投資信託の利益確定のタイミングや注意点について

投資信託の利益確定のタイミングや注意点について

積立投資信託で利益を出すために「利益確定」が必要になります。 利益確定はやみくもに行えばいいというわけではありません。 利益を生むためには、知識が必要です。 今回は積立投資信託の利益確定に関することを紹介していきましょう(`・ω・´)
積立投資信託で利益を出すために「利益確定」が必要になります。利益確定はやみくもに行えばいいというわけではありません。

利益を生むためには、知識が必要です。今回は積立投資信託の利益確定に関することを紹介していきましょう(`・ω・´)
「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

積立投資信託の利益確定タイミングとは?

via pixta.jp
積立投資信託の利益確定はどんなタイミングで行うべきなのでしょうか。利益確定の時期はさまざまであり、こちらではその一部について見ていきましょう(n*´ω`*n)

購入時よりも基準価額が上回った時

投資資産購入価格よりも基準価額が上回っていれば、利益確定のタイミングとして検討できる機会でしょう。「さらに利益が大きくなるかもしれない」と悩まされる場面でもありますね(;^ω^)

確かにもう少し待てば利益が高くなるかもしれません。

しかし、逆に下がる可能性だってゼロではないのです。投資においては、最高値ではなく「確実に利益をあげられる場面で利益確定」が鉄則と言われています。

そのため、欲を出さずに確実に利益に繋がる時点で利益確定をするのがベストと言ってもいいでしょう。

資産のバランスを調整したい時

投資家はリスク減少のために、割合を決定して資産投資をします。継続すると相場の変動などで割合が変わっていくため、資産バランスを整えなければいけません。

これを「リバランス」と言います。

複数ある投資の1つを一部売却や購入することで計画通りの割合に戻すことができます。

商品購入の資金が必要な時

投資中ではあっても利益が出しにくい商品というものもありますよね(;^ω^)

他の商品の方が利益が見込める場合は、利益確定をして手放すという選択肢もあるのです。投資先を変更する場合の資金繰りのために、あえて利益確定をして手放す人がいます。

積立投資信託の利益確定時の注意点とは?

こちらでは、積立投資信託の利益確定時の注意点について見ていきましょう。利益確定したからと言ってメリットばかりというわけでもありません。

どんな部分に注意しておくべきかをチェックしてきましょう。

解約時の税金・手数料の考慮

投資信託を解約する場合「信託財産留保額」がかかります。解約に関する手数料とでも考えておいてください。

それだけではなく、解約時には税金がかかることも考えておかないといけません。利益確定をしたからと言って、利益だけが手元にやってくるわけではないのです。

部分売却

含み損をはじめとして今後不安な要素が出てきたなら、経験の浅い人は一部売却がおすすめです。リスク軽減のために一部売却は有効な方法と言えるでしょう。

なぜなら、将来再度価値が高くなった時に運用をできるからです。

解約の返金には時間がかかる

もっとも覚えておきたいことは、解約をしても返金には時間がかかるということです。手続きが終了しても現金振り込みまでには日数がかかります。

特に海外市場の場合は現地時間とのズレもあるので要注意。

そのため、解約した資金の使い道が決まっている場合は余裕を持った解約をしておきましょう。切羽詰まった状態では、現金振り込みの方が間に合わなかったということもあるからです。

積立投資信託の利益確定には注意点があることも覚えておこう!

積立投資信託の利益確定にはさまざまな注意点があります。紹介した注意点だけではなく、解約できない期間があるという注意点もあります。

注意点に関することは、調べておいて「調べすぎ」ということはありません。

注意点について調べるということは、それだけリスクに備えているということです。損をしないためには、リスクに対して備えることしかできません。

しっかり注意点を調べて、どんなリスクが潜んでいるかをチェックしておいてくださいね。
TOP