ドル建て保険のメリットやデメリットとは?

ドル建て保険のメリットやデメリットとは?

ドル建て保険が良いという噂がネット上などでも広がっています。 しかし、本当にメリットばかりなのでしょうか。 今回はドル建て保険のメリットだけではなく、デメリットにもスポットを当ててみました。 ドル建て保険を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
ドル建て保険が良いという噂がネット上などでも広がっています。

しかし、本当にメリットばかりなのでしょうか。

今回はドル建て保険のメリットだけではなく、デメリットにもスポットを当ててみました。ドル建て保険を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドル建て保険のメリット

こちらではドル建て保険のメリットについて見ていきましょう。保険加入の場合など、まずはメリットから見るのが定石です。

どんなメリットがあるのか知ることで、ドル建て保険加入の背中を押してくれるのではないでしょうか。

貯蓄効果が高い

外貨ベースで見ることで、貯蓄効果が高い特徴があります。日本円と比較して外貨は金利が高いので、日本円で投資をするよりも貯蓄効果が高いのです。

特にドル建て保険の場合は、米ドルなので金利が高い商品となっています。

リスクに備えられる

外貨にしておくことで日本円の価値が低下するリスクに備えることができます。

生命保険会社が提供するドル建て保険の場合は、経営破たんしても契約が守られるようになっているので経営破たん=保険料が無駄になるということもありません。

しっかりとリスクに備えたい人こそ、ドル建て保険のような外貨建て保険がおすすめされているのです。

利益が出ることがある

為替変動が起こることによって、為替差益で利益が出ることもあるのです。

日常的に利益が出るわけではありませんが、そういう可能性があることもメリットのひとつに数えられているので、おすすめされています。

ただ、利益目的で加入するには低い確率と言われている部分もあるので、そういった目的で加入するのはおすすめできません。

ドル建て保険のデメリット

こちらでは、ドル建て保険のデメリットについて見ていきましょう。

メリットだけではなく、デメリットも知ることで総合的に自分にとってメリットがあるのか判断することができるはずです。

元本割れのリスクがある

為替変動によって利益が出るメリットがあるのだから、元本割れによるリスクもあると覚えておきましょう。
為替変動によって損失が出てしまい、それが結果として元本割れを招くことになってしまうのです。

大きな変動は滅多にありませんが、若干の変動によって元本割れになってしまったケースなどは決して少なくありません。

元本割れのリスクと言っても、よほど情勢が変わらない限りは過剰な金額にはならないと言われています。
ただ、過剰な金額になる場合もあるのだと覚えておきましょう。

保険料が高くなることがある

為替変動による影響は元本割れのリスクだけではなく、保険料が高くなるというデメリットもあります。保険料についても大きな金額になるのかなど分からない部分があります。

為替変動は情勢によって簡単に変わってしまう部分があるからです。そのため、明確な金額はその時にならないと分かりません。

手数料がかかる

日本円から外貨、外貨から日本円の両替で手数料がかかってしまうことも覚えておきましょう。保険料支払い時や保険金受け取り時などに手数料がかかるようになっているようです。

手数料がかかることは仕方ないと分かっていても、デメリットに感じてしまう人はいるようですね。

ドル建て保険のメリットやデメリットを把握しておこう

ドル建て保険を利用する場合はメリットやデメリットをしっかり把握しておきましょう。どちらか片方だけを見ておくのではなく、両方見て総合的な判断を下してください。

片方だけだとどうしても偏った見方しかできません。そうなると、本質を見極められなくなるので注意してください。

総合的な判断をするためには、メリットとデメリットを上手く比較して自分にとってメリットが大きく働くのかどうかをチェックしなければいけません。
TOP