30代の貯金はいくらあれば良い?貯金額の目安や必要な費用について解説

30代の貯金はいくらあれば良い?貯金額の目安や必要な費用について解説

30代は結婚や出産などライフイベントが多く、なかなか貯金まで回らないことも多いでしょう。 周りの人がどのくらい貯金しているのかも気になるところです。 そこで今回は、30代の貯金の平均額や必要な資金、オススメの貯蓄方法について解説していきます。 必要な費用を把握し、自分に合った上手な方法で、賢くお金を貯めましょう。
30代は結婚や出産などライフイベントが多く、なかなか貯金まで回らないことも多いでしょう。周りの人がどのくらい貯金しているのかも気になるところです。

そこで今回は、30代の貯金の平均額や必要な資金、オススメの貯蓄方法について解説していきます。必要な費用を把握し、自分に合った上手な方法で、賢くお金を貯めましょう。

30代の貯金の平均額はいくら?

30代の人たちは、一体いくらくらい貯金があるのでしょうか。

30代の貯金額の実態

令和元年の金融広報中央委員会の調査結果によると、30代独身世帯と30代既婚世帯の平均貯金額は、それぞれ359万円、539万円、中央値は77万円、240万円でした。中央値を見ると、貯金額に幅があることがわかりますね。

実は、0代の約4割の人が、貯金ゼロという実態があります。年収と貯金額に比例関係はありません。年収300万円であっても、半数が貯蓄しています。つまり年収に関わらず、やりくり次第で貯金はできるということです。

緊急予備資金を貯めておこう

30代は何かと出費がかさむ時期です。できる範囲で少しずつ、緊急用に予備資金を準備しておくと良いでしょう。金額の目安は、給与の6ヶ月分と言われています。

1ヶ月の生活費を約20万円として計算すると、120万くらいあれば良いということです。万が一、急に職を失うなどの予期せぬことが起こった場合の備えとして必要です。まだ準備がない場合は、早めに備えておくと安心でしょう。

30代夫婦が必要なる資金

ライフイベントが多い30代。それぞれにかかる予算を前もって把握しておくと、計画も立てやすいです。

結婚~妊娠・出産費用

「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」によると、結婚費用のための貯金平均額は2人で317万2,000円という結果でした。結婚指輪や新居の準備などにどのくらいかけるかは、人によって大きく異なります。

全国の医療機関の出産費用の平均は、47万3,626円です。出産一時金として、健康保険から1児につき42万円支給されるので、負担は減らせます。

その他にもかかる費用として
・出産前の妊娠検診費用は、自己負担で約10万円。
・マタニティ用品やベビーグッズで5~10万円くらい。


妊娠・出産費用として、総額100万円くらい準備しておく必要があるでしょう。

マイホーム資金

家族を持つと、マイホームの購入を検討する人も少なくありません。物件価格の相場を知り、計画的に準備することが大切です。価格は、エリアや新築か中古かでも異なります。

住宅購入における主な費用は、登記や契約などの諸費用が物件価格の5~10%、頭金は、物件価格の2割程度を想定しておくと良いです。住宅ローンは自分たちの年齢も考慮し、よく相談して無理のないように組みましょう。

子供の学資資金

子供を大学まで行かせる場合の費用は、公立か私立かでかなり変わってきます。1人当たり240~1,000万円くらい必要とされています。目安として1,000万円あれば、どんな状況にも対応しやすいでしょう。

子供が生まれたら、学資保険に入ってお金を積み立てる人も多いです。児童手当を使わずにそのまま貯めておくだけでも、進学時などのまとまったお金が必要なときに助かるでしょう。

また子供の成長とともにかかる費用は増し、貯めるのが難しくなってきます。子供が小さいうちからコツコツ貯めておくようにしましょう。

長期的な視点で貯蓄しよう

大金がすぐに貯まることはありません。長い目で着実にお金を貯めることが大切です。

先取り貯蓄・先取り投資

給与から自動的に天引きされる「財形貯蓄」や「社内預金」はオススメです。はじめから引かれて給与をもらうので、ないものとして考えることができます。

また先取り投資は、非課税制度を活用した積立投資です。近年は銀行に預金しても、金利が低くてお金が増えません。積立NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)なでの長期投資は、ほったらかしでもOK。日々の相場状況や値動きをチェックして、投資のタイミングを計る必要はありません。

投資=ギャンブルという考えから、危険だと考える人もいます。ですが積立投資は、安定的なリターンを期待できる貯蓄方法です。

お金の専門家に相談する

家計の見直しや資産運用について、お金の専門家に相談するのも良い方法です。見えてこなかった問題がわかり、具体的な改善策がもらえます。

お金の不安や疑問を抱えているだけでは解決しません。実際に行動することで、解決の糸口が見えてくるでしょう。自分たちの老後など先行き不安な世の中です。だからこそ、自己判断せずに専門家の意見を聞いてみるのも有効な手段となります。

30代の貯金は、“効率よく貯める”が鍵

30代ともなると、家庭があれば、何かとお金がかかってきます。年齢的にも貯金をするなら、できるだけ早く始めることがポイント。できることからコツコツ続けていくことで、その先の10年20年後に差が出ます。
自分のライフスタイルに合った、継続的かつ効率的に貯める方法を実践してみてください。
TOP