「お金の誕生」何気なく使っているお金はどのようにして生まれたのか?

「お金の誕生」何気なく使っているお金はどのようにして生まれたのか?

「お金持ちになりたい。」「たくさん稼ぎたい。」皆さんも一度はこんな感情を抱いたことがあるのではないでしょうか?会社の飲み会や家賃、社会人になると何かと出費が増えるもの。「できることなら少しでも多くお金を稼ぎたい。」と考える人は多いものです。
「お金持ちになりたい...」
「たくさん稼ぎたい...」

皆さんも一度はこんな感情を抱いたことがあるのではないでしょうか?会社の飲み会や家賃、社会人になると何かと出費が増えるもの。「できることなら少しでも多くお金を稼ぎたい。」と考える人は多いものです。

しかし、そのお金について詳しく理解している人は、果たしてどれくらいいるのでしょうか?生まれてから今日まで、生活において欠かせないモノとしてずっと使っているはずのお金。お金の価値は何なのか、どのようにしてお金は誕生したのか。お金を稼ぎたいと考えている人は、まず、お金についての理解を深める必要があります。

そこで今回は、現在のお金がどのようにして生まれたのかを紹介していきます。ぜひ、ここからの話を読み進めながら、「お金の価値は何なのか?」「お金を手に入れるにはどうすればいいのか」を考えてみてください。

お金の誕生①「物々交換」

現在、日本をはじめとするほとんどの国では、モノやサービスの対価としてお金を払う「貨幣制度」がとられています。しかし、初めから今のような整った制度があったわけではありません。昔はこの貨幣制度が存在しておらず、もっと簡易的な制度がとられていたのです。

今よりはるか昔、人々が狩りや農耕を主流としていた時代は、「物々交換」が行われていました。これが今日のお金の起源であるとされています。「物々交換」とは文字の通り、物と物を交換することです。

例えば、狩りが得意な人は、毎日肉を食べることはできても、農耕ができないので農作物を食べることができません。逆もしかりで、農耕が得意な人は農作物を食べることができても、狩りができないので肉を食べることができません。そこで、それぞれが得意とする分野で得た収穫物を交換することで生活をしていたのです。

お金の誕生②「物品交換」

本文:物々交換を中心とした生活をしていく中で、ある問題が発生します。それは、相手が必要としていないものであれば物々交換をしてもらえないということです。また「肉や魚は長持ちしない」などの理由から、物の価値にばらつきが生じるようにもなりました。

そこで新しく生まれたのが「物品交換」です。物と物を交換する「物々交換」から、貝や布など腐敗することがなく比較的価値の下がりにくい品と、物を交換する「物品交換」へと変わりました。

このように布や貝を用いることで、相手が物を必要としていない場合でも交換を行うことができるようになったのです。これは、現在のお金と似たような効果があり、お金が誕生する直接的な要因であるとされています。

「貨」「貯」「財」など、お金にまつわる漢字のなかに貝が入っているのは、中国では貝を使った物品交換が頻繁に行われていたからなのです。

お金の誕生③「貨幣制度」

しかし、「物品交換」も完璧なものではありませんでした。なぜなら布や貝などの物品は、簡単に製造したり手に入れたりすることができたからです。つまり、物と交換をしていなくても簡単に偽造することができるという問題が発生するようになりました。このように、「物品交換」は実用性に優れた制度に見えますが、不完全なものでした。

そこで、ついに誕生したのが「貨幣制度」。布や貝などの価値が曖昧になりやすい物品から、重さや形が統一された貨幣に変わったのです。

しかし、我が国日本において、この貨幣制度も初めから完璧なものではありませんでした。当初は、それぞれの地域に大名と呼ばれる権力者が存在し、統制されたそれぞれの地域ごとに異なった貨幣が作られ、一部の地域でのみ使えるだけのものでした。

では、どのようにして貨幣を統一することができたのでしょうか?これは、皆さんご存じの歴史上のある人物が大きく関わっています。その人物こそ天下統一を成し遂げた偉人、徳川家康です。天下を統一した家康は、貨幣の製造方法も全国で統一することにしました。
このようにして現在の貨幣制度が誕生したのです。

お金自体に価値はない!

via pixta.jp
いかがでしたか?お金が誕生する前、人々は物と物を交換することで生活をしていたのです。必要な物を得るためにはどうすればいいのかを考えながら、少しずつ形を変えて今の貨幣が誕生しました。

このことから、皆さんに考えてほしいことがあります。
果たして、お金そのものに価値はあるのでしょうか?

お金が欲しいという言葉をよく耳にしますが、「いくら欲しい。」「お金を手に入れてこれがしたい。」と具体的に答えられる人は案外少ないものです。

お金が欲しいとただ漠然としている人はなかなかお金を稼ぐことができません。なぜなら、お金そのものに価値はないからです。お金はあくまでも交換道具の一つでしかありません。お金を手に入れた先に何がしたいのかが明確でない限り、なかなか行動できないでしょう。

この記事を読み進めて、皆さんの意識も少し変わってきたのではないでしょうか?いままで、お金が欲しいと考えていた人は、ぜひ一度、「なぜお金が欲しいのか。」を書き出し、お金の向こうにある自分にとっての価値を改めて確認してみてはいかがでしょうか?
TOP