食費を月1万円に?!驚くべき節約の実践方法をお教えします!

食費を月1万円に?!驚くべき節約の実践方法をお教えします!

生きていく上で食べることは非常に重要ですが、生活において1番節約できるのは食費です。特に外食がベースの生活よりも、自炊を中心にした生活の方が食費を削れます。 食費はポイントを押さえた節約術を身につければ、誰でも上手に削ることができるんです。 今回は、食費を月に1万円に抑えるためのコツを分かりやすくお教えします。
生きていく上で食べることは非常に重要ですが、生活において1番節約できるのは食費です。特に外食がベースの生活よりも、自炊を中心にした生活の方が食費を削れます。

食費はポイントを押さえた節約術を身につければ、誰でも上手に削ることができるんです。
今回は、食費を月に1万円に抑えるためのコツを分かりやすくお教えします。

食費を月1万円に抑えることはできる?

食費は家族が多ければ多いほどかかり、節約するのに体力と忍耐力が必要になります。けれどそれは無理してストレスを抱えながら実践する方法で、これでは長続きしませんよね。

食費を月1万円にすることは一人暮らしなら無理なくできて、余りを趣味に使うこともできます。ここでは、食費を月1万円に抑えることはできるのか?その真相に迫っていきます。

食費を月1万円にすることはできる

食費を月1万円にすることはできるのか?結論からすると、月1万円にはできます!ただ食費を抑えるための節約術が身につくまでは、忍耐力が必要になるので覚悟が必要です。

毎月数万円を食費に使っていた人は、食費月1万円をはじめた最初はかなりストイックです。はじめれば徐々に慣れてくるので、段々と無理なく自然と節約を続けられるハズです。

食費を月に数千円まで減らすこともできる

食費を月1万円に抑えると聞いただけで、本当にそんなことができるの?!と驚きを感じる人の方が多いハズです。しかし、食費を月に数千円まで減らすなんて人も実在するんです!

要は食費を節約するのに必要なことは、節約術はもちろんですが忍耐力とアイデアも重要になってきます。ストレスを抱えず美味しく節約する方法を編み出す必要もあります。

食費を月1万円にするには節約術を身につける

食費を月1万円にするには、まず基本的な食費の節約術を身につける必要があります。これは一人暮らしに関わらず、節約したい全ての人に当てはまることなので覚えましょう。

主婦、学生、社会人まで誰でもやる気さえあれば実践できる方法で、できることからやってみるのも良い方法です。次項から説明していくので、1つずつ自分のペースで構わないのでやってみてください。

食費を月1万円に抑える方法は?

食費を月1万円に抑えるには、ただやみくもに節約するのではなくコツがあります。食費を月1万円にしたいがあまりに健康が損なわれてはいけないので、バランスは重要です。食費を月1万円に抑えるコツは、既に日々自然とやっていることもあって誰でも挑戦できます。

ここでは、食費を月1万円に抑える方法について詳しく教えていきます。

安価なものを主食にする

食費を月1万円に抑える方法の1つ目は、毎日の主食を安価な食材にすることです。お米や小麦はその時々で値段の上がり下がりがあるので、安い価格のときを選ぶと良いでしょう。

お米は安いときに買って、炊いて冷凍保存すれば長持ちします。2kgより5kgの方が価格もお得になります!小麦はお米が高い際におすすめで、うどんやパンに調理ができますよね。

安価なものを主食にする際に、調理して食べるだけでなく多めに作って冷凍保存ができることも嬉しいポイントです。手打ちうどんや食パンを1食ずつ小分けにしておけば、数日間の主食分は作らなくても良いので、ご飯の支度もラクですよ。

パンは手作りにする

食費を月1万円に抑える方法の2つ目は、安価な主食でもお話ししましたが小麦を使い主食を調理することです。小麦はうどんも作れるし、単価の高いパンも手作りができるんです。

朝はパン派という人は毎日のパンを買うだけでかなりお金がかさみます。でも小麦で手作りパンにすればしばらくの間食費の節約にもなるし、多めに作ったパンを冷凍もできますよ。

うどんやパンも冷凍保存できる点は嬉しいポイントですが、パンはアレンジが利いた調理も可能なので、惣菜パンを作って冷凍して2、3日は食べることができます。お昼の主食を惣菜パンにすれば、手軽にランチとして持ち運べて便利なのでおすすめです。

卵料理を増やす

食費を月1万円に抑える方法の3つ目は、主食とは別におかずの卵料理を増やすことです。卵はボリュームもあって栄養価も高く、何よりもタンパク質を摂取できることで人気です。

普段は高い卵も特売日で安く買ったり、バラ売りで1個数十円で買うこともできます。ほかには鶏肉やツナも安くタンパク質が摂取できますが、価格の安さは卵が1番なんですね。

卵は調理の幅が広いので飽きがこないのも嬉しいんです!目玉焼き、玉子焼き、かに玉、スクランブルエッグ、卵かけご飯など毎日メニューが変えられて便利な食材ですよ。

野菜は無人販売・特売日に買う

食費を月1万円に抑える方法の4つ目は、野菜の購入場所を最安値な場所にすることです。例えばスーパーではなく無人販売は、1袋に数個入って100円なんて驚きの価格なこともあります。

最近は異常気象で野菜の価格が高騰していますよね・・・これは家計の食費に大打撃です。スーパーで買う際も特売日限定にし、その日に安い野菜を選んで買うのが節約のコツです。

無人販売やスーパー以外に、近所の個人でやっているような八百屋さんも実はおすすめです。思いがけない安い野菜に出会ったり、常連さんには値切ってくれたりすることもありますよ。

ヨーグルトを手作りにする

食費を月1万円に抑える方法の5つ目は、何気なく食べているヨーグルトを手作りすることです。ヨーグルトは簡単に自宅で手作りすることができるので、ぜひ1度挑戦しましょう。

自宅のプレーンヨーグルトが9割くらいの残量になったら、そこへ牛乳を加えて混ぜます。
40度くらいの暖かい場所へ置き半日ほど放置すると、自然にヨーグルトができるんです!スーパーの果実入りよりもプレーンヨーグルトの方が、単価が安く食費節約におすすめです。

おやつは手作りを中心にする

食費を月1万円に抑える方法の6つ目は、小腹が空いた際のおやつを手作りにすることです。おやつは食べる人と食べない人がいるので、毎日欠かせない人は作ってみましょう。

例えばパンケーキはボリュームもあって冷凍もできます。食パンの耳を薄い油で揚げてシュガーをまぶせばシュガーラスクが出来ます。小麦と薄力粉があればスコーンやクッキーも可能です。

調味料も手作り

食費を月1万円に抑える方法の7つ目は、1本の単価が高い調味料を手作りすることです。大豆や小麦玄米や醤油麹に水と塩があれば、醤油が手作りできることはご存知ですよね!

醤油、みりん、酒、鰹節があれば、めんつゆが作れるし、ドレッシングの手作りも可能です。卵とビネガーと塩胡椒があればマヨネーズも作れるし、アレンジ次第で種類も豊富になります。

ご飯は炊いて冷凍する

食費を月1万円に抑える方法の8つ目は、安価な主食の際にお話ししましたが冷凍ご飯をストックすることです。お米は冷凍すると劣化を防いでくれて、長持ちする主食です。

毎回その都度お米を炊くと電気代もかかるので、何食分が多めに炊いて冷凍しておけば光熱費の節約にもなります。お米は電子レンジで数分で解凍できて美味しく食べられますよ。

お弁当のおかずは作り置き

食費を月1万円に抑える方法の9つ目は、毎日のお弁当のおかずを作り置きすることです。特に社会人はお弁当率が高く、外食の人はお弁当に切り替えれば食費節約になります。

お弁当のおかずはわざわざ専用で作るのではなく、夕飯を多めに作りお弁当分も取ります。
きんぴらやひじきなど副菜もあると良いですよね!小分けにして数日分保存しましょう。

食事のおかずは調理して冷凍しておく

食費を月1万円に抑える方法の10個目は、毎日のおかずを調理して冷凍しておくことです。これは前の晩の余ったおかずを冷凍しても良いし、多く調理して作り置きするのもおすすめです。

毎日調理するとガス代がかかるので、作り置きをすることで光熱費の節約になります。数日分作り置きして食べたらまたストックするだけで、食材に無駄がなくガス代も浮きますよ。

1日2食にする

食費を月1万円に抑える方法の11個目は、毎日の食事の回数を1日2食にすることです。しかし1日2食にするにはコツがあり、むやみに行うと健康を害する恐れもあるので注意が必要です。

例えば学生なら、朝は寝ていて朝食抜きでお昼と夕食。社会人なら、朝は食べて昼は忙しくて食べそこなって夕食や、昼のタイミングがズレて夕食が入らないなんてことがあります。

ほかにも昼に食べ放題で食べて夕飯はお腹いっぱいで抜いたり、夕飯でお腹いっぱいだと朝食が抜きになったりもします。1日の1食が減るだけで自然と食費の節約になります。

無料で手に入るものは貰っておく

食費を月1万円に抑える方法の12個目は、スーパーやコンビニなどで無料で手に入れた食材の活用をすることです。購入商品についていたり配布されていたりすることがあります。タダより安いものはないので調理に使える食材、飲料、おつまみ、缶詰など、たまに無料で手に入るものはどんどん貰って使いましょう!

店頭では1つ100円の試供品も、いくつも溜まればそれだけで数百円や数千円の節約になります。あえて商品に試供品やサンプルつきを選んで買うのも節約のポイントですよ。

食費を月1万円に抑える際は無理しない範囲で実践しましょう

食費を月1万円に抑えるための節約方法をお教えしましたが、いかがでしたか?特売日に買い物をするなど、普段から自然に実践していることもありますよね。お菓子作りが好きで既に手作りはしている、なんて人はそのまま続けることで食費節約になります。

主食は安価な種類を選んで食べることがおすすめで、卵料理は時短で栄養が摂取できます。お弁当やご飯のおかずは、多めに調理して冷凍の作り置きが食費節約の鍵です。まずは自分のできそうな項目から選んで、月1万円食費を目指してはいかがでしょうか。
TOP