不動産投資におけるサブリースの仕組みとニュースになったトラブル

不動産投資におけるサブリースの仕組みとニュースになったトラブル

不動産投資には、様々なリスクがあります。 そのため、土地を持っていても二の足を踏んでしまっている方も少なくありません。 また、ご年配の方などの場合には、難しい投資などを出来るほどの余裕などがありませんので、ただただ税金を支払い続けているだけといった土地もあります。 しかし、そんな方々からサブリースといった不動産投資の方法が注目を集めているみたいです。
不動産投資には、様々なリスクがあります。

そのため、土地を持っていても二の足を踏んでしまっている方も少なくありません。

また、ご年配の方などの場合には、難しい投資などを出来るほどの余裕などがありませんので、ただただ税金を支払い続けているだけといった土地もあります。

しかし、そんな方々からサブリースといった不動産投資の方法が注目を集めているみたいです。
サブリースとは、賃貸経営のリスクである空室リスクを回避する手段の一つです。アパート経営など賃貸経営を行うオーナーからサブリース業者が賃貸物件を借り上げて、その賃貸物件の入居者募集や入居者からの賃料回収などを行います。

サブリースの仕組みとは?

via pixta.jp
多くの方から注目を集めているサブリースとは、どのような不動産投資になるのでしょうか?

わたしは、父から受け継いだ使用していない土地がありますので、今年から不動産投資にチャレンジしようと思って調べていたら、なんだか便利そうだと思ってしまいました。

全部を説明するのは時間がかかってしまいますので、簡単にサブリースの仕組みをサラッとご紹介していきます。

家賃保証制度

サブリースは、アパートやマンションなどの賃貸物件を使って資産運用している方から、不動産会社が一棟丸々借り上げて運用する制度になります。

一派的な不動産投資と異なるのが、入居者の人数によって賃貸料が変化しないということです。

全室が満室になっている時と比べると、得ることができる収入は少なくはなりますが、空き室が出たとしても得ることができる収入に変化はありませんので、安定した収入を得ることができるといったメリットがあります。

空き室リスクは、不動産投資で最も大きな問題になっておりますので、これを回避することができるのは非常にありがたいと言えます。

サブリースを選ぶメリット

サブリースを選ぶメリットは、空き室リスクがゼロになるだけではありません。

不動産投資の場合には、入居者を募集したり賃貸契約の締結、入居者の対応など、色々な管理業務があるのですが、これらを全て不動産会社に丸投げすることができます。

また、サブリースの場合には、退去時や入居時にかかる修繕なども全てお任せできる内容もありますので、確定申告の簡素化にも繋がります。

もちろん家賃の支払いが遅れた人に催促に行くような業務も、サブリースとして委託している会社にお任せすることができてしまいます。

ニュースにもなったサブリース絡みのトラブル

近年において、サブリースによるトラブルが増えているといったニュースがありました。そのため、国から本格的に注意喚起が出ていたり、法改正を急いでいるといった情報がありました。

また、サブリース絡みのトラブルの中でも、ニュースなどにも登場していた事件が2つありました。

注意喚起の意味も込めましてご紹介していきます。

かぼちゃの馬車

かぼちゃの馬車は、サブリース絡みのトラブルでかなり話題となったトラブルです。

かぼちゃの馬車とは、女性専用のシェアハウスとして都内を中心に845棟のサブリース契約を行っていた会社が、資金難に陥ってしまい、契約していたオーナーにサブリース賃料を支払えなくなってしまったトラブルです。

サブリース先の不動産の家賃が、7平米で7万円という割高であった事や、スルガ銀行の融資の打ち切りなどによって、かぼちゃの馬車を運営していた会社は資金繰りがショートしてしまい、民事再生手続きを申請したのですが、民事再生手続きの申し込みは却下され、破産手続きが行われました。
2018年1月、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開するスマートデイズ(東京都)がオーナーに対してサブリース賃料の支払い停止を発表しました。

レオパレス問題

レオパレス問題は、かぼちゃの馬車よりも少し後になって発覚したトラブルでした。

レオパレスでは、土地を所有している方に、アパートを建築してもらいサブリース契約を結びました。

このアパートをレオパレスが一括で借り上げる見返りとして、家賃収入は30年間まったく変わらないと約束していたのですが、一方的に家賃保証の額を引き下げると通告し、大きなトラブルとなりました。

その結果、レオパレスに対して集団訴訟が起こり、大きな社会問題となりました。

下調べをしっかりとしよう

サブリースのトラブルをみていると、怖くてできないと思われるかもしれませんが、しっかりとサブリースの仕組みを理解しておけば、十分に対処することが可能です。

サブリースとして契約する際には、不動産会社が提示した金額が適切であるのかや、そもそも契約する不動産会社が信頼できるのかなど、下調べを入念に行ってからチャレンジするようにしましょう。




TOP