20代で貯金を始めましょう!20代で貯金をすべき理由を説明します

20代で貯金を始めましょう!20代で貯金をすべき理由を説明します

20代は、初めて定期的に給与が入り始める時期です。 しかし、同時に自由にお金を使うことができる時期でもあります。 どうしても貯金は後回しになってしまうかもしれません。 しかし、20代に貯金を始めておくとで将来が大きく変わります。 今回は、20代で貯金を始めるべき理由、そしてそのメリットについて解説します。
20代は、初めて定期的に給与が入り始める時期です。

同時に自由にお金を使うことができる時期でもあります。どうしても貯金は後回しになってしまうかもしれません。しかし、20代に貯金を始めておくとで将来が大きく変わります。

今回は、20代で貯金を始めるべき理由、そしてそのメリットについて解説します。

20代で貯金を始めるべき理由

20代は、今後起こりうるライフイベントや人生の転機に備え、貯金を始める絶好の時期です。その理由を3つご紹介します。

ライフイベントに備える

現在は独身で一人暮らしかもしれませんが、将来のライフイベントに備える必要があります。厚生労働省によると、日本の平均初婚年齢は、男性が31.1歳、女性が29.4歳です。

また国土交通省の「平成30年度住宅市場動向調査報告書」によると、戸建、マンションともに50%近くが30代で購入していました。つまり30代以降には、大きな出費を要する複数のライフイベントが控えています。

その時の資金を用意しておくためには、20代から計画的に貯金を始めておく必要があります。

将来の飛躍のときに備える

将来、自分自身が成長するためにも、20代の貯金は必要です。終身雇用が当たり前であった時代は終わり、現在はより良い職場を求めて転職する人が増えています。

実際、内閣府が公表しているデータを見ると、30代以上の過半数が最低でも1回の転職を経験していました。(https://www5.cao.go.jp/keizai3/2017/0118nk/n17_2_1.html

また、独立起業する人も増えています。転職を意識したスキルアップや起業には、どうしてもお金が必要です。手元にお金があると、余裕を持った自己投資が可能になりますし、起業時の自己資金にもなります。

そのためにも、20代で貯金を始めておくことが重要だと言えるでしょう。

老後資金に備える

20代で貯蓄の習慣を身につけておくと、将来の資産運用にも役立ちます。人生100年時代に突入し、年金だけでは普通の生活ができなくなる可能性があります。そのため、高齢になっても一定の収入を得る方法として、資産運用が必要です。

株や不動産は、長期運用が手堅く資産を増やす方法の1つですが、元手となる資金が必要となります。その資金を生み出すのが、貯金です。まだ老後資金のことを考えるのは早いと思うかもしれませんが、20代に貯金のスタートを切っているか否かで、40年、50年後に大きな差が生まれるでしょう。

20代で貯金を始めるメリット

20代で貯金を始めておくと、将来の選択肢が広がります。そのメリットを3つご紹介します。

将来の不安が解消される

もし半年分の生活費だけでも貯金ができていると、病気や怪我で仕事ができない、あるいは転職のために仕事をやめたとしても余裕ができます。将来の不測の事態に備えておくことで、不安が解消されることでしょう。

結婚相手として意識してもらえる

貯金ができる人は、人生のパートナーからはやりくり上手、しっかり者という印象を持ってもらえます。お金目当てに結婚相手を探す人は避けたいですが、堅実な相手を求める人とは良い関係を築いていくことができるでしょう。

経済的自由を手に入れることができる

「バビロンの大富豪の教え」のなかに、次のような一節があります。
「家族と自分の将来のために、収入10分の1以上を蓄える者の元には黄金は自らを膨らませながら、喜んでやってくるだろう」

つまりお金を大切にし、貯金をする人のところにはお金が集まってくるであろう、という意味です。若いうちに貯金習慣を身につけておくと、将来お金で心配しなくても良い、経済的自由を手に入れることができるようになるでしょう。

まだ貯金始めていないなら、絶好の開始時期はいますぐです

20代で貯金を始めるべき理由、そのメリットを紹介しました。20代で貯金を始めるデメリットは、ありません。

もしまだ貯金を始めていないのであれば、いますぐ貯金を開始することをお勧めします。今日という日が、人生を大きく変えるその日となるでしょう。
TOP