お金が貯められない人におすすめの貯金の仕方について

お金が貯められない人におすすめの貯金の仕方について

貯金の仕方にはおすすめされているものが多くあります。 しかし、まず自分が貯金に向いているかどうかを見極めてください。 今回は貯金に向いていない人の特徴や、おすすめの貯金の仕方について紹介します。 貯金を考えている人は、これらをチェックしてみてください。
貯金の仕方にはおすすめされているものが多くあります。

しかし、まず自分が貯金に向いているかどうかを見極めてください。今回は貯金に向いていない人の特徴や、おすすめの貯金の仕方について紹介します。貯金を考えている人は、これらをチェックしてみてください。

貯金できない人の特徴

貯金に関しては「出来る人」と「出来ない人」がいます。

ただ、貯金出来ない人だからと言って今後ずっとできないわけではありません。貯金のためのポイントを知らないだけの人も多いのです。こちらでは、貯金できない人の特徴について見ていきましょう。

家計簿をつけていない

貯金できない人は家計簿をつけていない傾向があります。

家計簿をつけることで、お金の管理をしっかりすることができます。お金の管理が曖昧な人ほど貯金が上手くいっていません。

貯金のためと考えて、まずは家計簿をつけることを検討してみてください。

口座を使い分けていない

支払い用の口座と生活費のための口座を一緒にしていると、なかなかお金が貯まりません。

口座を使い分けることで、しっかりとお金の管理をすることができるのです。理想を言えば、支払い用、生活費用、貯金用の口座を持っておきたいものです。

貯金用の口座があれば、浮いたお金が出た時に少しずつ貯めて行くことができます。数万円ではなく、1,000円でも2,000円でも入れておくようにしましょう。

貯金の習慣がない

貯金ができない人の特徴、それは「お金を貯める」という習慣がない人が多いです。

給料として入ったお金すべてを使ってしまう傾向があり、いざという時に困ってしまうのです。貯金と聞くと、大きな金額でしなければいけないと考える人も多いですがそうではありません。

数百円でも構わないのです。「貯金をする」ということを習慣づけることが大切と言えます。

おすすめの貯金の仕方とは?

おすすめの貯金の仕方に関して、どんなものがあるのかを見ていきましょう。

これまで貯金が上手くいかなかった人でも簡単にできる方法を紹介します。少しでも貯金をしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

1円でも貯金をする

金額はいくらでも構いません。貯金箱を用意して、1日必ず貯金をする習慣をつけてください。100円でも500円でも、1円でも構いません。

仮に毎日500円を貯金したとすれば、1年間で182,500円貯めることができます。毎日の生活費を500円抑えて、貯金してみてはいかがでしょうか。

不用品の処分

給料が低いなど、さまざまな理由で貯金に繋がらない人もいるでしょう。そんな人は不用品の処分をしてみてはいかがでしょうか。

持ち物の中には使わなくなったもの、読まなくなった本などもあるでしょう。不用品を処分することで、いらないものをお金に変えることができます。価値のあるものがあれば、一気にお金を貯めることも可能です。

キャッシュレスを上手く使う

近年はキャッシュレスが推奨されています。

キャッシュレスを上手く使ってポイントを稼ぎ、現金を使わないようにしましょう。

そうするだけで、大きな金額ではありませんが貯金につなげることができます。むしろ、貯金のためにはキャッシュレスを活用することは必須と言っても過言ではないでしょう。

自分の悪いところを知って貯金に活かそう

貯金出来ない人は「自分に貯金は向いていないから」と考えるのではなく、どうすれば貯金ができるようになるのかを見ていきましょう。

貯金の仕方は人によって合うもの・合わないものがあります。まずはいろいろと試してみて、自分に合う方法を探してみましょう。

紹介した方法以外にもいくつもあるので、自分で試してみて工夫をしながら最適の貯金の仕方を探して見てください。
TOP