【気になる!40代の貯金方法】理想の貯金額をめざそう!

【気になる!40代の貯金方法】理想の貯金額をめざそう!

40代になると、老後の資金のためなどの貯金額が気になってきますね。 40代の皆さんは、平均的にいくらくらいの貯金を持っているのでしょうか? 貯金が少ない方も、まだ大丈夫です。 これから貯金や資産運用をしていけば良いのです。 以下で40代のみなさんに必要な、お金にまつわる情報をまとめました。
40代になると、老後の資金のためなどの貯金額が気になってきますね。40代の皆さんは、平均的にいくらくらいの貯金を持っているのでしょうか?貯金が少ない方も、まだ大丈夫です。

これから貯金や資産運用をしていけば良いのです。以下で40代のみなさんに必要な、お金にまつわる情報をまとめました。

40代の平均貯金額と予定支出額【独身者と夫婦で比較】

同じ40代でも、収入&支出状況は、独身か夫婦かで変わります。下記では、独身世帯と夫婦世帯の2通りに分けた、収入&支出予定状況をご紹介します。

独身世帯

2019年度の40代独身者の平均貯金額は、255万円です。これは令和元年に実施された金融広報中央委員会の調査によります。独身者は「手取りの5~10%を貯金している」人が最も多いという調査結果もあります。

独身者の方は、お子さまがいない分、次項のような子どもの教育資金はかかりませんが、老後資金の心配は、みなさん同じです。老後の資金は、1人およそ3,000万円必要だと言われています。

夫婦世帯

2019年度の40代夫婦二人以上の世帯の平均貯金額は、293万円です。夫婦世帯では「手取りの10~15%を貯金している」人たちが最も多いという調査結果です。40代のご夫婦世帯で、一番大きな出費とは、お子さんの教育費と老後資金の用意でしょう。

まず、教育費。

大学までの教育費は、1人およそ1,000万円と言われています。そのうち、大学の学費が、国立大学だと242万5,200円。文系の私立大学だと397万7,697円と言われます。理系の私立大学になると、500万円以上の学費がかかります。

老後資金に関しては、独身世帯の老後資金と同じです。それを2倍した金額が、ご夫婦の老後資金の目安になります。

教育資金や老後に向けて貯金が必要な40代|賢い貯金方法の2ポイント

賢く貯金をしていくためには、まず基本的な考え方を改める必要があります。お金に対する意識が変わると、具体的に貯蓄を始めやすくなります。

現状を把握してムダな出費をなくす

貯金を実行していくときに大切なことは、今の総収入&総支出を把握することです。そのためには、スマホで家計簿アプリをつけたり、Excelで手作り家計簿を作ったりして、お金の記録をしていくことが、確かな貯金のための第一歩です。

固定費を見直す

固定費とは、毎月、定期的に支払う各種料金のことです。電気料金・通信料金・保険料金などがあります。電気や通信などは、一度、各社を比較してみましょう。

また、保険料に関しても、この機会によく見直しをしてみましょう。公的な保障でカバーされる保障と、保険の保障内容が被っている場合があるからです。今、加入している保険が本当に必要な保険なのか、今一度検討してみましょう。

40代でお金を増やす方法~つみたて型の資産運用

投資というと、大きなお金を一度に動かすようなイメージがあるかもしれません。しかし、積立型の資産運用ならば、毎月少額のお金で、投資ができます。将来の資金を増やすためにトライしてみませんか。

「NISA」と「つみたてNISA」

「NISA」と「つみたてNISA」は、老後の資金を貯めるために、国も推奨している制度です。

投資から得られる利益の税金が非課税になります。普通、投資で得た利益には、20%ほどの税金がかかります。しかし、NISAやつみたてNISAは、税金が免除されます。

特に、つみたてNISAは少ない金額から始めることができるので、投資初心者におすすめの制度です。

積立投資信託

投資信託とは、いくつかの株式をパッケージにして買い、運用する方法です。何種類かの株がパッケージされているので、株の単品買いよりも、もし損失がでても、ダメージを抑えることができます。

1つの株価が下がっても、他の株価の値動きが悪くなければ、下がった株価をカバーしてくれるからです。
それが、投資信託の良いところです。積立型の投資信託なら、毎月少額から始めることができます。

まだ40代!これから貯金や運用をしていこう

40代からの貯金の平均額や、貯蓄のためのコツなどをお伝えしてきましたが、いかがでしたか。まさに40代の貯金は、その重要性に気づいた、今から!すぐに対応することが大切です。

今は国が後押しする、投資制度「NISA」などもあります。上手に利用して、未来の資金を増やしていきたいですね。
TOP