変額保険とは?メリット等基礎知識と変額保険の3種類を解説

変額保険とは?メリット等基礎知識と変額保険の3種類を解説

万が一を考えると、保険の加入は当然です。 でも、保険の種類までって考えたことがありますか? ここでは、保険の中でも「変額保険」について詳しく解説していきます。 変額保険はどういった制度なのか、何が安全でどんなことに気を付ければ良いのかなどをみていきましょう。
万が一を考えると、保険の加入は当然です。

でも、保険の種類までって考えたことがありますか?

ここでは、保険の中でも「変額保険」について詳しく解説していきます。変額保険はどういった制度なのか、何が安全でどんなことに気を付ければ良いのかなどをみていきましょう。

変額保険とは?検討の際に気をつけたいこと

変額保険という名称は聞きなれないかも知れません。

どんな仕組みがあって、どんなことにメリットがあるのかきちんと知っておくことはとても大切です。将来設計の1つとして、まずは変額保険がどんな保険なのかを解説していきます。

運用によって保険金や解約返戻金が変わる保険

変額保険とは、株式や債券などを中心に保険料を運用し、運用の実績で保険金の受取金額が増減する商品です。

運用で利益が出れば受け取る金額は増加します。一方、損失が出た場合は保険加入者が損失を被る可能性があるのは否定できません。

資産運用として変額保険の加入ができますが、投資商品との大きな違いは、あくまでも「保険」ですから保証がついてくる部分です。

最低保証をチェックすること

変額保険に加入をするなら、最低保証があるのかどうかは必ず確認しておきましょう。変額保険は死亡保険金と高度障害保険金には最低保証が付きます。

しかし、解約返戻金に保証はありません。

将来が不安だけれども、今寝かしておく金銭的余裕もないのであれば、変額保険に加入するのは少し不安です。ライフプランをしっかりとみながら、何に保証が必要なのか見極めましょう。

全額運用されるわけではない

加入者が支払った保険料を元に保険会社が株式や債券を運用する変額保険。保険料そのものが運用に回わけではありません

主には、保険金を最低保証するための費用や、保険契約の締結、維持に関わる費用などが差し引かれます。

運用利回りがゼロでずっといくと仮定すれば、諸経費を引いての運用ですから支払った金額よりも低く受取額が戻ることとなるのです。

変額保険の3種類

変額保険はリスクもありますが、リターンが大きくなる場合もあるので魅力が高い商品です。変額保険の3種類について、どんな内容なのかを詳しくみていきましょう。

ご自身にとってどれが最も良いプランになりそうか、ライフスタイルや将来設計を思い浮かべながら読み進めてください。

有期型

変額有期保険は保険期間が一定のいわゆる養老保険です。保険期間中に死亡した場合は死亡保険金として、また満期を迎えた場合は満期保険金を受け取ることができます。

このときに運用利回りがプラスであれば、受け取る金額も増えているということです。

死亡保険金に保証はありますが、解約返戻金と満期保険金は最低保証が適応されないので注意です。

終身型

一生涯の保証が続くのが終身型です。これは変額保険でなくても言葉の馴染みがあるでしょう。

死亡保証が一生続くため、安心ができる保険です。

ただし、一般的な終身保険と違い、保険料払い込み期間が終わると返戻金が払い込み料金を上回る保証はありません。運用次第ですので、元本割れのリスクは常にあります。

もちろん、運用次第では増えているのでどちらとも言えないが変額保険です。

変額個人年金保険

老後の蓄えとなる年金を用意できるのが変額個人年金保険です。将来、年老いたときに年金だけでは不安、という人がほとんどでしょう。

その備えに、個人年金を用意する人は増加しています。

変額個人年金は一時払タイプの保険がほとんどです。契約時にまとまった資金が必要なため、退職金で変額個人年金に加入する人もいます。
via pixta.jp

保険関連で資産運用したい人に変額保険はおすすめ

変額保険は運用実績がうまくいくと受け取る金額が増額します。

魅力的な商品ではありますが、日々の生活に余裕がなく、長期間寝かすお金に不安があるなら「投資は投資」「保険は保険」と割り切った方が良いでしょう。

ご自身のライフプランをどのように考えるか、変額保険を検討する際は慎重に判断することをおすすめします。
TOP