貯蓄型保険はソニー生命!貯蓄性の高い3つの保険商品を解説

貯蓄型保険はソニー生命!貯蓄性の高い3つの保険商品を解説

将来に備えて保険は必要、そして同時にお金も必要! そんな両方とのニーズを叶えてくれるのが貯蓄型保険です。 数ある保険の中から、今回集中して解説するのはソニー生命の貯蓄型保険。 3つの保険商品をご紹介するので将来のために参考にしてください。
将来に備えて保険は必要、そして同時にお金も必要!

そんな両方とのニーズを叶えてくれるのが貯蓄型保険です。数ある保険の中から、今回集中して解説するのはソニー生命の貯蓄型保険。

3つの保険商品をご紹介するので将来のために参考にしてください。

貯蓄型保険はどんなものがある?

まず、貯蓄型保険にはどんな内容があるのかをみていきましょう。一口に貯蓄型保険といっても、契約者のニーズに沿っていないと万が一の備えになりません。

それぞれの保険がどう違違うのか、特徴押さえて、必要な保障を選びましょう。

終身保険

保険の対象となる被保険者が、死亡か高度障害状態となったときに保険金がおりる保険です。

保険に加入して一定期間が過ぎると、返戻金が掛け金よりも高くなります。ただし、途中解約すると返戻金は元本割れするものがほとんどですので注意が必要。

一生涯の保証であるため、安心の備えとともに経済的な安心も手にできる保険です。

養老保険

養老保険は被保険者が死亡・高度障害状態、あるいは満期となったときに保険金を受け取ることのできる保険です。万が一の保証と将来のための資産形成が同時にできる保険商品だと考えてください。

保険期間の満了を迎えれば保険金を受け取れるため、老後の資金として貯蓄をしていくと良いでしょう。一般的には死亡保障と退職金準備として加入することが多い商品です。

学資保険

子ども学資金の備えとなる学資保険は貯蓄性の高い保険です。

契約者である親に万が一のことがあった場合、保険料の払い込みは不要となり、受け取る学資金は変わらず全額のため心強い保証となります。

ただし、貯蓄性の高い学資保険でも特約をつけていると返戻率は低くなるので注意が必要です。あくまでも貯蓄性を重視するなら、特約は付けずにシンプルにすることをおすすめします。

ソニー生命で人気の貯蓄型保険

貯蓄性の高い保険でも、どのタイプに加入するかはニーズによること、また特約をつけることで返戻率が低くなります。

以上を踏まえたうえで、ソニー生命で人気の貯蓄型保険の特徴をみていきましょう。ご自身の必要な保障を考えながら読んでみてください。

変額保険終身型

変額保険とは、保険料で株式や国債を運用し、その利率によって返戻金が変わる保険商品です。運用実績によってリスクはありますが、運用利率がプラスだと返戻金も増すメリットがあるのです。

ソニー生命の変額保険は、被保険者が死亡または高度障害状態となったとき、最高7億円までの保険金が設定可能。インフレに強い商品ですので、将来の備えに良いでしょう。

養老保険

ソニー生命の養老保険は保険満了時の解約返戻率が高いと評判です。貯蓄性が高く、保険金は最大7億円と高額であるのも人気の理由でしょう。

また「無配当」の養老保険であれば配当金がない代わりに保険料が手軽です。5年ごと利差配当が付く養老保険は、運用状況によって契約後6年目から5年ごとに契約者配当金が支払われます。

学資保険

万一のときの備えになる学資保険。ソニー生命の学資保険は高い返戻率が人気です。

とくに、保険料を10歳までに払い終わった場合、返戻率は最大106%と驚異の水準。受け取る満期も、進学に合わせて受け取る方法や、大学入学に合わせて受け取る方法など、柔軟な選択ができ人気です。

子ども教育資金はまとまったお金が必要となるので、早いうちから備えるようにしましょう。

保険の加入はプランナーに相談して決めよう

ソニー生命には保険のあれこれを教えてくれるプランナーがいます。自分で調べるのも大切ですが、わからない部分は思い切ってプランナーに相談してみましょう。

何に保証を置くか、どれだけの額を月々払うかなど、具体的に相談してください。ぴったり合ったプランを提出してくれるでしょう。
TOP