楽天証券のidecoって何がいいの?商品の選び方とおすすめ商品はコレ!

楽天証券のidecoって何がいいの?商品の選び方とおすすめ商品はコレ!

自分で運用する年金制度idecoは1人1口座しか持てません。 Idecoを始めるなら、まずどこに口座開設をしようか?から考えないといけないんです! 楽天証券はideco初心者にも始めやすい口座として人気ですが、どうしてなのか気になりますよね!
自分で運用する年金制度idecoは1人1口座しか持てません。

Idecoを始めるなら、まずどこに口座開設をしようか?から考えないといけないんです!
楽天証券はideco初心者にも始めやすい口座として人気ですが、どうしてなのか気になりますよね!

楽天証券のidecoのいいところ

他の会社にはない楽天証券ならではのいいところがたくさんあります。

楽天証券の場合3つのいいところがあります。

手数料が安い

idecoは加入するときや別の口座に移動するとき、さらに受取時などに手数料が必要なんです。楽天証券はこの手数料が最も安い会社です。

つまり、運用以外にかかるお金をあまり払わずに済むんです。

とくに加入時は最低ラインの手数料の支払いでOKです。

口座管理費も安い

idecoは口座を維持しておくだけでもお金が掛かります。

口座管理費ですね!
口座管理費も最低ラインの料金です。

つまり、idecoで年金を運用が低価格で行える嬉しい会社なんです。

31本もの投資信託が揃っている

投資は一つだけに行うよりは分散投資といって複数に分けておく方がリスクは低くなります。つまり、一つの会社の中にいくつかの商品があるほうが分散投資をしやすいんですね。

楽天証券は投資信託だけでも31本、定期預金も含めれば32本もの商品があるので、分散投資がしやすい点がよいのです。

商品選びってどうすればいいの?

32本という沢山の商品がある楽天証券ですが、これだけ商品があると商品選びに悩むかもしれませんよね。
楽天証券は専用ダイヤルやLINEなど、サポート体制がしっかりしているから投資初心者でも安心なんです。

絶対減らしたくないなら「元本確保型商品」一択

投資はどうしても元本割れといって購入代金よりも受け取れるお金が減ってしまうこともあるんです。ですが、絶対に減らしたくないという人もいますよね。

そういう人は「元本確保型商品」といって、元本割れしない商品を選ぶのがおすすめです!

手堅く増やしたいなら「インデックス」

「日経平均株価」や「TOPIX」、「ダウ平均株価」といった言葉を聞いたことがある人は多いですよね。

このようなものを「インデックス」といいます。インデックス型の投資信託はこのインデックスにそった値動きをする投資信託です。

「パッシブ型」ともいいますよ。

大きな利益を期待したいなら「アクティブ」

一方でインデックス型よりも大きな利益が狙えるのがアクティブ型です。

ただ、利益が出れば大きいけど損失も大きくなるかもしれないちょっとリスキーな商品です。初心者にはちょっと判断が難しいかも?

信託報酬という信託商品を選ぶ人に支払う手数料も高めというデメリットもあります。

楽天証券のidecoでおすすめの3銘柄

via pixta.jp
32本の楽天証券のideco商品の中でも初心者にも分かりやすい銘柄として人気がある商品は3つあります。

元本保証型は「みずほDC定期預金」のみ

どうしても元本割れは避けたい方は「みずほDC定期預金」一択です。

年利0.002%とメガバンクと同水準の利息ですが、利息が非課税で掛け金は全額所得控除となるため、銀行に預けるよりは税制優遇が受けられる点がメリット!

アメリカの景気に左右される「楽天・全米株式インデックス・ファンド」

アメリカの景気は比較的ニュースで毎日聞きませんか?

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」はそのアメリカの株式市場の約4,000銘柄の値動きに連動するように作られているインデックス型の投資信託です。

信託報酬も少なく、普段ニュースを見聞きする人なら値動きが分かりやすいのが特徴です!

「インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」は長期的な資産形成向き

インデックス型のなかでは比較的値動きが大きくなりやすいのが「インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式」です。

新興国というのは成長著しい国々のことで、高い成長が期待できます。

でも、一方で成長しなかった場合には損失が大きなものになるリスクも。資産形成として長い目で見たい商品ですよ。

元本割れのリスクがある事も忘れずに

idecoは自分で商品選びを行って将来に備える商品なので、何に投資をするかを自分で決めないといけません。

大きく儲かる商品は、逆に言えば大きな損失を出すかもしれないもの!その点を忘れずに商品選びをしていきましょうね!
TOP