IPOとはどんなメリットやデメリットがあるのか?

IPOとはどんなメリットやデメリットがあるのか?

IPOとはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。 ネット上を見ても結構メリットのことばかり書いてありますよね。 今回はメリットと同時にデメリットにもスポットを当ててみました。 IPOを検討している人は、どんな特徴があるのかをしっかり把握しておきましょう。
IPOとはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ネット上を見ても結構メリットのことばかり書いてありますよね。

今回はメリットと同時にデメリットにもスポットを当ててみました。IPOを検討している人は、どんな特徴があるのかをしっかり把握しておきましょう。
具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいます。

IPOとはどんなメリットがある?

こちらではまずIPOにどんなメリットがあるのかをチェックしていきましょう。デメリットの前にメリットを知ることで、よりIPOがどんな魅力があるのか知ることができるはずです。

専門的な知識がいらない

投資をする場合、さまざまな知識を身に着ける必要があります。ただ、IPOに関して言えば専門的な知識は必要ありません。

株式投資が未経験者でも簡単に参加できる投資として知られているからです。

大きな利益につながる場合がある

IPOにおいて企業は資金調達力の向上を目的としています。そのため、多くの投資家から出資を募ることができるのです。

未経験者でも可能なこともあり、多くの投資家が押し寄せることもあり大きな利益につながります。IPOが利益を出しやすいと言われているのは公募価格より初値の方が高くなるからです。

少額投資も可能

少額投資としてIPOに参加することもできます。少ない資金でIPO投資をすることで、負担を減らすことができるのです。

口座の入金が0でも公募株の割り当てを決める抽選に参加できるため気軽さの面で言えば大きなメリットになることでしょう。

IPOとはどんなデメリットがある?

こちらでは、IPOとはどんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

メリットと比較をして、本当にIPOが自分にとってメリットが大きい投資になるのかを見極めることができるはずです。

すべてにコストがかかる

上場審査をパスすることで公開企業となることができます。しかし、さまざまな内部管理体制を構築するためにコストがかかってしまうのです。

さまざまな部分でコストがかかってしまうので、結果として経営状態が良くないとコストがかかりすぎた結果会社自体に負担がかかってしまう可能性があります。

長期的なコスパが悪い

長期での株価パフォーマンスとしてIPOはコスパの悪さがあります。年数を重ねるにつれて初値を下回ってしまい、株価下落する企業も珍しくありません。

IPOの経営者は株価を上げなければいけないので、業績向上などさまざまな部分で企業力が問われてしまうのです。

コスパの悪さが影響して、会社自体の経営が悪化してしまうという可能性もゼロではありません。

リスクゼロではない

上場をしたからと言ってそこで終わりではありません。先述したように会社の経営状況を上げ続けなければ株価の価値もなくなってしまいます。投資家にみはなされないよう、経営状態をあげつづけなければいけません。

その結果、企業力が足りずに上場廃止となることもあるのです。そうなってしまうと会社自体の信用にも関わってくるため、会社に良い影響は与えません。

上場した時点からさまざまなリスクを向き合っていかなければいけないというプレッシャーがあり、それを乗り越えられるか押しつぶされるかで企業力が問われる部分もあるのでしょう。

IPOとはどんなメリットやデメリットがあるかを知っておこう

IPOと言っても簡単なものではありません。

投資家にとっても経営者にとってもメリットやデメリットがあるものです。特に投資家にとってはメリットが大きいですが、経営者にとってはプレッシャーの始まりです。

上場企業となることでさまざまな恩恵があっても、それを維持し続けるためにはさまざまな努力が必要になるのです。

IPOはメリットも大きいですが、デメリットも大きいものだと覚えておくようにしましょう。
TOP