太陽光発電のメリット&デメリットとは?仕組みや特徴を解説

太陽光発電のメリット&デメリットとは?仕組みや特徴を解説

太陽光発電を考えているなら、設置するメリットとデメリットを知っておくべきでしょう。「エコな発電」として知られる太陽光の仕組みを詳しく解説していきます。ぜひ、この機会に検討してみてはいかがでしょう?
太陽光発電を考えているなら、設置するメリットとデメリットを知っておくべきでしょう。「エコな発電」として知られる太陽光の仕組みを詳しく解説していきます。ぜひ、この機会に検討してみてはいかがでしょう?

「太陽光発電」の仕組みとは?

「太陽光発電」とは、太陽の光をエネルギーとして電気を発電する太陽電池になります。太陽光なので、天候に左右されることはもちろん、夜にエネルギーを作り出すことができません。

小学生の頃、理科の授業でソーラーパネルを乗せたミニカーなどを作った記憶はありませんか?太陽の下では、走ることのできるミニカーですが、雨の日や夜には走らせることができませんよね。

もちろん「太陽光発電」といえば、屋根に乗せるソーラーパネルを設置している家庭も、最近では増えてきています。自宅で蓄電した太陽光エネルギーを近くの電力会社に販売し、お小遣い稼ぎができるなんてことも嬉しいポイントですよね。

しかし、その一方で「設置の費用が高い」「屋根を痛めるのでは?」などといった意見が聞かれることもあります。太陽光発電の仕組みを理解して上で、太陽光発電を設置するメリットやデメリットを理解していきましょう。

太陽光発電のメリット

太陽光発電を設置するにあたり、メリットを紹介していきます。「エコな発電」としても知られている太陽光発電ですが、設置を考えているなら、メリットとデメリットも知る必要があります。

その上で、太陽光発電の設置を検討していきましょう。

屋根なら設置場所が必要ない

最近では、大きな土地に太陽光発電を行なっている業者もいますよね。広大な土地があるからこそ、太陽光発電が可能なケースもあります。

しかし、自宅の屋根であれば、設置場所に困る必要はありません。「おしゃれな家なら、太陽光発電を乗せると見栄えが悪くなってしまう」などといった意見もありますが、ほとんどが黒いソーラーパネルなので、黒い屋根であれば大きく目立つことは少ないでしょう。

また、発電した電気は自宅で使用し余った電力を販売することも可能になりますので、各電力会社を調べてみるのもおすすめです。屋根が大きければそれだけ大きな太陽光を設置することもできますので、設置できる面積とコストを考えて太陽光発電を設置するのかどうか、検討していきましょう。

二酸化炭素が排出されない

近年では、二酸化炭素排出が大きな問題になってきています。二酸化炭素増えることで地球温暖化の影響により、異常気象などの自然災害が世界中で起こっています。

しかし、太陽光発電ではそんな二酸化炭素を排出することはありません。二酸化炭素の削減はもちろん、石油などがエネルギーとなる発電に比べるとクリーンな発電方法になると言えるでしょう。

太陽が出ている間はエネルギーが再生可能である

太陽光発電は、太陽が出ている間はエネルギーが再生可能になります。風力や水力と同じように、無限再生可能エネルギーになるのです。世界中のどこにいても、太陽があるかぎり再生可能エネルギーとなりますので、世界規模での採用が期待されている無限エネルギー源です。

とくに、夏場など晴れ間も多く太陽が出ている時間が長い時期には、より多くのエネルギーを期待することができます。冬場などは日が短くなることもありますが、極端にエネルギーが少ないといったこともありません。一年を通しても、エネルギーの差が大きく開くこともないので大きな心配は必要ありません。

太陽光発電の寿命が長いことに加え、保証付きの会社も

太陽光発電の場合、耐用年数が20年ほどの寿命となりますので長寿命と言えるでしょう。およそ20年の間に、メンテナンスなどのこまめな手入れが必要なものと比べ、少しのメンテナンスがあっても、ほぼ20年間放置していてもその間にしっかりとエネルギーを蓄えてくれることも嬉しいポイントです。

また、ソーラーパネルなどによる販売会社によっても保証などの制度や期間も違いますので、各種会社を比較してみるのもおすすめになります。

このように、太陽光発電にはたくさんのメリットが挙げられます。新築にソーラーパネルを検討中の方は、各種会社の概要や保証などをきちんと調べ、ハウスメーカーとも相談しながら設置を検討していきましょう。

また、家を購入する際に、ソーラーパネル付きの家を検討されている方は、少し待ってください!この後のデメリットにも紹介していきますが、ソーラーパネルと家が一体型の場合、固定資産税が上がってしまうことがあります。

家を購入後の設置であれば、固定資産税に影響を与えることもありませんので、この辺りもデメリットで詳しく解説していますので参考にして下さい。

ソーラーパネルを設置しても10年程度で元がとれることも

太陽光発電を考えていても、なかなか手を出しにくい理由の一つに「コストがかかる」イメージを持つ方も少なくありません。

しかし、設置に費用がかかったとしても多くの場合、10年程度で設置費用を回収できてしまいます。初期投資ができないのであれば別ですが、初期投資ができるようであれば太陽光を設置してみるのもおすすめです。

また、設置後にメンテナンスなども必要になってくることも考え少しでも蓄えを作っておくこと、安心です。

太陽光発電のデメリット

これまで太陽光発電のメリットをお伝えしてきましたが、ここからは太陽光発電のデメリットを紹介していきます。どんなにいい話でも必ずカラクリやデメリットは存在します。

まずはきちんとデメリットを理解した上で、設置するか否か参考にしていきましょう。

設置時のコストが高い

ソーラーパネルの場合、現段階(2021年9月)時点では1kwおよそ最低価格で20万円ほどとなっています。そのため、5kwのソーラーパネルを設置したい場合、100万円ほどの初期投資が必要になってきます。

ここはデメリットに感じますが、メリットでもお伝えしましたようにソーラーパネルなどの寿命はおよそ20年と言われています。売電などを利用すれば、およそ10年ほどで初期投資であるソーラーパネルの代金を回収できてしまうことも。

契約する電気会社などの規定にもよりますが、調べてみることでお得になることもあります。きちんとした事前リサーチは大切です。

天気に左右される

太陽光発電の場合、太陽が出ているときにしかエネルギーを蓄えることができません。そのため、雨や雪の日にはエネルギーを十分に確保することが難しくなってしまいます。雨や雪の日が続くときは、とくにエネルギーがいつもに比べ少なく感じることでしょう。

また、雪の多く降る地方では、ソーラーパネルに雪が積もってしまうことで、太陽光が当たる面積が少なくなってしまうことに加え、十分なエネルギーを確保することができないことも考えられます。この場合、風力発電なんかも同じように、風の少ない日はそのエネルギーを蓄えることができません。

自然をエネルギー源にしている場合、天候などによって左右されてしまうことがあるため安定しているとは言えないことも。雪が降りやすい地域や、雨の続きやすい地域などあなたのお住まいの地域によってソーラーパネルを検討することも大切です。

夜間は太陽光発電がごく微量

実は、夜間にもごく微量にエネルギーを蓄えています。「え?夜にも少しでもエネルギーを蓄えてくれているなら、メリットでは?」なんて思ってしまいがちですが、月明かりなど、月が出ている間など少しの光があればそれがエネルギーになります。

しかし、太陽が出ているときに比べ、そのエネルギーの量も格段に違ってきますよね。昼間に多くの太陽光エネルギーを蓄えられることを考えると、夜はほとんど稼働していないに近いくらいしかエネルギーを蓄えることができません。

また、ソーラーパネルは天気にも左右されやすいことなどもあり、パネルの大きさにもよりますが十分なエネルギーが供給できないケースもあります。

太陽光から電気エネルギーに変換できる効率が悪い

あまり知られていないことですが、太陽光から電気エネルギーに変換する際、技術的な面が大きいのですが変換できる量が少ないことが挙げられます。つまり、太陽光エネルギーが電気エネルギーに変換される量はおおよそ14〜20%が一般的な量と言われているのです。

どれだけ多くの太陽光エネルギーを蓄えていても、多くてその2割程度しか電気にならないのであれば、効率がいいとは言えませんよね。できるだけ多くの太陽光エネルギーを集めても、効率が悪いことで少し損した気分になるかもしれません。

確定申告や固定資産税が必要になることも

太陽光発電を売電すると、その分が雑所得として課税対象になってしまうことがあります。給与所得者は、年間20万円以上の雑所得があると確定申告が必要になってきます。

また、固定資産税に関して言えば、屋根に設置するタイプのものであれば固定資産税として扱われなくても、屋根に直接ソーラーパネルが設置されている家などはそれらが固定資産税として支払わなければなりません。そのため、少しでも節税対策として家を建ててからソーラーパネルを設置することで、固定資産税に含めることができずに済みます。

ソーラーパネル付きの家は魅力ですが、固定資産税の発生してしまうリスクを少しでも避けたいなら、家を建てた後に設置することもアリでしょう。

太陽光発電のメリットとデメリットから設置を検討しよう

太陽光発電には、多くのメリットがある一方でデメリットも存在します。一概に良い悪いだけでなく、どちらもきちんと知っておくことは非常に重要と言えます。ソーラーパネルでお得に自家発電を考えているなら、設置前にどれくらいのコストや耐用期間なのか?なども含め、事前に調べておく必要があります。

さらに、売電を考えているなら、電力会社によっても買取単価や買取期間が違うので、きちんと調べておきましょう。これらのことを踏まえて、「自宅でソーラーパネルを設置してみる」「土地があればそこに太陽光発電を設置する」のもいいですね。
TOP