短期投資で株は向いている?メリットやデメリットについて

短期投資で株は向いている?メリットやデメリットについて

短期投資で株をするメリットやデメリットってどんなものがあるのでしょうか。 株は短期投資に向いていないと考えている人もいますよね。 でも、実際はメリットもあるんですよ( `―´)ノ 今回はどんなメリットやデメリットがあるのかと紹介していきましょう( *´艸`)
短期投資で株をするメリットやデメリットってどんなものがあるのでしょうか。株は短期投資に向いていないと考えている人もいますよね。

でも、実際はメリットもあるんですよ。

今回はどんなメリットやデメリットがあるのかと紹介していきましょう( *´艸`)

短期投資で株をするメリット

こちらでは、短期投資で株をするメリットを紹介しますね。どんなメリットがあるか知らない人は参考にしてみてください!

財務分析が不要

銘柄選びのサイン、テクニカル分析の手法を利用して選定します。でも、これって結構面倒なんですよね。短期投資であればこの面倒な財務分析が不要なんです!

証券会社が提供しているスクリーニングだけで問題ないと言えます。長期投資の場合はテクニカル分析が必要ですけどね(;^ω^)

損益確定が早い

短期投資の最大の魅力は損益確定が早いということです。慌ただしい取引方法ではありますが、損益確定が早いことで利益につなげることができます。

損失についても大きくなる前に見切りをつけて最小限の損で終わらせることができるのです。

難しくない

株式投資は難しいと言われていますが、比較的簡単です。簡単というと語弊があるかもしれませんが、決して難しいものではありません。分からない状態だから余計に難しそうに感じるんです。

実際に私もしてみるまでは難しいというイメージしかなかったんですけどね。今では詳しいとまでは言えませんが、それなりに分かってきているような感じですよ~(笑)

短期投資で株をするデメリット

こちらでは、短期投資で株をするデメリットについて見ていきましょう。どのデメリットも短期投資ならではのものばかりですね(´-∀-`;)

優待や配当がもらえないこともある

短期投資は売買を繰り返すので、株主優待や配当金を受け取れない場合があります。権利確定日に株を保有していないとこういったこともあるようです。

短期投資を繰り返して権利確定日に株を保有している人のみが株主優待などで配当金などをもらえるのです。

大きな利益につながらない

短期投資は大きな利益になる前に売買を繰り返します。そのため、少額のリターンは入りますが大きな利益にはつながりません。

大きな利益を出したいなら、相応の年数を投資する必要があるのです(;´・ω・)

手数料が高い

短期投資は先述したように売買を繰り返します。そのたびに手数料がかかってしまうので、結構大変なんですよね。証券会社によっては1つの取引のたびに手数料が発生します。

稀に1日定額などがありますが、1日定額ができる証券会社の場合は短期投資の時は設定しておきましょう。その都度の手数料発生だと、下手すれば少額の利益をあげても意味がなくなってしまうからです。

利益のことだけではなく、手数料に関するコストも考慮してから行うようにしてくださいね。意外と「これなら中期投資の方が良かった」という人もいるからです(;´д`)

メリットとデメリットを比較して株式投資をしてみよう

短期投資はメリットとデメリットがあります。人によってメリットが大きい人もいれば、デメリットが大きい人もいます。自分はどちらに当てはまるかを見極めてから短期投資をするようにしてください。

意外と自分では「メリットの方が多い」と思っていても、しっかり見るとデメリットの方が多かったというケースもあるからです(;´・ω・)

短期投資は少額の利益をあげるには最適です。

ただ、手数料のコストがかかりすぎる場合もあるのでその辺もしっかり把握しておかないと場合によっては赤字が続くこともあるので気をつけましょう(;´Д`)
TOP