ふるさと納税の注意点とは?仕組みやメリットも踏まえて徹底解説!

ふるさと納税の注意点とは?仕組みやメリットも踏まえて徹底解説!

ふるさと納税に寄附するにあたって、知っておくべき注意点があるのをご存知ですか? 地域の元気づけの役に立てると寄附しているものの、寄附している人ですら意外と知らないデメリットもあります。 そこで今回は、ふるさと納税の注意点について解説します。 ふるさと納税の仕組みや、メリットも合せて説明するので必見です。
ふるさと納税に寄附するにあたって、知っておくべき注意点があるのをご存知ですか?

地域の元気づけの役に立てると寄附しているものの、寄附している人ですら意外と知らないデメリットもあります。

そこで今回は、ふるさと納税の注意点について解説します。ふるさと納税の仕組みや、メリットも合せて説明するので必見です。

ふるさと納税ってどんな仕組み?

ふるさと納税は寄付者が応援したい自治体へ寄附をすると、お礼の品の返礼品と共に受領書が発行されます。

受領書を添付して税務署へ確定申告すると、税金の還付が受けられる仕組みです。その情報は寄付者が住んでいる自治体でも把握され、翌年の税金が控除されます。ここでは、ふるさと納税の仕組みをより詳しく解説していきます。

支払うべき税金が一部控除される

税金は本来、自分の居住地の自治体へ納める義務があります。これは基本のベースですので覚えておいてください。

ふるさと納税とは、居住地の自治体へ納めるべき税金を、居住地以外の自治体へ寄附として納税しても申告することで控除が受けられる仕組みです。

ふるさと納税は誰でも自由に寄附ができます。しかし、税金が控除になるには条件もあり、控除の対象にならない場合もあります。控除が受け取れる人とそうでない人がいるので、自分がどちらか知ってからふるさと納税に寄附すると良いです。

自分の応援したい自治体に寄附できる

ふるさと納税は、自分が元気づけたいと思った自治体や、応援したい自治体を選んで寄附することができます。

ホームページを確認すると、その自治体が頑張っている取り組みや、地域の様子を簡単に調べることができるのもポイント。

ふるさと納税は税金ですが、寄附金という名目で取り扱われる仕組みです。自分の寄附したお金がどのようなことに使われていくのか、把握できるのは嬉しいです。

寄附のお礼に返礼品が受け取れる

ふるさと納税は寄附をしたお礼に、寄附金を受け取った自治体から返礼品が貰えます。返礼品の内容は、自治体の特産品や名産品です。

お米、お肉、海鮮、フルーツ、お酒など豊富な品から選ぶことができます。ただのお礼ではなく、自治体の有名な名産品を食べてもらうことで、自治体のことをより知ってもらい興味を持ってもらうアピールの意味の仕組みがあります。

ふるさと納税の注意点とは?

ふるさと納税は地域の役に立って応援ができる嬉しいポイントがある半面、気をつけなければならないこともあります。

ふるさと納税にはルールがあって、知らずに寄附するとかえってデメリットになることも。ここでは、ふるさと納税をすでに寄附している人も意外としらない、注意点を解説します。

控除限度額を超えた場合は自己負担になる

ふるさと納税は無限に寄附できる訳ではありません。必ず「控除上限額」があり、その額は人によって違います。

控除上限額が自分がふるさと納税で寄附できる金額になり、それ以上の額を寄附しても税金の控除の対象外となるのでここが注意点です。

控除上限額は、自分の年収や家族構成などで計算されます。自分で計算してもOKですが、各ホームページで控除上限を簡単に算出できるシミュレーション計算機があるのでそちらを使うのも楽です。

税金を控除するには自己申請する必要がある

ふるさと納税に寄附をして税金を控除するには、自己申告が必要です。寄附をした自治体から返礼品を受け取った際に、別で受領証が送られてきます。その受領証を添付して年末調整や確定申告をおこないます。

この注意点を知らずに、ふるさと納税をしたから税金が勝手に控除になると思っている人も少なくありません。もし申告を忘れてしまったら、翌年の1月まで「再年末調整」が可能です。

再年末調整は限られた内容の還付のみですが、税務署窓口なら「還付申告」で確実に還付金を受け取れます。
過去5年間まで申告できて猶予が長いのもメリット。

節税には繋がらない

ふるさと納税をすると、節税になると思い込んでいる人が非常に多いです。答えはNOで、決して節税にはならないので勘違いをしている人は注意点。

例えば自分の居住地へ1万8千円納税しなければならないとして、単純にこの額を寄附したい自治体へ納めるというものです。

ふるさと納税をすると自己負担額が2千円になるので、1万6千円が税金から控除されるといった仕組みになっています。

ふるさと納税のメリットは?

ふるさと納税は仕組みの正しい知識や、注意点を知っておけばメリットもたくさんです。厳しい状況下におかれている地域の役に立てるのは素晴らしいこと。離れた場所に居ながら、一緒になって助け合えるのは嬉しいです。

ここでは、ふるさと納税で寄附した際の最大のメリットについて解説します。

税金が控除される

税金の控除が受けられることは、ふるさと納税に寄附をする際のメリットです。ふるさと納税は自己負担額が2千円となるので、寄附した金額から2千円を引いた額が控除される金額になります。

ふるさと納税は誰でもできますが、寄附した全員が税金の控除の対象という訳ではありませんので、自分は控除の対象になるのか必ず確認するようにしましょう。

返礼品が受け取れる

ふるさと納税をする人が増えている背景には、返礼品が貰えるという理由もあります。自宅に居ながら、気になっていた自治体の特産品や名産品が食べられることは人気の高いメリットです。

返礼品は自治体のアピールの目的もあるので、食べた感想を口コミで広めたり、通信販売で自らリピーターとして購入するなど寄附後も役に立てるのもメリット。

返礼品は自分の好きな品を選べるので、自治体の名産品をネットで見ているだけで知らなかった名産物との出会いもあります。

寄附金の使い道を決められる

寄附金の使い道を自分で指定できるのも、ふるさと納税のメリットです。寄附したものの何に使われるのか分からないのは不安です。実際、自分の居住地で自分の支払った税金がどう使われているのか知らないと思います。

控除上限金額を把握したら決めていくのですが、自治体を全て確認するのは大変。代表的なのは、「さとふる」や「ふるなび」です。自治体の特徴や取り組みなどが一覧で見られて便利。

その他にも、「楽天ふるさと納税」や「ふるさとチョイス」、「ふるさとプレミアム」といったポータルサイトで調べるのもおすすめです。

ふるさと納税の注意点を頭に入れておこう

ふるさと納税には寄付者も知らない注意点があります。

注意点を知らないままふるさと納税をしていて、お得になったと勝手な勘違いをしている場合もあります。損をしないためにはふるさと納税の正しい仕組みと、注意点を事前に把握してから寄附をはじめることです。

ふるさと納税の内容をきちんと知っておけば、嬉しいメリットもたくさんあります。ふるさと納税をするなら、ぜひ注意点もしっかりと頭に入れておきましょう。
TOP