LINE Payのチャージをコンビニで!対応しているコンビニと注意点

LINE Payのチャージをコンビニで!対応しているコンビニと注意点

気軽に使えてポイントも溜まりやすいLINE Pay。 チャージ方法もいろいろあって便利です♪ 銀行口座からのチャージをしている人も多いですよね。 今回は、コンビニでできるチャージの方法をご紹介していきます。
気軽に使えてポイントも溜まりやすいLINE Pay。チャージ方法もいろいろあって便利です♪

銀行口座からのチャージをしている人も多いですよね。今回は、コンビニでできるチャージの方法をご紹介していきます。
「LINE Pay」とは、LINEが提供するスマホのおサイフサービスです。LINE Payを利用すれば、LINE Pay加盟店でのお支払いや友だちへの送金・割り勘が簡単にできます!

LINE Payのチャージができるコンビニ

via pixta.jp
まずはLINE Payのチャージに対応しているコンビニについてです。全てのコンビニでLINE Payのチャージに対応しているわけではありません。でも、大手のコンビニであればチャージ可能♪

それぞれ方法が違うので、それぞれの特徴も比較していきましょう。

セブンイレブン

セブンイレブンは、セブン銀行ATMからのチャージが可能です。セブン銀行なので、コンビニでなくてもセブン銀行ATMがあればチャージ◎。

スマホでチャージをする場合は、セブン銀行ATM画面から「スマートフォンでの取引」を選択します。画面に従い操作し、チャージしたい金額を入力すればOK。

また、LINE Payカードを持っているならATMにカードを入れて希望金額を投入すれば完了です。

ファミリーマート

ファミリーマートの「Famiポート」を使用します。LINEのウォレットから、LINE Payのトップ画面へ。チャージの選択にFamiポートを選びます。

金額を入力しチャージを選択すると、受付番号や予約番号など、Famiポートで入力する情報が出てきます。Famiポートで代金支払いを選択し、画面に従って操作しましょう。

レシートのような用紙にバーコードが印字されますのでレジで支払って完了です。

ローソン

ローソン・ローソンストア100・ナチュラルローソンでLINE Payにチャージができます。他のコンビニと違って、レジで「LINE Payのチャージ」を店員さんに伝えてください(‘ω’)ノ

チャージの金額も聞かれるので店員さんに伝えましょう。ただしチャージは1000円以上から。上限は49000円以下となっています。

現金のみ利用可能です。

LINE Payをコンビニでチャージするときの注意点

LINE Payにチャージしたいな、と思ったときにコンビニがあればとても便利ですね。コンビニによってLINE Payのチャージ方法がそれぞれ異なります。

注意しておくべき点もあるので、考察しておきましょう。

ファミポートはチャージから30分以内で支払う

LINE Payアプリでチャージを押したあと、支払期限が30分以内と結構タイト!(*_*;

家でチャージまで済ませてコンビニに行く途中で用事ができて…なんてことがあるとチャージができなくなります。

コンビニについてからチャージをするか、確実に30分以内でファミリーマートに到達できるか確認しておきましょう。

チャージの単位と限度額に注意

ローソン系列のコンビニは1円単位からチャージができます。セブン銀行とファミリーマートは1000円単位でのチャージです。

いずれのコンビニもチャージは1000円以上から。

LINE Payの本人確認が済んでいる場合、チャージの上限は最も高額なものでセブン銀行の50万円。本人確認が済んでいない場合はセブン銀行、ファミリーマートの両方で上限が10万円です。

高額チャージしたい方は本人確認をしておきましょう。

ローソンではLINE Payカードが必要

ローソンはレジで店員さんがチャージをしてくれるので楽なのですが、LINE Payカードが必要です。

LINE Payカードとは審査なしで誰でも持てるプリペイドカード。現在はVisa LINE Payプリペイドカードの発行になっています。Visaのオンライン加盟店でも利用できるので、カードとして持っておくのも便利ですね。

ローソン系列でチャージをするならプリペイドカードを発行しておきましょう。

LINE Payのチャージはコンビニが便利

LINE Payのチャージ方法はいっぱいあって迷う人も少なくありません。コンビニは日本全国どこにでもあるので「ちょっとチャージしたいな」と思ったときに便利です。

それぞれのコンビニでチャージ方法が異なるので、お気に入りの方法で使いこなしてくださいね。
TOP