積立投資信託の手数料が気になる方おすすめ!手数料を抑える方法

積立投資信託の手数料が気になる方おすすめ!手数料を抑える方法

ここ最近は、コロナ禍で暇な時間が増えて何かしたいなと考えた結果、積立投資信託を始める方が多いようです。 この記事を見ているあなたも、同じように投資をやっているのではないでしょうか? それ以外にも、単純に積立投資信託を始めたいと思っている方や、やり始めてからまだ間もない方もいるかもしれません。 そんな方々が疑問に思う一つとして、手数料が気になるので抑えたい…… また、手数料の種類について知りたい方と感じる方もいらっしゃると思います。 そんな疑問について今回は解説していきますので、参考にしていただきたいと思います。
ここ最近は、コロナ禍で暇な時間が増えて何かしたいなと考えた結果、積立投資信託を始める方が多いようです。

この記事を見ているあなたも、同じように投資をやっているのではないでしょうか?

それ以外にも、単純に積立投資信託を始めたいと思っている方や、やり始めてからまだ間もない方もいるかもしれません。

そんな方々が疑問に思う一つとして、手数料が気になるので抑えたい……また、手数料の種類について知りたい方と感じる方もいらっしゃると思います。

そんな疑問について今回は解説していきますので、参考にしていただきたいと思います。
積立投信とは積立型の投資信託のことを言います。言葉の通り、毎月一定額の投資信託を購入しながら、積み立てていくことを指します。

積立投資信託の手数料には一体どのようなものがあるのか

積立投資信託の手数料には、大きく分けて2種類あります。具体的には、投資信託の運用お願いする投資家(私たち)が直接負担する手数料。そして、間接的に負担する手数料です。

それぞれ手数料や負担額が異なるため、把握が大切です。

まずは簡単にまとめましたので、ご覧ください。詳しい説明は、次の項で説明しますので参考にしてみてくださいね!
【直接的に負担する手数料】
1 販売手数料
2 信託財産保留額
【間接的に負担する手数料】
1 信託報酬

販売手数料

販売手数料とは、投資信託を購入するごとにかかる手数料のことを指します。積立投資信託を行う投資家が、申込金の数パーセントを手数料として払うケースが多いです。

申込金がいくらかかるのかについては、各証券会社で各々違うので確認してみてください。

後から触れたいとは思いますが、証券会社によっては手数料がかからないノーロード型投資信託を扱っているところもあります。

信託財産留保額

信託財産保留額は、投資信託を解約したときに支払う手数料のことを言います。一般的には、基準額の約0.2%~0.3%程度が、投資信託を換金した額から差し引かれるシステムとなっています。

信託報酬

続いては、間接的に負担する信託報酬です。信託報酬は、私たちの代わりに運用をしている会社に報酬として払う手数料のことです。

例えば、「信託報酬0.1%」という表記を見たことはないでしょうか?

保有している金額に対して年率0.1%が報酬として払われるケースが多いようです。この手数料は、投資信託がハイリスクであるほど高くなってきます。

あまり払いたくないと感じる方は、ハイリスクではない安定性があるインデックス型の投資信託を選ぶとよいかもしれません。

積立投資信託を行うにあたり手数料が安く澄むにはどうすればいいの?

ここまで積立投資信託の手数料について解説してきました。でも、できれば手数料は払いたくないですよね?

仮に運用がうまくいったとしても、手数料が高いと手元に残る金額が減ってしまいます。できれば、手数料は安いに越したことはないですよね。

そこで、手数料を安く済ませるための方法として、3つのポイントがあります。抑えておきましょう。

信託報酬の安いインデックス型を選ぶ

手数料が安く設定されているのは、インデックス型と呼ばれる投資信託です。価格が安定している分、ハイリターンは見込めませんがその分信託報酬が安いので初心者にはおすすめです。

信託財産留保額があるかどうか確認する

投資信託を販売している証券会社の中には、信託財産留保額がない会社も存在しています。換金時にお金を払う必要がないので、イコール手数料が減ってお得と考えるとよいでしょう。

ノーロード商品を選ぶ

こちらも証券会社によって異なりますが、同じような投資信託でもノーロード型のものがあります。ノーロード商品とは、手数料がいらない投資信託のことです。

本来かかる手数料を払う必要がないのはかなりお得です。是非、この点についても確認してみましょう。

積立投資信託をはじめてみよう

今回は積立投資信託の手数料について、種類と少しでも安くする方法について解説してきました。

投資は老後の資金を貯める上で、必要になってくるものだと思います。手数料について詳しくなったとおもいますので、是非この機会に本格的に投資を始めてみてはいかがでしょうか?
TOP