必要とします。

正しい知識を覚えて始めることが失敗しないコツです。

中途半端な知識で始めてしまうと、後にこんな筈じゃなかったなんてことにもなります。テレビやネットで勉強、本を片手に勉強したり詳しい人から教わるのも1つの手です。

資産運用後も勉強が必要

資産運用は、資産運用後も運用中の動向や新たな知識の勉強が必要です。これも資産(資金)を扱っているなら当たり前のことです。放ったらかしでも大丈夫なんて甘い言葉も聞きますが、永遠に放置で大丈夫なわけがありません。

せっかくの、貯めたり増やしたりと生活を良くするための運用なので、怠けずに資産運用後も知識の勉強は行ってください。

元本割れの可能性もある

資産運用ははじめに投資した資金より、元本割れする可能性もあります。

これは資産運用を始める前によく理解しておいてください。特に国債(債券)、投資信託、株式投資などは元本割れのリスクが高めです。保険を途中解約した際も元本割れの可能性が極めて高いです。

預貯金、定期預金、積立資金などは元本が保障されているので、預け先が倒産しない限りは安心なサービスといえます。何事にもリスクはつきものであることを忘れてはいけません。

暮らしをより良くする資産運用をはじめよう

資産運用とは何なのか?資産運用の基本や資産運用の種類について解説しました。資産運用を始める前には必ず正しい知識を知っておく必要があります。

資産運用は貯めると増やすの2つから選択できて、自分のためだけでなく企業や国など社会の人々の役に立つサービスでもあります。

資産運用はギャンブルではなく、私たちの暮らしをより良くするためのサービスです。基本を勉強してぜひ、資産運用に挑戦してみてください。
TOP