楽天Edyの基礎知識! メリットやデメリットについて

楽天Edyの基礎知識! メリットやデメリットについて

楽天Edyは楽天が運営する電子マネーのことを指します。ポイントカードやおサイフケータイにチャージをしって使うことができるのです。 キャッシュレス決済が当たり前になってきている中で、非常に使い勝手が良いものと言えます。今回はこれから楽天Edyを使いたい人のために、さまざまな情報を紹介していきます。
楽天Edyは楽天が運営する電子マネーのことを指します。ポイントカードやおサイフケータイにチャージをしって使うことができるのです。

キャッシュレス決済が当たり前になってきている中で、非常に使い勝手が良いものと言えます。今回はこれから楽天Edyを使いたい人のために、さまざまな情報を紹介していきます。

楽天Edyの特徴

楽天Edyと言っても、これまで使っていなかった人はどんなものなのか分からないと思います。こちらでは、楽天Edyの特徴について紹介していきましょう。これから楽天Edyを始めたい人は、ぜひ参考にして見てください。

年会費などは不要

クレジットカードなどは年会費などが必要なものもあります。しかし、楽天Edyは年会費などは不要です。チャージするだけで使用できるので、年会費などの心配をしている人は無用と言ってもいいでしょう。

クレジットカードなどはグレードが高くなると年会費が必要となります。年会費などを気にせずに使いたい人にこそ、楽天Edyはおすすめです。

使える店舗が多い

楽天Edyの魅力として使える店舗は多いというものがあります。キャッシュレス決済をしたくても、対応店舗が少なければ意味がありません。楽天Edyはすべてとまでは言いませんが、ある程度の店では対応可能となっています。

他のキャッシュレス決済は不可でも楽天Edyは対応しているという店舗も珍しくありません。そのため、使用店舗のことを考えたら楽天Edyは魅力的なのです。

ちなみに使える店舗の一例として以下を紹介します。
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・マツモトキヨシ
・マクドナルド

このように代表的な店はほとんど使えると考えてもいいでしょう。全国で使える店舗数は78万か所以上となっています。そのため、基本的にはほとんど使えると言っても過言ではありません。

決済が簡単

チャージして支払う。これだけで決済が可能です。

チャージした金額だけしか使えないので使いすぎることもありません。自分でチャージをして、お金のやりくりが上手になったという人もいます。

チャージした分だけが使えるので「これ以上使いたくない」という時にもおすすめです。使うだけのお金をチャージして、その金額でやりくりする人も多いです。

楽天Edyのメリット

こちらでは、楽天Edyのメリットについて紹介していきましょう。楽天Edyにはさまざまなメリットがありますが、その中の一部について紹介していきます。どんなメリットがあるのか知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

チャージできるクレジットカードが多い

楽天Edyを使用する際、おすすめされているものが楽天カードです。200円につき1ポイントが貯まります。

基本的に楽天Edyは対応しているクレジットカードが多いです。楽天カードがおすすめですが、楽天カード以外をメインに使っている人も問題なく使えます。

クレジットカードの種類は多いので、すべて対応可能とまでは言えません。しかし、代表的なクレジットカードはすべて使えると言ってもいいでしょう。

還元率が高い

なぜ、楽天カードがおすすめされているのか。それは還元率が高いからです。

1ポイントだけで考えると小さなものですが、買い物を続けるうちにポイントが貯まれば大きなものになります。そのため、ポイント還元率が高い楽天カードを使う人が多くいます。楽天Edyの使用者が多いのは、それだけポイント還元率が高いからでしょう。

オートチャージが可能

楽天Edyが使いやすいと言われる機能の中で、ひとつおすすめしたいものがあります。それはオートチャージ機能です。Edy機能付き楽天カードとおサイフケータイ付帯の楽天Edyであれば、オートチャージ可能です。

設定した残高以下になると自動的にチャージをしてくれるのです。そのため、支払いの時に残高不足で慌てることもありません。ただ、オートチャージということで若干使いすぎてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

楽天Edyのデメリット

楽天Edyにはメリットが多くあります。しかし、デメリットがゼロというわけでもありません。こちらでは、楽天Edyのデメリット3つについて紹介していきましょう。

端数の切り捨て

基本的に200円につき1ポイントが加算されます。しかし、1円でも200円に満たなかった場合は切り捨てられてしまうのです。極端な話ですが、199円の支払いでもポイントは加算されません。

598円の支払いだった場合、あと2円で3ポイント加算されます。しかし、2円足りないので2ポイントのままなのです。

この点は100円で0.5ポイントなどにするなどの改善が求められているようです。でも、システム面で買投げればなかなか難しいでしょうね。

残高確認が面倒

楽天Edyの残高を確認するためには、公式ホームページにログインする必要があります。そのため、急いでいる時などはこのログイン作業が面倒な部分があります。ログインのたびにIDやパスワードを入力しなければいけないので若干手間がかかります。

他にも残高確認をする方法はあります。セブン銀行のATM、Famiポートなどで残高確認ができるのです。どちらにしても、コンビニに行かなければいけないので手軽に残高確認はできないようです。

払い戻しは不可

楽天Edyにチャージしたお金は払い戻しができません。チャージしたら使い切らないといけないのです。ただ、チャージをして払い戻しをしてほしいという状態になるのは稀だと言えます。

チャージしすぎた、ということを防ぐためにもきっちり使う分をチャージしましょう。少額チャージを習慣づけることである程度こういった事態は防げるはずです。

楽天Edyの使い方

こちらでは、楽天Edyの使い方について紹介していきましょう。どのようなチャージ方法があるのかを知ることで、しっかりと使うことができるはずです。複数のチャージ方法があるので、自分に合ったチャージ方法を見つけましょう。

現金によるチャージ

現金によるチャージは一般的と言えます。楽天Edy加盟店で「チャージをしたい」と伝えれば、そのままチャージをすることができます。チャージ後に支払いをすることもできます。

ドン・キ・ホーテのマジカカードと同じようなものです。意外とこのスタイルを取っているカードや楽天Edyのようなものは多くあります。

クレジットカードによるチャージ

現金と並んで一般的になっているのが、クレジットカードによるチャージです。クレジットカードの情報をおサイフケータイのアプリで登録することで簡単にチャージができるので、比較的手間がかかりません。

iphoneなどからもチャージできるので、急いでいる時などはクレジットカードの方が素早いです。慣れている人は、クレジットカードがおすすめです。

ポイントによるチャージ

楽天ユーザーであれば、楽天ポイントなどが貯まっているのではないでしょうか。貯まったポイントはポイントとして使うこともできますが、楽天Edyにチャージすることもできるのでポイントを手持無沙汰にしているならチャージして見てはいかがでしょうか。

楽天Edyの公式サイトからチャージ申請が可能です。チャージしたポイントはおサイフケータイや加盟店で受け取ることができます。

楽天Edyの注意点

こちらでは、楽天Edyを使う際の注意点について見ていきましょう。
注意点をしっかり把握して、上手く活用するようにしてください。

使い切れないこともある

大金をチャージすると使い切れないことがあります。楽天Edyメインになっていれば問題ないのですが、たまにしか使わないであれば少額がおすすめです。

意外と使い慣れていない人が最初に多くのチャージをしてしまって、使い切れないことがあります。使い切るために無駄な出費になってしまったというケースもあるので気をつけましょう。

最初は使い勝手を確かめるためにも、ジュースやちょっとしたものを買う時に使いましょう。ある程度のところでは楽天Edyが対応していますが、まれに対応外のところもあります。地域によっては楽天Edyがコンビニくらいでしか使えない場合もあるのです。

公共料金の支払いなどは不可

楽天Edyは便利ですが、公共料金の支払いなどには使えません。クレジットカードでは公共料金の支払いなども可能なため、意外とそのまま使おうとする人もいます。楽天Edyでは公共料金の支払いが出来ないことを、後から知る人もいるのです。

事前に自分が使いたいものに対応しているかを知っておくようにしましょう。意外と調べてみたら、先述したようにコンビニくらいしか使えないという人も多くいます。地方であればあるほど、そういったケースが増えてくるので注意してください。

少額チャージがおすすめ

楽天Edyを使い慣れるまでは、少額チャージがおすすめです。少額チャージであれば、無理に使おうとするケースになりにくいと言えます。

先述したように、チャージした結果、使い道がないということにもなりかねません。チャージしたものは意外と『お金』という感覚がなくなってしまう人もいます。しかし、しっかりとした『お金』なので無駄な使い方につながるようなチャージは控えましょう。

最初は1,000円単位でのチャージを心掛けてください。実際に使っていく上で、どの店で使うべきかなどを見極めることができるようになります。初めのうちから「便利らしいから」ということで、多額のチャージをすると後悔しやすいので注意です。

楽天Edyを使いこなそう!

キャッシュレス決済が当たり前になり、楽天Edyも利用者が大幅に増えました。そのため、これまでは興味がなかった人も楽天Edyを使おうとしている人が増加しているのです。ただ、便利ではありますがすべての人に便利というわけではありません。

自分にとって便利なものかどうかを見極めてください。都心部にいる人であれば、楽天Edyを使って損はないでしょう。あと、楽天カードを使っている人にもおすすめです。ポイントをお得に貯めたいなら楽天カードの人は楽天Edyを使いましょう。
TOP