【GooglePay】モバイルSuicaにチャージできない!簡単な対処法とセキュリティ

【GooglePay】モバイルSuicaにチャージできない!簡単な対処法とセキュリティ

GooglePayを使用したいのに、モバイルSuicaにチャージができない。 そんなときは、慌てず淡々と対処していくことがポイントです。 まずは、どのような表示が出るのか、確認していきましょう。
GooglePayを使用したいのに、モバイルSuicaにチャージができない。そんなときは、慌てず淡々と対処していくことがポイントです。

まずは、どのような表示が出るのか、確認していきましょう。

GooglePayのSuicaを使用するときに「エラー」の表示が出てくる

GooglePayを利用したいのに、「エラーが発生しました。しばえらくしてからもう一度お試しください。」などといった表示が出て、困ったことがありませんか?

これは、セキュリティの問題でエラーになっていることがあります。どのようなセキュリティなのか、きちんと知っておく必要がありますので、覚えておきましょう。

GooglePayがエラーになり、チャージできなくなる原因とは?

これにはさまざまな原因があります。まずは、電源を入れ直すことで、簡単に解決することも。

まだ解決しない場合、インターネット環境が悪ければ、このような状況に陥ることが考えられます。また、GooglePayアプリのアップデートが行われていたために、チャージができないといったこともあります。

それでもまだ解決しない場合、アプリのアインストールと再インストールを試してみるのも一つの手段です。

これでもまだ解決しない場合、クレジットカードやアプリ、Googleなどの登録情報に相違があることにより、チャージできないことも。

とくに、公共交通機関などの支払いにもよく使用されている「モバイルSuica」でチャージできないときの対処法などを例にあげ、見ていきましょう。

モバイルSuicaがエラーになる原因とは?

GooglePayの登録内容がきちんと記載されていなければ、エラーとなることがあります。たとえば、住所や氏名、電話番号などをきちんと記載していないことにより、一時停止されてしまうケースがあると言うこと。

その要因の一つに、ショッピングなどを利用するときにGooglePayでの決済時に、クレジットカードの住所や氏名が同じか、セキュリティ上使用する本人との照合が必要になってきます。

その照合方法がクレジットカード会社とGooglePayに記載されている住所や氏名などが一致しているかどうかを確認するためのものになります。

Googleで住所や氏名などが記載されているかを確認しよう

GooglePayを使用時に、きちんと住所や氏名が登録されているかは、手順を追って確認していきましょう。

まずは、Google、GooglePayでも同じ住所や氏名が記載されているか確認していきます。詳しい手順を記載していきます。

GooglePayの住所・氏名の登録手順

GooglePayのホーム画面から、設定を選びます。次に、「お支払いプロファイル」を選択し、そこに住所や氏名が記載されていなければ、記入しておきましょう。

手順はたったこれだけです。

あとは、クレジットカード会社とGoogleが住所や氏名を照合すれば、またチャージができるようになります。

登録情報をきちんと確認しよう

まずは、Google、GooglePay、そしてクレジットカードの登録情報に、相違がないか確認しましょう。この時点で、どれかに未記入のケースや住所などが更新されていない場合、電子マネーがチャージできなくなってしまいます。

必ず同じ氏名、住所などの情報が記載されていることを確認しておきましょう。あとは、しばらく時間を置いて情報が照合されれば、使用できることでしょう。

GooglePayからチャージできない場合、コールセンターに問い合わせてみる

これまでお伝えしてきましたように、さまざまな方法を試してみることからはじめて行きましょう。もし、どんなことを試してみたところで、やっぱりチャージできない場合、各種お問合せに連絡してみるのも一つの方法です。

まずは、自力で解決策を。それでも無理なら、早めにコールデンターへ問い合わせることで、案外簡単に問題が解決されることも。

GooglePayの電子マネーからチャージできない不安を、できるに変え、よりよくスムーズにスマートな支払いを目指していきましょう。
TOP