火災保険はどれがおすすめ?新築戸建て買うなら知っておきたい知識

火災保険はどれがおすすめ?新築戸建て買うなら知っておきたい知識

新築戸建てを購入しようとしている人は、ほとんどの場合火災保険加入することになります。 しかし、火災保険の内容と言ってもさまざまなタイプがあるため、どの保険に入るべきか迷ってしまいますよね。 おすすめの保険を選ぶために知っておきたい、火災保険の知識についてみていきましょう。
新築戸建てを購入しようとしている人は、ほとんどの場合火災保険加入することになります。しかし、火災保険の内容と言ってもさまざまなタイプがあるため、どの保険に入るべきか迷ってしまいますよね。

おすすめの保険を選ぶために知っておきたい、火災保険の知識についてみていきましょう。

火災保険に入る理由

火災保険は、入らなければいけないものなのかと疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。そして、火災保険に加入した場合どんな保障があるのかわからないという人もいますよね。

新築戸建を購入した場合に、火災保険に加入する理由についてみていきましょう。

住宅ローンを組むなら必須

新築戸建てを購入する際に、多くの人は住宅ローンを組むことが多いですよね。住宅ローンを組んだ場合、火災保険加入は必須となります。

つまり、住宅ローンを組みたいと思った場合は、火災保険に加入しなければ組めないことになるんです。そのため、火災保険の加入率はかなり高くなります。

火災で全焼した家の復旧費用

火災保険に入るべき理由は、火災が起きたことによる復旧費用が高いことです。自分の家が出火元で、自宅が燃えてしまっただけでなく、近隣の家にも被害を与えることもあります。

そんなケースともなれば、費用はかなりの金額になってしまいます。火災保険に加入しておけば、万が一のときに備えることができるんです。

火災以外の保障もある

火災保険には、地震保険などの災害保険などが付帯されているものもあります。例えば、地震によって起こった火災に関しては火災保険では保障されません。

近年、地震などの自然災害が多くなっていることから、住宅を購入する場合は火災保険に加入しておくことは重要だと言えます。

火災保険の相場は?どう違う

火災保険に加入した場合、どれくらいの金額を払う必要があるのでしょうか。さまざまな火災保険がある中から、ベストな火災保険を選ぶためには相場を知っておくことが必要です。

火災保険の相場を知るために、知っておきたいポイントをみていきましょう。

建物の構造や面積

火災保険の相場は、建物の構造や面積によって違います。鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造に分かれ、火災のリスクが高い構造となる木造は保険料は高くなるんです。

そして、敷地面積のサイズが広ければ火災被害リスクが高いため、保険料が高くなります。

建物の所在地

火災保険の保険料は、建物の所在地によっても変わります。都市部などで住宅が密集している地域と、地方で密集していない地域では密集している地域が火災リスクは高くなるので高い保険料に。

災害保険も同様で、災害が多い地域は保険料が高くなっています。そのため、自分の家が建つ地域がどんな場所かによって相場が変わることを知っておきましょう。

補償範囲

火災保険の補償範囲によっても、保険料が違います。例えば、家財が保証対象になっている場合は、保険料が高くなりますが補償があることはプラス要素です。

保険によって、さまざまな特約があるためそれぞれをどうするかによって保険料が変わることになります。保険料が上がったとしても、特約があることで万が一に備えられるというリスク回避も頭に入れておきましょう。

おすすめの火災保険を選ぶポイント

おすすめの火災保険をチェックするときに、どんなポイントをチェックしたらいいのかわからない人はポイントを押さえておくべきです。色々なおすすめの保険会社を勧められても、ポイントがわからなければ選ぶことが難しいですよね。

自分に合った火災保険を選ぶことができるように、ポイントについてみていきましょう。

地震保険や家財保険が付帯しているか

火災保険には、落雷やヒョウなどいくつかの災害に対応した補償内容になっていることが一般的です。保険内容によっては、必要ないものがセットになっている場合もあります。

住む場所でどんな災害リスクがあるかを考えて、必要な補償を選ぶことが大事です。火災保険を選ぶときは、組み合わせ可能な自由度高い保険がおすすめと言えます。

火災保険の内容を任せっきりにしない

火災保険の相談をする場合、担当者に任せっきりにしないことも重要です。自分でしっかり考えて、必要なものを選んだり相談したりしましょう。

担当者に任せっきりにしていると、不必要なオプションが付帯していたり、必要なオプションが付帯していなかったりするトラブルも起きます。

担当者が相談しやすい人でなかった場合は、担当者を変えるなど自分のペースで選ぶことが大切です。

火災保険一括見積もりを利用する

火災保険を選ぶときは、1社だけでなく複数の保険会社を比較するようにしましょう。1社だけで考えずに、色々な保険会社の見積もりを比較することで、より自分に合う保険を見つけられます。

おすすめは、火災保険一括見積もりを利用することです。

新築戸建を購入するなら火災保険はしっかり選ぼう

新築戸建てを購入したら、いつまでも安全に住み続けたいものですよね。しかし、火災や災害というのは絶対に回避できるとは限りません。

万が一に備えて、大事な家や家族を守るための火災保険はしっかり選びましょう。
TOP