あなたのお金はまだ余る!5つの節約術で生活費を大幅削減

あなたのお金はまだ余る!5つの節約術で生活費を大幅削減

「お金がない」…もはや今の世の中では常套句と化しています。しかしお金がない方の多くは、生活費に無駄が多いことによる金欠であることが少なくありません。 ここでは徹底した節約術を5つとその他コツなどを紹介しますので、節約術を実践して生活費の大幅削減を実現しましょう。
「お金がない」…もはや今の世の中では常套句と化しています。しかしお金がない方の多くは、生活費に無駄が多いことによる金欠であることが少なくありません。

ここでは徹底した節約術を5つとその他コツなどを紹介しますので、節約術を実践して生活費の大幅削減を実現しましょう。

5つの節約術

では早速、生活費を浮かすための節約術を5つご紹介しますので、今からでも始めてみては如何でしょうか。

食費の節約術

食費は人が生きていく上で必要不可欠なもので、ここをどのように節約するかで今後が大きく変わると言っても過言ではありません。しかし「食」は三大欲求のひとつ、思うように出来ないのが当たり前ですが、下記に記載するちょっとしたことが節約となるでしょう。

外食は少なめにする

外食はお金が掛かります。
飲み会やちょっとオシャレなカフェなら、一度で1,000円単位のお金が必要になります。牛丼なら並で約400円と格安であるものの、具材を考慮するといささか栄養が偏っていると言わざるを得ないところがあり、決してお得な面ばかりではありません。

もっとも、0にしてしまうとストレスが溜まりますし、何を楽しみに生きているのか分からなくなるでしょう。よって二週間に1回か、せめて週に1回程度にしておくのがベターでしょう。

自炊はほどほどに

「自炊はお金が掛からない」と節約術ではお決まりの定説ですが、実は意外とコストが高いことがあまり知られていません。1人前の食材、調理のためのガスや電気、水道など、そして食器の洗浄などを合算すると、実のところ外食と大差はないのです。

その事から、時折惣菜を購入したり週に何度かはコストの低い食材だけで作るなど、一定の工夫をするといいでしょう。

買物は「まとめて」やる

買物というのは、少ない人数分を揃えようとするとどうしても割高になってしまいます。そのため、出来ることなら数日分を「まとめて」購入すると、ある程度のコストダウンに繋がるでしょう。

さらに「毎月○日はポイント3倍!」とか、「○の付く日は1割引!」などのキャンペーンを併せると、さらにお得になるのでおすすめです。加えてそのような店舗をいくつか見繕っておくと、どのタイミングでも買物が出来るので無駄がありません。

光熱費の節約術

電気、ガスなどの光熱費は、多くの場合生活費の中でも固定費であり、毎月ある程度決まったお金が必要になります。しかし、これもちょっとした節約術を実践するだけで、かなりの削減に繋げられるでしょう。

電気代

まずは電気ですが、やはり最も電気代を必要とするのは「エアコン」で、ここの攻略が必然的に求められることになります。基本的には夏場は28℃、冬場は20℃がベストで、過剰に暑い場合は扇風機を、逆に寒い場合は着込むなどで凌ぐといいでしょう。

よく「使わない時はスイッチをオフ」にするという節約術がありますが、これは使わない時間がそれほど長くない場合は、かえって電気代が掛かるので状況次第となります。その他、電力自由化により選択肢が大手電力会社だけではなくなりましたので、他の民間電力会社に移行するとキャンペーン等でお得になることも。

ガス代

ガス代については、細かな配慮がものを言います。ぐらぐらと煮立っているのに火を使い続ける、また毎朝のコーヒー等の「ちょっと使い」が多いなど、このあたりを改善するだけでも料金は大幅に変わります。

特にガスファンヒーターをご使用の家庭の場合、冬期において大きな負担となるのではないでしょうか。設定温度は高くても22℃程度にしておいて、使用範囲を出来るだけ狭い空間にしたり、着込むなどの合わせ技をするといいでしょう。(換気は怠らないようにしましょう)

住まいの節約術

毎月固定として支払わなければならない「家賃」は、月における生活費の中で最も大きな負担になることが少なくありません。その他日用品の購入なども馬鹿に出来ず、住まいに関わる出費だけでも痛手となる方も少なくないでしょう。

もっとも、すでにそこに住んでいる以上家賃はどうしようもありません。今後のランニングコストまで見据えているのであれば、引っ越しをするのも手段のひとつとなるのですがあまり現実的とは言えないでしょう。そのため、暮らしのために必要な買物に焦点を当てなければなりません。

まずは必要な物品の見直しを図り、「削ることが出来る」ものをピックアップすると、自然にコストダウンとなるでしょう。
その上で家計簿をしっかりと付け、日用品等のお金に上限を付けることで、必要最低限のお金で済むはずです。

通信費の節約術

昨今はスマホやPCでのネット等、従来の生活費にはない「通信費」というカテゴリが存在します。しかも毎月固定費となるのでその負担は大きく、節約術を語る上で欠かせない部分となっていると言えるでしょう。

では具体的に何をすれば節約術となるかですが、まずは「最新機器に拘らない」ことです。人の性なのか、つい新しい物に手を出してしまうケースが少なくありませんが、それでは販売会社のいいカモになってしまいます。

その他、スマホでネットに繋げる際は必ずwi-fiを利用するなど、細かな配慮を継続的に行うことで、目に見えてコストダウンを感じられるでしょう。

交通費の節約術

仕事や学校に行くためには、車やバイク、電車やバスなどの交通機関の利用が必要です。しかも性質上多くは固定費となりますので、ここは節約術の出番となります。具体的にですが、車の場合なら使用頻度にもよるのですが、普段はほとんど乗らないという方であればカーシェアリング、カーリースなどを利用するといいでしょう。

電車やバスについては、行き先の距離にもよるのですが、健康のために時折歩いたりと細かく節約を刻んでいくと、意外とコストダウンしていることに驚くでしょう。簡単な節約術であるものの効果は抜群ですので、早速明日からでもやってみては如何でしょうか。

増やすことも節約術

節約術というのは、何もコスト削減をするだけが手段になる訳ではありません。
今あるお金を増やすことも、相対的に節約術となるのです。

資産運用で利益を得る

節約術等である程度お金が貯まったり、最初からまとまったお金があるのなら、ただ節約術を続けるよりも資産運用でお金を動かした方が効率的です。銀行に貯金しておいたところで年利は0.001〜0.003%くらいにしかなりませんし、それならもっと率の良い資産運用をした方がお金が貯まるはずなのです。

もっとも、資産運用の経験がない方にとってはハードルが高めで、なかなかお金を今の場所から変える気にはならないと思います。しかし投資信託や為替など、限りなくリスクが低い割に利益は銀行と比べものにならない運用が少なくないので、そのままにしておくのはもったいないと言えるでしょう。

リスクがあっても構わないという方なら、ほとんどの資産運用が出来るはずですので、今からでも真剣に考えてみてください。株式、FX、仮想通貨、不動産投資、バイナリーオプションなどなど、方法はさまざまですのでお好みの資産運用で今あるお金を増やしてみては如何ですか?

ポイントを活用する

従来からある買物等に付き物の「ポイント」ですが、電子マネーの普及と共に昨今ますます頭角を現してきました。多くの場合は現金と同じ扱いで、つまりは買物に対する還元をしているということですね。

これを使わない手はありません。何せ多くは現金扱いとなるのですから、ポイントが付けば付くほど単純にお得なのです。そのため、同じ買物であるなら「出来るだけポイントが付く」場所で購入しましょう。

さらに、自らポイントサイトやアンケートなどでポイントを稼ぐのもアリです。一回一回は細かな稼ぎですが、まとまればポイントだけで資産運用が可能ですので、文字通り元手0でお金を増やせることから、節約術のさらなる後押しになるでしょう。

副業をする

ポイントでは少ない、面倒とか、資産運用はやはり難しいと思う方なら、いっそのこと副業をして直接稼いでしまいましょう。あなたが専業主婦であれば、合間の時間に執筆をするとか、直接働きに出るなどをすれば、基本的にはポイント稼ぎよりも効率的にお金を稼げるでしょう。

現代はネットがあるので仕事も簡単に見つかりますし、スマホだけで契約から稼ぎまでの一連の流れを済ませられるので楽ちんです。ある程度まとまった現金を手に出来ることから、直接生活費にあてられるのが助かるところでしょう。

さらに節約術も併用することで、目に見えて資産が増えていくと思われますので、ますますの励みになります。ただし、稼ぎ過ぎると所得税などの余計なお金が必要となるので、税金に引っかからない程度に抑えて働かなければなりません。

節約術のテクニックや注意点

節約術をするにあたり、テクニックや注意点を覚えておくとより成果が上がるでしょう。
以下でテクニック、注意点について触れますので、ぜひとも参考にしてみてください。

省エネやエコを意識する

節約術というのは、継続することが前提となりますが、意識の改革だけでも効果が上がる場合が少なくありません。特に省エネやエコの意識を高めると、自然とあらゆる面でのコストダウンに繋がり、時間を置いてその効果を実感出来るでしょう。

風呂釜は蓋をする(ガス代の節約)、シャワーでなく風呂釜の湯で洗う(水道代の節約)、車は空ぶかしや急発進をしない(燃料の節約)などが挙げられます。本当にちょっとしたことなのですが、それぞれを徹底した上で積み重ねて年単位で計算したら、それこそ万単位で変化があるのです。

ランニングコストも視野に入れる

節約のために安物を買う…のも、たしかに「その時の」コストダウンという観点では、必要な節約術のひとつです。しかし、その買物がエアコンだったとして本体購入は格安だったとしても、電気を大きく使用してしまうのでは電気代が掛かって仕方がありません。

つまり、ランニングコストによる「安物買いの銭失い」となる訳ですね。節約術は長期で考えることから、どちらかと言うと「損して得取れ」の発想が強くなりますので、まるで逆となるのです。

そのため、目先の安さに飛び付かず仕様や性能などを考慮して、長い目で見て「得」であるかを見抜くことが生活費を浮かす秘訣となります。

生活水準を落としすぎない

さまざまな節約術を駆使して生活費を浮かす…のはいいのですが、それで生活水準が著しく落ちたなんてことは起こりませんか?あまりに無理をして生活水準が落ちてしまうと、節約術そのものが苦痛になって長く続けられない、また強いストレスを受ける結果となります。

よってあくまでも無理のない範囲で、また節約であることから多少は仕方がないものの、生活水準を落とし過ぎないように意識しておかなくてはなりません。外食を控えていても、時にはパーッと美味しいものを食べるとか、たまにはエアコンを全開にして南極を味わっても別に構わないのです。

問題は「結果」であって、トータルして節約が出来ている、またお金が貯まっていればとりあえずはそれでいいのです。

目標を持って節約術に励もう

実のところ生活費を、節約術をもって削減したとしても、漠然とやっているだけでは意外と成果は上がりません。「年間20万円!」など、目標を持って挑むことでやりがいが生まれて、より生活費を浮かす結果に繋がるでしょう。

となればますます励みが出来ますので、どんどんお金は貯まっていくはずです。
TOP