30代のお金の使い方とは?無駄遣いせず上手にお金を使う方法を解説

30代のお金の使い方とは?無駄遣いせず上手にお金を使う方法を解説

30代は、将来を見据えてお金に対する考え方が変わる年齢です。 まだまだ若い年ではあるものの、10代~20代のようなお金の使い方はできません。 お金は使い方1つで良くも悪くもなるもので、年代に合った使い方も重要です。 今回は、30代のお金の上手な使い方と貯め方について解説します。
30代は、将来を見据えてお金に対する考え方が変わる年齢です。

まだまだ若い年ではあるものの、10代~20代のようなお金の使い方はできません。

お金は使い方1つで良くも悪くもなるもので、年代に合った使い方も重要です。

今回は、30代のお金の上手な使い方と貯め方について解説します。

30代の良いお金の使い方は?

30代は、これから先の生活や将来のことも頭に入れたお金の使い方が必要です。

お金を使わない方がいいのではなく、お金の使い方を見直すべき年齢ということです。

老後なんてまだまだ先だと思っていても、時はあっという間に流れていきます。

ここからは、30代のお金の使い方について説明します。

自分への投資に使う

30代のお金は自分の将来のための投資に使うといいです。

特に30代前半は、まだ体力もあるし若いのでどんどんチャレンジして経験するべきです。

もし結婚していないのなら、独身のうちに自分へ投資して挑戦すると将来の糧になります。

結婚すると自由な時間もなかなか取れないし、この投資や人との出会いがこの先の自分の生活に大きな影響を与えることもありますよ。

将来を見据えた資産運用に使う

30代のお金は、30代の若いうちから資産運用する使い方もおすすめです。

資産運用には生活に馴染みのある、預金や終身型保険や学資保険、投資信託や株式投資に不動産など色々な種類があります。

やり易さと目標に合う資産運用がおすすめで、長期継続で将来の役に立たせることが可能です。

途中でやめて他の資産運用へ切り替えることもできますよ。

健康を維持するために使う

via pixta.jp
30代のお金は、自分の体の健康維持のための使い方が良いです。

最近では、人生100年時代と言われていますよね。

30代前半で考えたら、あと70年も人生が続くとは・・・何とも凄いことです(+_+)

若いうちから体力をつけるためのフィットネスは人気が高まっています。

運動だけでなく心の健康なども大事で、サプリメントもおすすめです。

30代のお金の上手な貯め方は?

30代のお金の良い使い方と一緒に、お金の上手な貯め方も覚えておくといいです。

同じ給与を貰っているのに、周りと貯金額に差があるなら何か原因があります。

貯金は給与を貯めるだけでなく、毎日の節約1つで貯金へ回せるお金を捻出できるんです。

ここからは、30代のお金の上手な貯め方について説明します。

生活費を節約する

30代のお金の上手な貯め方に、生活費の節約があげられます。

最も当たり前な方法で、食費の節約や光熱費の節約をすることで無駄をなくすんですね。

この方法は誰でも1度はやったことがあると思いますが、続けることが重要です。

数日やって終わりでは何の意味もありません。

タイムセールで安い食品を買ったり、作り置きをして節約します。

電気やガスはこまめに切って、水道の流しっぱなしはNGです。

チリも積もれば山となって、浮いた金額を貯金に回せますよ(^^)

節税できる制度を利用する

30代のお金の上手な貯め方には、節税制度の利用もおすすめです。

ふるさと納税や、確定申告を青色申告すると特別控除で税金が安くなります。

資産運用のなかにも掛金が非課税の商品があるので、その種類を厳選した選び方も◎

控除で節税された金額を把握しておいて、払うべき筈だった税金額を見過ごさずにそのまま貯金へ回すようにすると上手に貯められます。

趣味でお金を稼いでみる

30代のお金の上手な貯め方に、趣味でお金を稼ぐ方法があります。

例えば裁縫が得意ならポーチやバッグを製作して売ることができますね。

絵が得意な人、ミニチュアをつくるのが趣味な人、プリザーブドフラワーが得意などといった自分の得意なことを売りにして稼ぐ方法です。

最近はフリマアプリが人気なので、ユーザーに気に入ってもらえれば本業並みに稼げている人もいますよ(^^)/

30代のお金は自分磨きと将来の両方を考えた使い方をしよう

30代のお金の使い方と、上手にお金を貯める方法について解説しました。

30代は将来のことを考えて、少しずつお金の使い方を見つめ直すべき年齢です。

前半のうちに自分への投資に使うことで、今後のキャリアアップにもなります。

資産運用は老後のための資金繰りにも繋がるし、常日頃から健康維持を心がけておくと病院へかかりづらくなって医療費も浮きます。

食費や光熱費などの節約で、生活費を浮かせて貯金へ回すこともできます。

節税制度の利用や、趣味を活かして稼ぐことも上手な貯金法です。

自分への投資と将来のことを考えて、30代のお金の使い方を考えてみてください。
TOP