ビットコインの仕組みとは?メリットやデメリットについても解説

ビットコインの仕組みとは?メリットやデメリットについても解説

近年その名を世界に知らしめたビットコインですが、未だ詳しく理解されている人は少ないのではないでしょうか? ここではビットコインについて、その仕組みからメリットやデメリットまで、幅広く解説させていただきますので、運用の際の参考にしていただければ幸いです。
近年その名を世界に知らしめたビットコインですが、未だ詳しく理解されている人は少ないのではないでしょうか?

ここではビットコインについて、その仕組みからメリットやデメリットまで、幅広く解説させていただきますので、運用の際の参考にしていただければ幸いです。

ビットコインの仕組み

まず始めに、ビットコインについてその仕組みから解説させていただきます。

国家の管理を受けない

ビットコインは、通常各国家の中央銀行が発行している通貨とは違い、デジタル管理されているもので国家単位の管理下には入りません。

個別間でつながっているP2Pネットワークを構築しており、あらゆる場所の取り引きがあらゆる場所で管理されているのです。
仮想通貨の仕組みについては、通常の法定通貨とは異なり、管理するための国家や中央銀行のような組織が存在しない場合が多い。

電子マネーとは違う

ビットコインというと仮想通貨、仮想通貨はイコールで電子マネーと考えられる人がいますが、これらは仕組みが根本的に違います。

電子マネーは、あくまで各国家が発行している通貨をデジタル化したものであって、デジタル通貨とはならないのです。

上限のある発行枚数

各国家が発行する通貨であれば、日本であれば政府主体で発行数を決めますが、ビットコインは2,100万枚と発行数が決められています。

これは国家発行の通貨と違い管理者がいないために、たやすくインフレを起こしてしまうことから予め上限が決められているのです。

リアルタイムで送金可能

実際の通貨にしろ電子マネーにしろ、対面の手間だったり取引時間だったりと、お金のやりとりには時間制限があるのが普通です。

しかしビットコインの特徴的な仕組みのひとつとして、1年中どの時間帯でもやりとりをすることが可能です。

マイニングで利益を出す

株式は差額で利益を出し、ビットコインも同じようなやり方で利益を出せますが、その他マイニングと呼ばれるやり方も存在します。

詳細の記述は非常に長くなるので割愛しますが、簡潔に言うならビットコイン取引の承認をして、ブロック(ビットコインの取引情報)を生成すると報酬を得られるというものです。

ビットコインのメリット・デメリット

知名度が高く魅力的に見えるビットコインですが、始めるにしてもメリットやデメリットを知らなければ痛い目をみてしまいます。

下記でそれらをご紹介しますので、もっとビットコインを深く理解してみましょう。

ビットコインのメリット

まずはビットコインのメリットについてから記述します。
両替不要
通常海外旅行などで国外に出る場合、自国の通貨を行き先の国家の通貨に両替しておかなければ、何も買うことが出来ません。もっとも両替をしたところで手数料やら、相場に左右されて帰国時に損をするなど、何かと面倒なところがあるでしょう。

しかしビットコインは実際の通貨のない仮想通貨であるため、両替を必要とせずにビットコインそのままで使うことが可能です。
個人でやりとりできる
振込、小切手など、基本的にお金のやりとりは、どのような形でも基本的には銀行が介入することになります。その際、手数料やら直ちに送金出来ないなど、煩わしく感じる人も少なくないでしょう。

ですがビットコインであれば、個人の間で何もかもをやりとり出来るので、煩わしさが一切ありません。

ただし自己責任となりますし、ビットコインの取引で守ってくれる法律が未だ不足しているので、慎重にやらなければなりません。
手数料が安い
ビットコインは、取引の手数料が安いことも大きなメリットで、最低でも銀行との取引の半額程度になることが多いようです。海外送金であれば1,000円単位で変わってきますので、ここは決して無視出来ないところになるのではないでしょうか。

ビットコインのデメリット

次はビットコインのデメリットについて、特に重要なものをご紹介します。
補償の仕組みがない
残念ながら、現時点ではビットコインの損失等にかかる補償などについては、法整備が完全に整っていないことからその仕組みがありません。

これがクレジットカードであれば、チャージバック機能で守られるのですが、ビットコインは承認されてしまうと取り消しをしたり、遡っての補償がないのです。

つまり、自分の身は自分で守るという観点が必要となり、株式や為替を行うよりも一層の警戒心を持っておくことが求められます。
変動が激しい
ビットコインは株式などよりも価格の変動が激しく、たった1日の間でも何度か急上昇、急降下をする場合があります。よって安定からはほど遠く、ビットコインを取り扱う人は最大限に注意を払って、取り引きをしなければなりません。

もっとも、価格の変動の激しさを逆手に取って儲ける人も一定数いるようですが、極めてハイリスクとなります。
決済できるサービスが少ない
実のところ、現時点でビットコインが実際に使えるサービスは限られています。

結局デジタル通貨として使用出来ないため、現金化するための大きな手間暇を掛けなければならない…というのが現状のようです。

しかし近年、ビットコインで決済できるサービスは増加傾向ですので、暫くは「待ち」と言ったところですね。

仕組みをきちんと理解して運用しよう

世間で何かと騒がれているビットコインですが、それは仕組みをきちんと理解していない人が、適切な運用が出来ないからだと言えるでしょう。

ですのでもし運用する際は、ビットコインという存在をしっかりと把握した上で、リスクの少ないやり方を維持していくことが重要となります。
TOP