ネットバンキングとはなに?メリットやデメリットについて

ネットバンキングとはなに?メリットやデメリットについて

インターネットの普及によってさまざまな便利なものが現れ始めました。 その中でも特に利用者が多いのがネットバンキングです。 ネットバンキングとはどんなメリット、デメリットがあるのかを紹介していきましょう!
インターネットの普及によってさまざまな便利なものが現れ始めました。その中でも特に利用者が多いのがネットバンキングです。

ネットバンキングとはどんなメリット、デメリットがあるのかを紹介していきましょう!
ネット銀行とは、対面の店舗を持たず、インターネット上での取引を中心として営業している銀行のことを言います。

ネットバンキングとはどんなメリットがある?

こちらでは、ネットバンキングのメリットについて見ていきましょう。これまで使っていなかった人も、メリットを知ることで前向きに考えられるのではないでしょうか。

気軽に利用できる

ネットバンキングのメリットとして、気軽に利用できるというポイントがあります。

ネットで定期預金を作ることも出来ますし、通常はATMや窓口まで行かないといけないこともネットで簡単解決することが出来ます。

スマホアプリと連動している

ネットバンキングはスマホアプリと連動しているため、簡単に残高照会や振り込みができます。反映には時間がかかりますが、自宅にいながらいつでも振込などができるのは魅力的です。

在宅の仕事をしている人などは、外出しなくても振込や残高照会が出来るのはメリットと言ってもいいでしょう。

ATMまで出掛けなくていい

基本的にネットバンキングはネットで解決します。そのため、わざわざATMなどまで行かなくてもいいのです。

引き落としがしっかりされたか、残高がいくらあるのかなどもすべて自宅や外出先から確認することができます。さまざまな働き方が出てきた今の時代にこそ適したものだと言ってもいいでしょう。

ネットバンキングとはどんなデメリットがある?

ネットバンキングにはさまざまなメリットがありますが、デメリットがゼロということではありません。ネットバンキングならではのデメリットもあるので気をつけるようにしましょう(;´Д`)

ログインできなくなる可能性がある

意外とやりがちなのが、ログインパスワードを忘れてしまうことです。ネットバンキングはログインパスワードなどを忘れてしまうと本人であるにも関わらず利用不可となってしまいます。

そのため取引も出来なくなってしまうので、パスワードの再設定などが必要になります。

他にも第二暗証であるワンタイムパスワードを利用することになります。セキュリティのためとはいえ、急いでいる時には若干面倒さが出てきてしまいます。

不正アクセスのリスクがある

ネットバンキングにおいて、セキュリティは各会社でしっかりしています。しかし、それでも不正アクセスのリスクをゼロにすることはできません(;´・ω・)

どれだけセキュリティを高性能なものにしても、突破されないとは限らないからです。

当然、会社側もしっかりと保障をしています。過失がなければ不正引き出しは全額保障してもらえるからです。

ただ、過失が認められてしまえば保障がなくなってしますので怪しげなリンクやメールなどは開かないようにすることを徹底しておきましょう。

使いにくいと感じる人もいる

ネットバンキングは若い人を中心に活用されていますが、これまで一般的な金融機関でやり取りをしていた人にとっては使いにくさを感じることもあるようです。

慣れるまでの問題だとしても、機械に疎い人はなかなか慣れることができないのです(;^ω^)

ネットバンキングを積極的に利用しよう!

ネットバンキングは便利なので、積極的に活用するようにしましょう。特にフリーランスや自営業の場合はネットバンキングでスムーズなやり取りが可能になるはずです。

さまざまな働き方などに適応できるネットバンキングはこれからもメインとなってくるでしょう。

ただ、気軽さゆえのリスクがあることも忘れないようにしてくださいね。メインバンクではなく、あくまでもサブとして使っている人が多くいます。
TOP