資金繰りに関する基礎知識とおすすめソフト3選!

資金繰りに関する基礎知識とおすすめソフト3選!

会社経営において重要なもの、それが資金繰りです。新しく起業しても資金繰りをどうすればいいのかということで頭を悩ませる人は多いです。経営のことで悩みを持っているなら、まずは資金繰りのことをしっかり把握するようにしてください。今回は資金繰りに関する基礎知識やおすすめソフトについて紹介していきましょう。会社経営をしっかりしたい人は、これから紹介する情報をしっかりと覚えておきましょう。
会社経営において重要なもの、それが資金繰りです。新しく起業しても資金繰りをどうすればいいのかということで頭を悩ませる人は多いです。経営のことで悩みを持っているなら、まずは資金繰りのことをしっかり把握するようにしてください。今回は資金繰りに関する基礎知識やおすすめソフトについて紹介していきましょう。会社経営をしっかりしたい人は、これから紹介する情報をしっかりと覚えておきましょう。

資金繰りとは

資金繰りはお金の流れをコントロールすることを指します。会社に入ってくるお金と出て行くお金をしっかり管理しないと経営は上手く成り立ちません。必要な時にすぐに使えるお金のことを指します。それでは、資金繰りについて見ていきましょう。

黒字倒産は資金繰りに問題あり?

業績が黒字でも倒産する会社もあります。黒字であれば倒産しないというわけではないのです。黒字倒産をする場合、それは多くのケースに資金繰りが原因とされています。すぐに使える資金がないために、従業員の給料、固定経費などが支払えずに結果的に倒産してしまうのです。

業績が良ければ会社として成り立つというわけではないのです。すぐに使えるお金があること、それが会社の中でも特に重要とされています。利益だけを見ていると、黒字倒産の可能性が出てくるので、しっかりと会社の資金状態について把握しておくようにしましょう。逆に利益だけを追い求めると、簡単に黒字倒産をしてしまう可能性があります。

資金繰りと経理処理の違い

資金繰りと経理処理を同じに考えている人も少なくありません。しかし、これは同じではありません。飲食店の場合、現金以外でもカードや電子マネーで支払う人もいます。現金で支払われた場合はすぐに現金が手元に残ります。しかし、カードなどの場合は1ヶ月から2ヶ月ほどのタイムラグがあるのです。

支払ってもらったお金は利益ではあっても、資金ではないことを覚えておきましょう。この違いを把握していない人が黒字倒産のリスクがあるのです。同じようなものと認識するのではなく、何が違うのか、どんな役割を持っているのかをしっかり把握できるようになってください。

資金繰りが悪化する理由

資金繰りが悪化する理由として、基本的には赤字状態が続くからと言えます。この場合は銀行から融資を受けられれば倒産は免れますが、融資を受けられないと倒産リスクが高くなります。

もうひとつは売り上げが急に伸びた時も資金繰りが悪化しがちです。一見すると収入が大きくなるように思えます。しかし、大きな注文などが入るとそれに合わせた仕入れも必要になります。つまり、すぐに使えるお金がないと大きな注文が入っても対応できなくなってしまうのです。

キャッシュフローとの違い

こちらでは、キャッシュフローに関する基礎知識を紹介していきます。経営者が必ず覚えておきたいもの、それがキャッシュフローです。

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは何なのか、それは資金の流れや現金の収支のことを指します。ただし、キャッシュフローという言葉の内容をしっかり把握していないと、正しく読み取り経営に活かすことはできません。その結果、資金繰りに悩んでいるという会社も少なくないのです。

キャッシュフローが重要な理由

キャッシュフローが重要な理由としてお金の出入りを正確に把握することができます。お金の流れを正確に知ることで、しっかりと経営をすることができます。

企業にお金が入ってくることをキャッシュイン、企業からお金が出て行くことをキャッシュアウトと言います。

これらの現金の流れの出入りをキャッシュフローと言うのです。キャッシュフローが重要とされるのは企業に入ってくるお金と出て行くお金をしっかり把握していないと支払いができなくなります。それはすなわち倒産への道を進んでしまうことです。

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフローには計算書があります。企業中心事業における資金の流れを営業活動によるキャッシュフロー、設備投資や事業投資など投資活動における現金の流れを示す投資活動によるキャッシュフローです。他にも資金調達など、借りたお金や返済金の流れを追う財務活動によるキャッシュフローがあります。

資金繰りの重要性

こちらでは、なぜ資金繰りが重要視されているのかを紹介していきます。なぜ資金繰りが重要だと言われるのかを知ることで、今後の経営にも役立つのではないでしょうか。

経営不安の解消

資金繰りが上手く行くこと、それは経営の安定に他なりません。設備投資や人材採用においても、資金の増額を気にしないといけません。資金の流れを明確にしていることでしっかりと必要な時に必要な資金を使うことができるようになるのです。

資金調達の改善

企業にも繁忙期や閑散期などがあります。どの時期にしっかり資金を用意しておくべきかを知ることで、しっかりと経営を盤石なものにすることができます。資金がなかったために仕事を受けることができなかったということにならないようにしましょう。

調達コストの改善

運転資金などを把握することで、当座貸越など短期借入を有効に活用できるようになります。資金の流れがしっかりしていれば、いくら返済で必要なのか、いつまでに完済できるのかなどが分かりやすくなっているからです。

資金繰り表の種類と作り方

資金繰り表と言っても、さまざまな種類があります。こちらでは、どのような種類があるのか作成方法なども合わせて紹介していきましょう。

年次資金繰り表

年単位の資金の増減や資金の動きを確認できる表です。期間が長いこともあり、会社の経営の根幹となるベース部分を考える指標ともなっています。経営を始めたばかりの会社であれば、年次と月次を作成して、1年間の会社の動きを把握するようにしましょう。

月次資金繰り表

月単位での資金の増減を確認できる表を月次資金繰り表と言います。職種によっては季節や月によって売り上げが変動するところもあります。そういったところの場合、月次資金繰り表を作成することで、資金繰りに苦労するのはいつなのかなどの把握が可能となっています。

日時資金繰り表

1日単位で資金の増減を確認資金繰り表のことを指します。毎日の資金の動きが分かり、資金が必要な時はすぐに調達に動くことができます。資金繰りに困りそうな時や、倒産を避けるための対策として作成されることが多いです。

資金繰りについて不安な点があれば、早めに作成をしておくことで倒産リスクを減らすことができます。

資金繰り表作成・管理のおすすめソフト3選

資金繰り表を作成するなら、ソフトを使用するのが一番です。資金繰り表の作成だけではなく、管理までしっかりとできるので会計ソフトをダウンロードして負担を少しでも減らしましょう。ただ、資金繰り表を作成できるソフトと言ってもさまざまなものがあります。こちらでは、その中で特におすすめしたいものについて紹介していきましょう。

弥生会計 21

会計ソフトを扱うのが初めての人、簿記に不安がある人は弥生会計21がおすすめです。会計ソフトで弥生会計と言えば、王道的なものと言っても過言ではありません。料金プランもスタンダード、プロフェッショナルとあるので自分のレベルに合わせて使用することができます。

帳簿付けや試算表、資金繰り表、また決算資料まで一括で作成できるソフトを探している人に、弥生会計21はおすすめです。会計ソフトとして定番と言われるだけあり、初心者でも扱いやすいようになっているのも魅力のひとつです。

クラウド会計freee

クラウド会計freeeは面倒な記帳作業から解放されたい人、経理業務をオールインワンでまとめたい人などにおすすめです。パソコンだけではなくスマホからでも確認ができるので便利です。料金プランはミニマム、ベーシック、プロフェッショナルと分かれています。ネットバンキングやクレジットカードの情報を登録することで、明細を自動取得してくれるため、経理の自動化が可能となり、入力作業がほぼ必要ないのです。

ミニマムプランにも資金繰り表作成が搭載されているので、リーズナブルに導入ができます。将来の資金繰り状況のシミュレーションにも役立つのでおすすめです。プロフェッショナルになると年額477,600円~と高額になっていきます。プランによって費用が変わってくるので、自分たちに必要な機能だけにしぼって決めるといいでしょう。

Gurinosuke

簡単に資金繰り表を作成したいのであれば、Gurinosukeがおすすめです。他の機能はいらず、資金繰り表や支払予定管理、現預金出納帳の作成だけで十分な人はGurinosukeがおすすめです。Gurinosukeには無料プランとプレミアムプランがあります。資金繰り表に特化しているということもあり、プレミアムプランでも月額1,650円となっています。

他の余計な機能はいらず、資金繰り表を作成だけに特化したもので十分であれば、このGurinosukeを選んでみてはいかがでしょうか。シンプルな仕様となっていて、初めて資金繰り表を作成する人でも簡単に作成することができます。分かりにくい会計ソフトは嫌だ、という人はぜひこちらのGurinosukeを候補にいれておくことをおすすめします。

資金繰りに関してしっかり覚えておこう!

資金繰りは会社経営に置いてもっとも重要なポイントです。この資金繰りを甘く見ている人ほど、会社経営で失敗すると言っても過言ではありません。そのため、資金繰りが及ぼす影響などはどんなものがあるのかなどをしっかりと確認しておくことをおすすめします。

経営に不安があるなら月次資金繰り表や日次資金繰り表など、短期間的な資金の流れをしっかりと追うようにしてください。資金の流れを曖昧にしていればそれだけ倒産リスクが高まります。利益と資金は決して同じではないのです。利益があるから大丈夫という考えを持っているなら、それはとても危険なので今すぐに捨てるようにしてください。
TOP