貯金を上手くするコツとは?外食を見直せば節約できる

貯金を上手くするコツとは?外食を見直せば節約できる

節約しているのにお金が溜まらないという方は、食費が肝です。 ついつい疲れているから、面倒だからと外食することが多くないですか? そこで今回は、外食の仕方を見直すことで、無理なく節約でき、貯金ができるコツについて紹介していきます。
節約しているのにお金が溜まらないという方は、食費が肝です。ついつい疲れているから、面倒だからと外食することが多くないですか?

そこで今回は、外食の仕方を見直すことで、無理なく節約でき、貯金ができるコツについて紹介していきます。

外食のルールを決める

外食が習慣になっていたりしませんか。ルールを決めて、それに従った行動を取るだけで、かさんでいた出費が減り、節約に繋がります。

外食の回数を減らす

外食するのが当たり前になっていたりしませんか。目的を持って、たまに行く外食の方が、新鮮で満足度も上がります。なんとなく行く、記憶に残らない外食は、思い切って止めてみましょう。すると、外食の回数を自然に減らすことができます。

我慢する節約は続かない

「貯金するための節約」と称した“外食ゼロ”といった目標は、逆にストレスを溜めてしまうことになります。我慢を強いる方法は、長く続かずに挫折してしまいます。節約は続けていけることが何よりも大切です。自分に合った無理のない方法を実践することで、節約に繋げていけるでしょう。外食を程よく取り入れた方が、上手くいきます。

休日は家族で買い物レジャーになっていませんか?

家族でショッピングセンター行って買い物をし、ランチを食べて帰宅するといったお決まりのコースの休日を過ごしている方もいるでしょう。毎週同じように過ごしていたら、出費はかさみます。

早めに出てお昼を家で食べる、もしくは食べてから出掛けるようにするだけでも、かなり出費を抑えることができます。休日の過ごし方を一度見直してみても良いかもしれません。

外食費を確保するために食費の見直し

貯金をするための節約には、メリハリが必要です。たまの外食は気分転換にもなるので、オススメです。外食費をはじめから、予算に組んでおくと良いでしょう。そのためにも、なるべく日々の食費を抑える工夫が必要です。

コンビニやスーパーでの買い物を減らす

つい寄りがちなのがコンビニです。コンビニは、スーパーよりも割高です。ちょっとした買い物でも回数が増えれば、それだけ出費も多くなります。立ち寄らないようにするだけで抑えることはできます。またスーパーへの買い物に行く回数を少なくし、まとめ買いをする方が全体のコストは下げられます。また買い物リストをあらかじめ作って行くと、ついで買いも減るでしょう。

安く買い物する

買い物を安く済ませるには、値下げ品を狙うのも手です。スーパーでは、値引きシールを貼る時間帯がだいたい決まっています。その時間に合わせて買い物をすると、お得に買い物ができるでしょう。いくつかのスーパーを使い分けて、安く良いものを手に入れるのも良いです。なるべく旬なものを食卓に出すようにするだけでも違います。

できるだけ家で食事をしよう

当たり前に外食する習慣から、できるだけ家で食事をする習慣へ変えていくようにしましょう。

ストックや作り置きで乗り切る

肉や魚を下処理し、野菜をカットして保存しておき、冷凍して焼くだけ、煮るだけで作れるものを冷凍しておくと良いでしょう。「疲れて今日は作りたくないな」という日も、簡単ですぐに用意できます。お子さんや旦那さんでも準備ができるレンチンのレトルト食品をストックしておけば、いざというときも安心です。

ご飯だけは炊いておく

ストックも作り置きもないというときでも、ご飯は炊いておくと良いです。ご飯があれば、おかずを買うだけで済みます。無駄に外食することなく、必要最低限の出費に抑えられます。お金を遣うことより、いかに間に合わせるかという方向で考えて動いた方が、貯まります

程よい外食で節約にメリハリを

お金を貯めるには、

・無駄な外食は減らすこと
・出費を見直すこと
・できるだけ家で食事をすること


です。我慢や無理をせず、外食も程よく取り入れることも生活にメリハリがでます。節約にも張り合いが出て、お金も貯まりやすくなるでしょう。

ちりも積もれば…なので、小さなことでも続けていくことが大切です。出費の見直しをマメにして修正し、自分に合った節約方法が見つけましょう。
TOP