医療保険ってなに?生命保険との違いはあるのか?

医療保険ってなに?生命保険との違いはあるのか?

生命保険と言っても「どんなものがあるの?」と悩んでしまう人も多いですよね(;^ω^) 私も20代の時は生命保険はとりあえずなんでも加入しておけばいいんでしょ、と思っていました。 今にして思えばとんでもない間違いなんですけどね(ノД`)・゜・。 無知は罪とはよくいったものです……。 今回は生命保険とは何なのか、医療保険との違いなどについて紹介していきましょう!
生命保険と言っても「どんなものがあるの?」と悩んでしまう人も多いですよね(;^ω^)

私も20代の時は生命保険はとりあえずなんでも加入しておけばいいんでしょ、と思っていました。今にして思えばとんでもない間違いなんですけどね(ノД`)・゜・。

無知は罪とはよくいったものです……。

今回は生命保険とは何なのか、医療保険との違いなどについて紹介していきましょう!

生命保険とはどんな特徴があるのか?

生命保険とはどんなものか、と聞かれると「入院した時に便利?」と考える人もいます。でも、実際は命に関わる保障をしてくれるのが生命保険なのです。

入院などに関することは医療保険になるんですけど、意外と混同している人は多いんですよね(;^ω^)

生命保険の必要性

国には保険制度があるので生命保険に加入する必要があるのかと考える人もいますよね。実際に私もそうでしたし(;^ω^)

でも、国の保障制度では限界があるんです。一定の保障は受けられますが、それだけですべてを賄うことができません。

特に家族がいる人などは生活の基盤がガタッと崩れてしまうので死亡時などは残された家族が生活できなくなる可能性が高いのです。

だからこそ、生命保険に加入して死亡保障に備えておくべきなのです。

生命保険の種類

生命保険にはいくつかの種類があります。

一定期間で保障される定期保険、期間の定めがない終身保険、満期を迎えた時に保険金を受け取れる養老保険などです。自分のライフスタイルなどに合わせて選ぶことで、適した保障を受けることができます。

生命保険の役割

生命保険の役割、それは自分が働けなくなった時に家族を守る保険です。家族だけではなく自分自身を守ることもできるので、死亡や病気、怪我に備えることができます。

予期せぬ事態に対応してくれるものが生命保険なのだと覚えておくようにしましょう。

医療保険と生命保険の違いについて

こちらでは、医療保険と生命保険の違いについて見ていきましょう。混同されがちなものですが、実は結構違う部分があるんです(;^ω^)

どんな違いがあるのかを知って、自分に適した保険に加入するようにしましょう。

医療保険ってどんなもの?

基本的に医療保険は病気や怪我に対して保障されるものです。そのため、怪我や病気に備えたい人にとってぴったりと言ってもいいでしょう(*^-^*)

生命保険は受取人が保険金を受けとりますが、医療保険は被保険者本人が受けとります。

生命保険と医療保険の特徴

生命保険は命に関すること、医療保険は病気や怪我に関することと覚えておけばいいでしょう。年代によっても加入すべき保険は変わってきます。

働き盛りの人と50代や60代など、第二の人生を楽しむ人では加入目的自体が変わってくるのです。

何を目的にしているのか

保険に加入する際は何を目的にしているのかをチェックしましょう。家族のための死亡保障を重視するか、働けなくなった時のための医療を重視するのかなどです。

ただ、保険の商品の中には特約をつけることで両方をバランスよく得られるものもあります。しかし、特約をつけると保険料が高くなるのも覚えておいてくださいね(;^ω^)

ライフステージに合わせて保険を選ぼう

自分のライフステージに合わせた保険を選んでください。保険に関して詳しくない場合は保険会社のスタッフに相談をしてみましょう。

ライフスタイルや状態を伝えることで、あなたに適した保険をピックアップして提案してくれます。素人がアレもコレもと考えるより、保険のプロフェッショナルに相談した方がいいかもしれません。

保険料の予算などもあれば、それに合わせた選び方もしてくれますよ(n*´ω`*n)
TOP