仮想通貨の今後はどうなる?将来の見通しと今後の対策とは

仮想通貨の今後はどうなる?将来の見通しと今後の対策とは

仮想通貨で資産運用を考えている人は、現状から今後の見通しをチェックしておくことは重要です。 盛り上がりを見せている仮想通貨ですが、実際今後はどうなっていくのか知っておきたいですよね。 仮想通貨が今後どのような動きを見せていくのか、さまざまな意見を参考にチェックしてみましょう。
仮想通貨で資産運用を考えている人は、現状から今後の見通しをチェックしておくことは重要です。盛り上がりを見せている仮想通貨ですが、実際今後はどうなっていくのか知っておきたいですよね。

仮想通貨が今後どのような動きを見せていくのか、さまざまな意見を参考にチェックしてみましょう。

ビットコインの今後予想

ビットコインは、2008 年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がインターネット上に公開した論文の中で構想が示され、それを受けて運用が開始された仮想通貨です。
仮想通貨の代表的な存在となるビットコインは、多くの人が知っている仮想通貨ではないでしょうか。比較的少額からスタートできるビットコインでの資産運用は、試してみたいと思っている人もいるでしょう。

ビットコインの現状、今後の見通し予想についてみていきましょう。

ビットコインの現状

ビットコインの現状は、手堅く値上がりしている状態です。2021年1月に一旦下落しましたが、2月にはさらに値上がりするという状態となっています。

この背景には、アメリカのテスラ社が15億のビットコインを購入したことが市場に影響をもたらしたことがあるんです。

2021年4月は、さらに上昇の推移がみられています。

ビットコイン決済は進んでいくのか

ビットコイン決済は、日本ではまだあまりメジャーとは言えませんがアメリカでは拡大の勢いがあります。アメリカでは、既にビットコインが身近となっていてビットコインATMが増えているほどです。

日本のスピードに比べて、アメリカなど世界ではどんどん身近になっていることから需要が高まっています。需要が増えるということは、価格が上がっていく要因となるという予想です。

ライトニングネットワークの影響

ビットコインが今後上昇していくと考えられる要因には、ライトニングネットワークの開発が進むということがあります。

ライトニングネットワークとは、送金速度や少ない金額の決済の送金手数料を安くするために開発されたシステムです。

このシステムが進むことで、現実的な社会に広がる可能性が高まっています。実社会で需要が高まれば、価格の上昇が予想できる要因です。

仮想通貨に対する有権者の見解

今後の仮想通貨は、どのような動きを見せていくのか有権者の意見も参考にしてみましょう。それぞれの見解なので、ポジティブな意見もあればネガティブに考える人もいます。

彼らの目線から考える仮想通貨の今後予測について、みていきましょう。

スティーブ・ウォズニアニック氏

アメリカ・アップル社の共同経営者である「スティーブ・ウォズニアニック氏」は、ビットコインは米ドルや金より優れていると発言しています。

通貨は政府が造幣を増やすことができることに対して、ビットコインは発行数の上限が決まっているため価値が安定していることが理由です。

スティーブ・ウォズニアニック氏の見解は、ビットコインに対してポジティブな見解を示していると言えます。

ノボグラーツ氏

ノボクラーツ氏は、仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタルの創業者です。2021年2月の時点で、年内に2倍以上に価格が上昇すると発言しています。

この見解の背景には、ビットコインの需要拡大があることがあり、今後企業のビットコイン保有率が高くなるということも発言しています。

ジョン・マカフィー氏

ジョン・マカフィー氏は、セキュリティーソフト「マカフィー」を開発するマカフィー社の創業者です。マカフィー氏は、2020年までにビットコインは100万ドルまでになるだろうという見解を示していました。

そんな強気な予測をしていたマカフィー氏ですが、その発言を撤回してビットコインについては期待していないという内容のネガティブ発言をしています。

仮想通貨それぞれの将来性

仮想通貨は、ビットコインだけではありません。ビットコイン以外の仮想通貨は、今後どのような動きをしていくのか気になりますよね。

それぞれの仮想通貨が今後どのような見通しをされているのか、みていきましょう。

イーサリアム(ETH)の今後

イーサリアムとは、ビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨です。ビットコインと似た動きをしているイーサリアムは、アップデートが順調であることから2021年も値上がりし続けると予想されています。

イーサリアムは、有名大企業がバックについていることからバックアップが大きいため、堅実に推移していくとの見方もされているんです。

リップル(XRP)の今後

リップルは、2020年12月アメリカ証券取引所から訴訟を起こされたことで、価格が30%下落しました。さまざまな取引所で取引きがストップし、リップルの価格は現在低い状態となっています。

しかし、リップルの強みである送金スピードや送金コストの低さなど国際送金での主要見込みも期待されているんです。

リスクを考慮しながら、リップルの動きに注目していきましょう。

モナコイン(MONA)の今後

モナコインは、2ちゃんねるで発祥したアルトコインです。そんな理由から、日本国内では需要が高い仮想通貨となっています。

モナコインもビットコインと同じような動きを見せていることから、値上がり傾向にあると見られている仮想通貨です。

ビットコインに影響することから、ビットコインの動きをチェックしながらみていくとよいでしょう。

仮想通貨の今後を参考に資産運用を考えていこう

今後、さらに仮想通貨の需要を高まっていくと見られています。そんな背景から、仮想通貨の値上がりは今後も続くという見解が見込まれている状況です。

今後の可能性を期待しながら、傾向をチェックして上手な資産運用をしていきましょう。
TOP