夫婦での貯金の仕方はコミュニケーションが肝!家庭に合った貯金をしよう

夫婦での貯金の仕方はコミュニケーションが肝!家庭に合った貯金をしよう

夫婦での貯金の仕方に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 将来に向けての蓄えや子供ができた時にいくら必要なのか、気にする事を挙げたら留まる事がありません。 そこで、夫婦で貯金を続けていくには何をするべきなのかご紹介します。 1人でもできる貯金の方法は今回割愛して夫婦だからこそ気を付けるべき点を中心にお伝えしていきます。
夫婦での貯金の仕方に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。将来に向けての蓄えや子供ができた時にいくら必要なのか、気にする事を挙げたら留まる事がありません。

そこで、夫婦で貯金を続けていくには何をするべきなのかご紹介します。1人でもできる貯金の方法は今回割愛して夫婦だからこそ気を付けるべき点を中心にお伝えしていきます。

夫婦で貯める貯金のコツ

夫婦で貯金を上手く貯めるにはいくつかコツがあります。1人でできる貯金のコツは別にあるのですが、ここでは夫婦2人で貯金をして行くために必要なコツについてお伝えします。

コミュニケーションをしっかりと取る

夫婦で貯金をして行くのに最も大事なのがコミュニーションをしっかりと取るという事です。共働きをしているとついついコミュニケーションが不足してしまい、相手の考えている事が分からずにすれ違いになってしまいます。

相手の収入も支出も貯金額も分からないと不透明な部分が多くなり、ケンカの原因になりがちですので、しっかりと話し合う事が何よりも重要です。

夫婦のどちらかの収入を全て貯金にする

夫婦共働きの場合、どちらかの収入を全て貯金にするというのがおすすめです。多くの家庭の場合、旦那の収入の方が多いでしょうから生活費に使うのは全て旦那の収入のみと決めておけば分かりやすいです。

配偶者控除ギリギリの108万円を奥さんが稼いだとしたら毎月108万円ずつ貯金ができる事になります。

生活費を妻が管理する

家計の財布を握るのは妻という家庭は貯金がしやすい家庭です。財布が2つある事で相手がどれくらい使ったのか不透明になるからです。

「船頭多くして船山に登る」ということわざがある通り、管理者が2人いる状態では家計のコントロールがしづらいので、一か所に管理権限を集めるという意味合いで妻が管理すると良いでしょう。

夫婦の貯金はいくらくらい?

世の中の夫婦の貯金はいくらくらい貯めているのでしょうか?また、どれくらい毎月貯金をしているのかもご紹介します。

全てを自分たちに当てはめる必要はありませんが、おおよその目安が欲しいという方には特に参考になるでしょう。

共働きの夫婦の場合

総務省統計局が2018年に行った家計調査によると夫婦の共働きよる貯金額の平均は1171万円でした。これは株や投資信託と言った資産を含めた金額です。かなり多いと感じるかもしれませんが、平均を超えるのは50歳以降で30代でも700万円を下回ります。

これは年齢が上がるにつれて会社での地位が上がり、給料も増えたからと言う理由が考えられます。しかし、あくまでも平均に過ぎないので参考程度に考えておきましょう。

毎月いくら貯めているのか

各家庭でいくらくらい毎月貯めているのか?

2016年のゼクシィの調査によると平均は9万円でした。しかし最も多い毎月の貯蓄額は2~4万円で、極端に多い家庭もある事が分かります。

つまり多くの家庭は3万円前後を貯めているので、夫婦共働きであれば節約する事で無理なく貯めていける金額と言えるでしょう。

自分に合った適正貯金額を見つけよう

共働き家庭の貯金額と毎月の貯蓄額について紹介してきましたが、あくまでもこれは1つの目安にしか過ぎません。

就いている仕事が違えば支出の種類も違うので一概に比べる事はできません。無理をする事が一番貯金がしにくくなる要素ですから自分の家庭にあった貯金額を決めるようにして下さい。

夫婦で協力しながら貯金しよう

夫婦での貯金の仕方について色々と解説しました。とにかく夫婦での貯金は相手がいる事ですから必ず二人三脚で貯金をするようにしましょう。

逆に言えばしっかりとコミュニケーションさえ取れていれば貯金はそこまで難しい事ではありません。
しっかりと話し合って自分に合った貯金の仕方を見つけてください。
TOP