ふるさと納税とは?税金の仕組みを理解してから利用しよう

ふるさと納税とは?税金の仕組みを理解してから利用しよう

ふるさと納税はテレビCMでも聞くようになり、名前くらいは聞いたことがあるでしょう。 しかし仕組みが複雑そうだと感じているかもしれません。 初めてふるさと納税をする方は、ふるさと納税の仕組みを理解しておきましょう。 税金の仕組みは難しくなく、理解すればスムーズです。 毎年関係してくる可能性もあるため、サクッと理解しておいてください。
ふるさと納税はテレビCMでも聞くようになり、名前くらいは聞いたことがあるでしょう。しかし仕組みが複雑そうだと感じているかもしれません。

初めてふるさと納税をする方は、ふるさと納税の仕組みを理解しておきましょう。税金の仕組みは難しくなく、理解すればスムーズです。毎年関係してくる可能性もあるため、サクッと理解しておいてください。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は、2008年から寄附が始まりました。実際に利用する人は年々増えており、多くの人が注目しています。まだ利用したことがない方は、ふるさと納税の基礎から学んでみましょう。

好きな自治体に寄附できる

ふるさと納税は、好きな自治体を選べます。

通常の納税は住んでいる地域だけですが、ふるさと納税を利用すれば全国に寄附が可能です。地元を離れた方が、故郷の自治体に寄附するやり方もあります。

ふるさと納税は税金を納めるのではなく、寄附という形です。寄附には控除が適用されるため、利用すれば一定の税金還付や控除が得られます。

寄附するとお礼品がもらえる

ふるさと納税で自治体に寄附すると、寄附のお礼品がもらえます。お礼品は、地域によって異なり、特産品や地域サービスなどです。何を返礼品に選ぶかは自治体の自由で、幅広い返礼品が登録され選ぶ楽しみがあります。

ふるさと納税を利用すると、普段利用しないような地域の特産品の利用頻度が高まります。国内産の高品質な返礼品も多く、地域経済の活性化のためにもおすすめです。

復興支援ができる

ふるさと納税の返礼品は、自治体によって復興支援もあります。使い道は自治体にお任せとなりますが、災害に合った方の役に立つ寄附が可能です。災害時に寄附が遅れてしまった場合でも、ふるさと納税なら対象期間に寄附できます。

ふるさと納税の税金の仕組み

ふるさと納税が注目される理由は、返礼品がもらえて税金の使い道が選べるためです。手続きをすれば、税金の還付や控除が受けられます。税金の仕組みを理解して、ふるさと納税をお得に利用してみましょう。

実質自己負担額は2,000円

好きな自治体に税金を前払いする方法で、翌年の住民税や所得税から引かれます。所得税は翌年の6月までの一括還付で、住民税は翌年6月から1年間分の控除です。

ふるさと納税を利用すると、控除上限額内で自己負担額が2,000円になります。たとえば40,000円まで控除対象で40,000円寄附すると、2,000円を引いた38,000円分が所得税の還付や住民税で控除されます。

38,000円の税金が安くなったわけではなく、後からの還付や控除です。

つまり2,000円を負担して、自治体の返礼品をもらえる仕組みです。2,000円以上の価値のある返礼品が多く、ふるさと納税はお得だと考えることができます。

控除上限額での利用がおすすめ

ふるさと納税を利用するなら、控除上限額までの利用がおすすめです。上限を超えた分は自己負担になり、お得にはなりません。

いくらが控除上限額かは、年収や家族構成により変わります。ネット上にあるシミュレーションを使って、上限額を割り出しましょう。大まかに割り出す方法と、詳細な金額まで出してくれるシミュレーションサービスがあります。

控除申請は2タイプ

ふるさと納税の控除を利用するなら、2つの申請から選びます。確定申告する方法と、ワンストップ特例を利用する方法です。

サラリーマンの方なら、ワンストップ特例が利用可能で、確定申告は要りません。医療費控除などで別途確定申告する予定なら、サラリーマンでも確定申告を選びましょう。

ワンストップ特例は条件があるため注意してください。1年間の利用は5自治体までで、それぞれの自治体に申請書を郵送していることが条件です。

ふるさと納税の仕組みを理解しよう

ふるさと納税の仕組みは、一度理解してしまえば安心して使えます。何となくお得だと思って使うと、自己負担額が増えて損しているかもしれません。きちんと仕組みを理解して、お得な使い方をしましょう。
TOP