学資保険の代わりになる保険って?子どもの将来に役立つおすすめ保険

学資保険の代わりになる保険って?子どもの将来に役立つおすすめ保険

「学資保険に入りたいけど…。保険にまで手が回らない!」そんな人におすすめな、学資保険に代わるような商品を探すことが大切です。まずは、保険内容と金額から、学資保険の代わりとなる商品を比較していきましょう。
「学資保険に入りたいけど…。保険にまで手が回らない!」そんな人におすすめな、学資保険に代わるような商品を探すことが大切です。まずは、保険内容と金額から、学資保険の代わりとなる商品を比較していきましょう。
 

学資保険って?

将来、子どもの教育資金を準備するための貯蓄型の保険です。また、毎月一定の金額を支払うことで、子どもの成長に合わせた進学準備金・満期学資金を受け取ることができます。

さらに万が一、両親が死亡したときにも保険料の支払免除となり、そのままの学資金を受け取ることができるといったことも。

親に万が一のことがあったときに、子どもに残せる保険ってありがたいですよね。

学資保険のメリット・デメリット

メリットの多いイメージの学資保険ですが、メリットとデメリットをきちんと理解することから始めましょう。そこから、あなたのライフスタイルに合った保険に加入することをおすすめします。

学資保険に加入するメリットとは?

先述したように、万が一、親が死亡したときの保障が大きいと言う点です。

また、学資保険による教育資金の相続も保険受取人を子どもに指定しておけば、スムーズに行うことができるのも大きなメリットと言えそうです。

さらに、預金ではほとんど利息がつかないことに比べ、途中解約しない学資保険の方が多く受け取ることができます。

学資保険に加入するデメリットとは?

学資保険は、早い段階で解約をしてしまうと元本割れを引き起こし、手元に戻るお金がわずかになることもあります。
また、学資保険の目的は教育資金を貯める保険になりますので、満期までお金を引き出すことができません。
もしもの時に備えるなら、学資保険とは別に預金を行っておくと安心です。

さらに、毎月の一般的な学資保険料はお子様1人当たり約1万円程度と言われています。

お子様が2人なら、約2万円、3人なら約3万円と案外家計の負担になりやすいことも懸念されています。

学資保険はやっぱり家計の負担になる!学資保険の代わりになる保険とは?

学資保険は魅力的ですが、それでも、学資保険は家計の負担になっているご家庭も少なくありません。ここからは、学資保険の代わりになるような保険や方法をいくつか紹介していきます。
預金 学資保険の代わりになる一般的な方法は、預金です。学資保険料分の預金をすれば、お金が貯まりやすくなることと、万が一の時にもすぐに引き出すことができるのも魅力です。
外貨預金 預金をユーロや米ドルなど外貨建てで行う預金になります。主な魅力は、高い利率です。普通預金に比べ、およそ10倍もの利息が期待できます。
財形貯蓄 勤務している会社から、給与の天引きによる貯蓄です。財形貯蓄は、550万円までは課税されることがないのも魅力です。
終身保険 契約者(親)が死亡したときに保障してくれる保険です。任意で解約することができ、払戻金を受け取ることができます。また、死亡した際には保険金が受け取ることができるので、十分学資保険の代わりになる商品です。
個人年金保険 本来の目的は、老後の生活資金の備えとして利用する商品ですが、貯蓄性の高い製品になります。受け取りのタイミングを子どもの進学に合わせるなど、利用することで学資保険の代わりになります。

学資保険の代わりになる商品は、家計の無理のない範囲で始めよう!

学資保険は、将来のことを考えると加入しておきたい商品になりますが、月々の支払いを考えると、どうしても手が出ないところが本音です。また途中で解約すれば、損をするんじゃないか?という不安から、学資保険の代わりの商品が気になりますよね。

あなたのライフスタイルに合わせた方法で、学資保険の代わりになるような商品を選び、お子様のために少しでも教育資金を残してあげましょう。
TOP