1人暮らしでも貯金するコツとは?節約術も試してみよう

1人暮らしでも貯金するコツとは?節約術も試してみよう

親元を離れて1人暮らしするなら、経済的独立も考えたいものです。ところが、1人暮らしを始めてみて、貯金ができない方は少なくありません。 貯金をしておけば、万が一のときに助かります。旅行などまとまったお金が必要な際にも、貯金が役立つでしょう。 1人暮らしでも貯金したいなら、コツを知ってください。節約術も合わせながら、毎月貯金できるようにしてみましょう。

1人暮らしでも貯金するコツとは?節約術も試してみよう

親元を離れて1人暮らしするなら、経済的独立も考えたいものです。ところが、1人暮らしを始めてみて、貯金ができない方は少なくありません。

貯金をしておけば、万が一のときに助かります。旅行などまとまったお金が必要な際にも、貯金が役立つでしょう。

1人暮らしでも貯金したいなら、コツを知ってください。節約術も合わせながら、毎月貯金できるようにしてみましょう。

1人暮らしが貯金するコツ

1人暮らしで貯金するコツは、2つのポイントがあります。たった2つを見直すだけで、限られた給料でも貯金できるようになります

家賃を見直す

毎月の出費の中で大きいのが、家賃です。収入の3分の1を占めるため、家賃を節約すれば貯金ができます。

家賃の割合が収入の3分の1を超えているなら、引っ越しも考慮しましょう。長い目で見れば、引っ越しで初期費用をかけても、家賃を見直す価値はあります。

例えば手取り額が20万円なら、家賃は5万円までです。1人暮らしなら家で過ごす時間は少ないはずなので、豪華な家は不要でしょう。

先取貯金をする

家賃の見直しで浮いたお金は、先取貯金するのがおすすめです。毎月銀行口座に給料が振り込まれたら、自動的に貯蓄に回すようにします。

最初に手続きをして毎月自動的に貯蓄預金に移るようにすると、手間がありません。知らないうちにお金が移っているため、ストレスなく貯金ができます。

先取貯金の額は、収入の2割程度が目安です。家賃より少し少ない金額を、貯蓄に回すようにしましょう。

1人暮らしで貯金をするための節約術

家賃の見直しでも貯金するお金が足りないなら、節約がおすすめです。節約しても得られる額自体はわずかですが、年間に換算すると大きな金額になります。

自炊をする

1人暮らしを始めたら、外食より自炊を心がけましょう。簡単なレシピを覚えておけば、料理が苦手な方でもチャレンジできます。今は、ネットでレシピを検索できるため、うまく活用してみてください。

総務省の統計では、35歳以下独身者の食費は、毎月41,358円だとされています。本来なら、月4万円あれば自炊で家族数人まかなえるはずです。

毎食自炊が難しい場合は、総菜を買ってご飯を炊くだけでも違います。作り置きおかずも活用しながら、食費を今までの半分から3分の2程度まで減らすよう目指してみてください。

携帯電話料金を見直す

携帯電話の契約といえば、以前は3大キャリアしかありませんでした。現在は格安SIMや、格安スマホと呼ばれるサービスが複数登場しています。電話番号引継ぎもできるため、面倒だと思わず乗り換えてみましょう。

またスマホ端末も、格安タイプの購入を検討してみてください。キャリアで新しい端末に変えると、安くなっている錯覚をしがちです。よく調べてみると、毎月の通信料に料金が上乗せされているだけの場合があります。

光熱費を節約する

毎月かかる、電気・ガス料金は、業者を比較することで節約できます。電気とガスをセットにすると割引になる業者の選択も可能です。

水道業者の見直しはできませんが、少しの工夫で節約はできます。シャワーをやめてお湯を浴槽にためてみましょう。水を出しっぱなしだと意外と消費しているものです。

洋服代を減らす

女性の1人暮らしだと、毎月の洋服代や美容用品にお金をかけている場合があります。節約するなら、100均コスメをうまく活用してみましょう。

洋服は、着ないものをフリマアプリで販売し、新しい洋服代に充ててみてください。バーゲンで安く済まそうとせず、少し高くてもベーシックなものを長く着ると、毎月の洋服代を節約できます。

少しずつ貯金をしよう

1人暮らしで貯金をしたいと考えるなら、まずは固定費を見直しましょう。無理に節約するより、固定費の見直しが手っ取り早いかもしれません。

ストレスを感じない程度に、コツコツと節約と貯金をしてみてください。
TOP