iDeCo(イデコ)の運用益も非課税?iDeCo(イデコ)の優れた節税効果!

iDeCo(イデコ)の運用益も非課税?iDeCo(イデコ)の優れた節税効果!

iDeCo(イデコ)は、多くの方がチャレンジしている資産運用になります。 安定して運用益を出すことができるメリットもありますし、節税効果も高くなっております。 この節税効果を知ったら、誰もがiDeCo(イデコ)にチャレンジしたくなるはずです。
iDeCo(イデコ)は、多くの方がチャレンジしている資産運用になります。

安定して運用益を出すことができるメリットもありますし、節税効果も高くなっております。

この節税効果を知ったら、誰もがiDeCo(イデコ)にチャレンジしたくなるはずです。

iDeCo(イデコ)の節税効果とは?

iDeCo(イデコ)は、高い安定性と最小限の労力でしっかりと資産運用することができる事で知られております。

また、iDeCo(イデコ)を利用することによって、様々な節税効果を得ることができます。

iDeCo(イデコ)の節税効果の種類をご紹介していきます。

掛金を全額所得控除できる

iDeCo(イデコ)では、iDeCo(イデコ)に使用した全ての掛金が全額所得控除してもらう事ができます。

iDeCo(イデコ)に使用した掛金は、所得から引かれることになりますので、所得額が少なくなります。

所得の額が低くなれば、その分、支払わなければいけない所得税や住民税などの金額も減ることになります。

運用益が非課税になる

iDeCo(イデコ)では、運用益も非課税になります。

一般的な資産運用方法などは、は、源泉分離課税として20.315パーセントの課税が課せられますがiDeCo(イデコ)の場合には、運用益は全て非課税となっております。

iDeCo(イデコ)のように利率が少ない資産運用であっても、しっかりと利益を受けとることができるのは、やはり非課税によるところが大きいと言えます。

受取時にも控除

iDeCo(イデコ)は、60歳までは受けとることができません。

60歳になると満期となり一括して受け取る一時金か分割で受けとる年金受け取りのいずれかを選ぶことができます。

一括して受け取ると退職所得控除の対象となり、分割で受け取ると公的年金等控除の対象となります。

節税効果がない人もいる

iDeCo(イデコ)は、高い節税効果がある資産運用方法です。

しかし、節税効果が得られない方もいます。

それは専業主婦の方であったり、無職の方など所得税を支払っていない方です。

支払っていない税金を節税することはできませんので当たり前ですね。

また、マイホームを購入した方で住宅ローン控除を利用している方も、同様に所得税を納めていなかったり、納付額がわずかな場合には、節税効果がありません。

また、一部を一括として受け取り、残りを分割として受けとるような場合にも、同様に控除してもらうことができます。

iDeCo(イデコ)の注意点

非常にメリットの大きい資産運用方法として知られているiDeCo(イデコ)ですが、他の資産運用方法と同様に、リスクも当然あります。

その為、iDeCo(イデコ)にチャレンジする前に、しっかりと注意点について理解を深めることは重要になります。

お金が足りなくなる

iDeCo(イデコ)は、節税効果が非常に高い資産運用方法です。

その為、課金できるマックスの金額まで掛金を設定してしまう方も少なくありません。

しかし、ライフスタイルを維持するためには、自分の生活スタイルに影響のない範囲にとどめておかなければいけません。

老後の資金は万全であっても、老後に至るまでの生活が劣悪な物になってしまっては意味がないのです。

途中解約できない

iDeCo(イデコ)は、自分で行う年金といったスタイルです。

その為、一般的な年金と同じく途中で解約することができません。

掛金は年に一度と限定付きではありますが、金額を設定することができますが、iDeCo(イデコ)自体は続けなければいけません。

毎月5,000円を支払い続けるか、支払いを0円にできたとしても、口座の維持費は知腹はなければいけませんので、痛い出費となります。

まとめ

iDeCo(イデコ)は、非常に高価的な資産運用方法であることは間違いありません。

節税効果に将来の蓄えもできますので、利用できる範囲内で積極的にチャレンジしていきましょう。

まずは少額から初めて、大丈夫だとおもったら徐々に増やしていけば、安全に運用することができますのでおすすめです。
TOP