あなたの資産を1億円に!目指す方法と取るべき行動をご紹介

あなたの資産を1億円に!目指す方法と取るべき行動をご紹介

この不景気の世の中、なかなか思うように資産は増えませんよね。 ですので夢物語的に「1億円あれば」なんて考えつつも、目指す方法なんてないと諦めているのではないでしょうか? しかし、実は資産1億円というのは意外と現実的で、しっかりと目指す方法もあるのです。 以降の内容を、しっかりと刮目してご覧ください。
この不景気の世の中、なかなか思うように資産は増えませんよね。ですので夢物語的に「1億円あれば」なんて考えつつも、目指す方法なんてないと諦めているのではないでしょうか?

しかし、実は資産1億円というのは意外と現実的で、しっかりと目指す方法もあるのです。以降の内容を、しっかりと刮目してご覧ください。

資産1億円を目指す方法

では早速、資産1億円にはどのようなプロセスを用いればいいのか、その方法をご紹介します。

株式

資産1億円を目指す方法としては、最も現実的で身近にあるものだと言えるでしょう。具体的なやり方についてですが、つまりは成長しそうな企業の株を買って、値上がりした際に売り払ってしまうだけの話です。

ただしこれでは、運任せ以外の何物でもありません。株価上昇傾向にあるIPO株を狙う、社会情勢にアンテナを張り流行の銘柄を買う、いつまでもしがみつかず損切りが出来るようになるなど、コツを掴む必要があるでしょう。もちろん株式に対する勉強は必須で、何も知らないで稼ぐなど到底出来ません。

加えて、買う銘柄は複数に分散するのではなく、可能な限り絞り込むことが重要です。軍資金が多くあり、分散して十分な利益が見込めるのであればその限りではありませんが、それだけのお金があるなら手堅い投資でも1億円に達するのは難しくないでしょう。

FX

FXというのは、つまりは取引をした後にその通貨の価値が上がるか下がるかを読む資産運用となります。おそらく「手段さえ問わなければ」、資産1億円を目指す方法として最も手っ取り早い方法となるでしょう。

しかし、それほど多くない資金をレバレッジ25倍で運用しようものなら、相場変動によっては膨大な損が発生してしまう恐れがあります。よって基本的には手元にあるお金を使って、地道にコツコツと取引をしていくのが現実的でしょう。

コツとしては、「勝つ」よりも「どこまで負けを抑えられるか」が着眼点となります。相場が下がると、「いずれ上がる」となかなか損切りが出来ない方が少なくありませんが、多くはそのまま下落していくパターンが少なくありません。損が出れば、即座にその取引を捨てられるクレバーさが求められます。

投資信託

投資信託とは、つまりは「お金を預けておきますので、そちらで上手く運用してください」と、プロに投資をお任せするというものです。昨今、比較的リスクの低い資産運用として注目されており、特に働き盛り以降の年代に人気がある商品です。

しかし、ただ「任せる」と言っても投資信託の商品は多数存在していて、安易に選ぶととんでもない目に遭ってしまう可能性があります。そのため、口コミや掲示板等様々な場所から情報を仕入れ、実績がある且つ信頼性の高い商品を選ぶことが重要です。
具体的な商品の選び方については以下となります。
(1) 信託報酬や手数料が高いファンドはやめておく
(2) これまでの実績が優良
(3) 資産総額が継続的に増えているか
詳細を記述するならもっとポイントはあるのですが、投資信託についてまだ知識のない方を対象とするなら、上記をチェックするだけでも十分です。何せ目標額は1億円、少し臆病になるくらいでちょうどいいでしょう。

不動産投資

いきなりこのように言うのも何ですが、不動産投資は成功率としてはいささか低く、資産1億円を目指す方法としては少々リスクが高いと言えるでしょう。しかし、価格上昇の度合いによっては購入価格の50%超えなどもありえますので、投資金額によっては一発で1億円に達成することも少なくありません。

具体的なやり方についてですが、マンションなどの共同住宅を安く購入して値上がりした際に売り払う、また購入したマンション等の家賃を収入とする…などです。言うだけなら簡単そうに見えますが、専門的な知識と先見の明が求められることから難しく、これが「ハイリスク」の根拠となります。

ただし、小規模のアパート程度であれば購入価格も低く、価格の上昇や下落の影響を受けにくいと言えるでしょう。もし興味があるならアパートあたりから始めて、不動産投資を学びつつマンション経営を目指すのが最も1億円にたどり着く可能性の高いやり方となります。

貯蓄型保険

保険の性質を持ちながら、将来に向けて貯蓄が出来るという、言わば「保険と貯蓄」を一緒くたにした商品となります。終身保険、養老保険、学資保険などさまざまで、満期になればまとまったお金を受け取れます。

ただし、主軸となるのは「運用」というよりも「貯蓄」であり、まとまった資産形成とは行かないところがあります。ですので1億円を目指す方法としては弱いのですが、複数を掛け持ったり掛け金を引き上げるなどで、受け取りを1億円以上に達することは可能です。

もっとも、貯蓄型保険だけではなかなか難しいところがあるので、現実的なところでは貯蓄型保険と「他の資産運用」を平行していくことになります。若しくは、貯蓄型保険ばかりを複数加入しておくというやり方も、「もしもの時」も含めて安心出来ますので手段のひとつとなるでしょう。

専門職に就く

資産1億円を目指す方法としては極めて限定的ですが、狭い分野で活躍してお金を稼ぐというやり方もあります。医師で診療所を開設する、極めて狭き門の資格を取得して企業に名を置くなど、特定の条件を持つ方であれば、資産運用をしなくても1億円にたどり着けるでしょう。

しかし、単純にお金を貯めるだけになりますので、過程としては非常に困難となります。出来ることなら、特定の条件を満たしている場合であっても、他の資産運用と平行するとより1億円に至る過程は簡単となるでしょう。

資産1億円のために取るべき行動

資産1億円を目指す方法はいくつかありますが、方法だけを必死に頑張ってもなかなか目標に至ることは出来ません。目標に達するには、下記の取るべき行動を遵守する必要があるでしょう。

基本は「集中投資(貯蓄)」

何と言っても1億円の資産を目的としている訳ですから、少額を分散投資したところで利益はたかが知れています。それぞれを多額で分散投資出来るなら何も言うことはありませんが、それだけの資産があればネット銀行の普通預金でも1億円を目指す方法のひとつとなるでしょう。

しかし多くの方は限られた資金から投資をしなければならないことから、やはり基本は1箇所または2箇所程度への集中投資をするのがベターとなります。もちろん集中投資については、その銘柄の暴落によりたちまち損となってしまいますのでリスクがありますが、分散してしまうと手が届かないとなればこの方法しかありません。

もっとも、今ある資産をしっかりと精査して、分散投資でも状況により1億円に届くかなどを確認してからにしましょう。

節税を意識する

1億円ともなると、いろいろと税金が絡んでしまう可能性が高く、せっかく目標に達しそうでも税金により届かないなんてことがあるかもしれません。資産運用をするに際して天敵となるのが税金ですので、ここの対策は必ずしておいた方がいいでしょう。

具体的にはNISAやiDeCoなどの掛け金が上限までなら非課税、または所得税や住民税が軽減するなどのシステムを利用するということです。ただし、このような非課税並びに減税となる資産運用は、少額での運用が条件になりますので1億円を目指すには非現実的かもしれません。

しかし、何もすべてを非課税、減税のあるシステムを利用しなければならない訳ではありません。「使えるものは使った上で」、他の資産運用をすることで少しでも係る税金を減らすということです。

もし株式投資だけの場合、利益が出てもその内の20%という大金を国にせしめられます。資産運用をする側としては無駄でしかありませんので、本来搾取されるそのパーセンテージを少しでも減らせるなら、1億円規模ですし大きな利益となるのではないでしょうか。

必要経費を減らす

細かな話になりますが、日常生活に必要なお金等の必要経費を少しでも減らすのも、1億円を目指す方法の一貫となります。食費や光熱費、燃料代や付き合いに必要なお金など、節約出来る部分は身の回りにたくさんあるでしょう。

1億円を目指すのですから、そんな細かいことをしていても意味がないと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。積み重なれば多額となりますし、積み重なったお金を投資出来ていれば、1億円に届いていた…なんてあるかもしれません。

それに、普段から必要経費を減らすことで節約の意識が高まり、資産運用をする過程での無駄遣いも減るでしょう。人は多額のお金を持つとつい気が緩みがちですので、過程において大きな出費をしてしまう可能性も否定出来ないのです。

さらに細かいことを言うと、コンビニに寄ったりスーパーで余計な一品を買うのも控えた方がいいでしょう。あまり我慢をするとストレスになる恐れがありますが、何に重きを置くかを決断しているならそう難しくはないでしょう。

使うのは「余剰金」

資産運用のために「ボーナスをつぎ込む」、「退職金をすべて当てる」なんて声をよく聞かれるのではないでしょうか?

では、そのお金が資産運用により大きく目減りしてしまった…となると、その方の生活はどうなるのでしょう。何が言いたいのかと言うと、今後の生活費となるお金や目減りすることで立ち行かなくなるお金に手を出してはいけないということです。資産運用というのは、あくまで余剰金で行うものであって、命を削ってまでやろうとするものではないです。

ですので「今銀行に預けてあるけど効率の良い運用をしたい」、または「老後のお金で今は使い道がない」などのお金を利用するようにしましょう。目指すところは1億円であり、相応のリスクを伴う場合が多いことから、ギリギリの投資をしてしまうと詰んでしまう可能性が高くなるのです。

長い目で見る

投資で1億円を目指す場合、投資のやり方や元手の金額にもよりますが、大多数は紆余曲折あると思います。「株価が上昇した!」とか「業績が下がった、どうしよう」とか、その都度その都度一喜一憂してしまうのではないでしょうか。

ですが、目標はあくまで1億円です。多くはかなり長い目で見なければならず、その都度の一喜一憂がはっきり言って意味がありませんし、精神衛生上あまりよろしくありません。これから長く投資をしていくのに際して、神経をすり減らすのもどうなのでしょうか?

あまりご自身を追い詰めると、突拍子のない投資をしてしまう恐れがあります。リスク管理は必要ですが、いちいち一喜一憂せず長い目で見るという心構えを持っておくことが重要です。

「利益は多め無駄は少なめ」を意識しよう

資産1億円というのは、一応現実的な範囲とは言えども相当頑張らなければ達成出来ません。ですので今回ご紹介した目指す方法を踏襲した上で、利益は出来るだけ多く無駄は可能な限り少なくすることを常に意識しましょう。

一挙一動は小さくても、何十年も積み重なれば途方もない金額になるのです。
TOP