退職したいけど貯金はいくら必要?転職活動する前に確認しよう

退職したいけど貯金はいくら必要?転職活動する前に確認しよう

退職したいけど貯金が少ないから退職後にちゃんと生活できるか不安。 退職後にかかる費用っていくらぐらい必要なんだろう? そんな疑問を持っている方は少なくないのでは無いでしょうか。 では、実際にいくらくらい貯金しておけば退職後もある程度余裕を持って転職活動ができるのか? その具体的な目安をお伝えすると共に上がってしまう避けられない支出内容についても解説していきます。
退職したいけど貯金が少ないから退職後にちゃんと生活できるか不安。退職後にかかる費用っていくらぐらい必要なんだろう?

そんな疑問を持っている方は少なくないのでは無いでしょうか。

では、実際にいくらくらい貯金しておけば退職後もある程度余裕を持って転職活動ができるのか?その具体的な目安をお伝えすると共に上がってしまう避けられない支出内容についても解説していきます。

退職すると貯金はいくら必要?

退職する場合、貯金はいくらぐらい必要になるのでしょうか?

次の転職先がすぐに見つかるかどうかわからないという方にとっては不安でしょう。そこで、大まかな目安と注意するべき点について解説します。

すぐに転職活動をするなら最低50万円は持っておこう

退職後、すぐに転職活動を行うなら最低50万円は持っておくようにしましょう。

退職してからも翌月は最後のお給料がもらえますし、後述する失業保険などを合わせると少し節約生活を行えば生活はできるからです。

しかし、収入が減るのは間違いないですし、転職活動にかかる費用の事を考えたら50万円くらいは欲しい所です。

家賃や生活費を計算しておこう

貯金をいくら貯めておくかの目安は生活費によって異なります。上記で50万円ほどあれば十分とお伝えしましたが、あくまでも一般的な人の目安です。

しかし、住んでいる家の家賃や生活費は人によってバラバラです。従って毎月生活費や家賃、光熱費などで支出がいくらになるのかを確認する事が貯金の目安を計る第一歩となります。

できれば半年は無収入で生活できるくらいの貯金が欲しい

可能ならば無収入で半年は生活できるくらいの貯金があればベストです。転職活動をするにしても面接を受ける為に交通費が必要になりますし、健康保険や国民年金なども会社との折半で無くなるので支出が増えます。

退職すると思わぬ所でお金がかかりますから余裕を持つなら無収入で生活できるくらいの貯金を貯めておくようにしましょう。

退職した場合に変わる支出

退職した場合に気を付けなければいけないのが税金と保険、年金の3つです。退職前は給料から天引きされていた為、あまり意識しない方が多いです。

しかし、退職すると自分で支払う必要がある為、支出の計算の1つとして考えておく必要があります。

住民税

市区町村から請求が来る住民税は一般的な収入の方であれば毎月数万円納税する事になります。

住民税は前年度の所得から計算されているので、年の途中で会社を辞めていると自宅に届く請求書を見てビックリする事があります。

支払い方法は一括もしくは分割払いになりますが、一括の場合は20万円以上支払う事もあるので住民税の支払い分は計算しておくようにしましょう。

健康保険

会社を辞めた場合の健康保険は今まで入っていた健康保険を任意継続するか国民健康保険に切り替えるかの2択になります。

しかし、どちらを選択しても今まで折半していた保険料は全額支払う事になります。国民健康保険の保険料の計算は地域によって異なりますが、基本的には国民健康保険の方が高い傾向があります。

国民年金

会社勤めをしていた時は厚生年金だった方も退職したら国民年金に加入する事になります。厚生年金も他と同様に会社との折半でしたが会社を辞めたら全額支払う事になります。

単純に今まで支払っていた金額の倍額になるので、注意が必要です。ただし、所得の状況によっては免除申請ができるので、支払いが大変なら利用しましょう。

できるだけ余裕をもって貯金をしておこう

退職したら貯金がいくら必要になるかについてご紹介しました。退職した後というのは実は収入は途絶えるにもかかわらず、出費が増えるのです。

従ってあまり貯金が無いまま安易に辞めてしまうと大変になってしまうので注意して下さい。
TOP